DigitalNews365

iPhone/Android/ガジェットレビューを始め、スマホアプリの使い方などITニュースを365日お届け

UQモバイルからワイモバイルへ乗り換えする手順や注意点を解説

UQモバイルからワイモバイルへ乗り換えする手順や注意点を解説

UQmobile(UQモバイル)の2年間の契約が終わり、今度は同様に月額料金が安い「Y!mobile(ワイモバイル)」へ乗り換え(MNP)を検討している人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、UQモバイルからワイモバイルへ乗り換えする時に必要な手順や、注意点などを紹介しています。

スポンサーリンク

UQモバイルからワイモバイルへ乗り換えする流れ

UQmobile(UQモバイル)からY!mobile(ワイモバイル)へMNP転出する際にやらなければいけない手順について、まずは流れを大まかに確認していきましょう。

手順1
スマホのSIMロック解除有無、対応バンドをチェック
手順2
UQモバイルから「MNP転出予約番号」を取得する
手順3
ワイモバイルで「MNP転入手続き」を行う

上記3ステップでUQモバイルからワイモバイルに乗り換えすることができます。実際の手順について、それぞれ順番に解説していきます。

手順1:SIMロック解除や対応バンドをチェック

まずは、現在自分が持っているスマホのSIMロック解除の有無や、対応バンドをチェックする必要があります。もしワイモバイルへ乗り換えする時に新しい端末を一緒に購入する場合、この手順は省いても大丈夫です。

UQモバイルで利用していた端末をワイモバイルで利用する場合は、必ずこの手順を踏んで下さい。

スマホのSIMロック解除について

UQモバイルで購入した端末のSIMロック解除方法は次の2つとなります。

  • スマホ/パソコンから「My UQ mobile」で手続き
  • UQお客さまセンターに電話で手続き
フリーコール:0120-929-818
受付時間:9:00 ~ 21:00(年中無休)

SIMロック解除の注意点

2018年5月13日現在、UQモバイルでSIMロック解除が必要な端末は、「iPhone SE」「iPhone 6s」の2機種のみです。Androidスマホに関しては、元々SIMフリー端末を使っているため、SIMロックを解除する必要がありません。

スマホのSIMロックを解除するには、以下3つの条件をクリアしなければなりません。

  1. 商品を購入してから、101日目以降であること
  2. UQモバイルで、料金の滞納履歴がないこと
  3. SIMロック解除者と、UQモバイルの契約名義人が同じであること

なお、UQモバイルで一度101日目以降にSIMロックを解除した実績がある場合、2回目のSIMロック解除は100日以内でも行うことができます。この辺りの仕組みは、3大キャリアと変わりありません。

スマホを一括払いで購入した場合は、一括払い確認後からSIMロック解除可能です。また、UQモバイルを解約した後のSIMロック解除は、解約してから100日以内ならできます。

対応バンドのチェックについて

UQモバイルで利用しているスマホが、ワイモバイルでも利用できるかどうか、対応バンドをチェックしましょう。なお、UQモバイルはauの対応バンドと同一となっています。総務省が発表している各社対応バンドは次のとおりです。

SIMフリースマホの種類によって対応エリアも変わってきますので注意して下さい。自分の使っているスマホがワイモバイルで利用できるかは、ワイモバイル公式ページの対応端末一覧から確認することが出来ます。

外部ワイモバイル 対応端末一覧

また同時に、SIMカードのサイズも確認しておきましょう。ワイモバイルでSIMカードのみを契約する際に、SIMカードサイズを選ぶ箇所があります。

手順2:UQモバイルでMNP転出予約番号を取得

SIMロックの解除や、使っているスマホの対応エリアを確認できたら、次はUQモバイルでMNP転出予約番号を取得します。

UQモバイルのMNP転出予約番号は、インターネット上で行うことが出来ず、「UQお客さまセンター」に電話をして取得するしかありません。

フリーコール:0120-929-818
受付時間:9:00~21:00(年中無休)

以前までは、ネット上でMNP転出予約番号を取得できましたが、契約解除料金などの案内がネット上からは不十分と不満が挙がっていたため、電話のみでの受け付けになったようです。

契約解除料などのご案内が不十分となるため、my UQ mobileでのMNP転出受付は、2017年7月12日に終了しました。
From:UQモバイル

また、MNP転出予約番号を取得する際は、次の点に気をつけてください。

  • MNP転出手数料として3,000円の料金が発生
  • MNP予約番号は、発行してから15日間の有効期限がある
  • 利用していたEメールアドレスは転出完了後から利用不可に

手数料ですが、予約番号を発行しただけでは発生しません。乗り換えが完了した段階で、最後の支払いと同時に請求されます。

手順3:ワイモバイルで乗り換え手続きを行う

UQモバイルからMNP転出予約番号を取得したら、後はワイモバイルでMNP契約するだけです。なおMNP契約の方法は2つあります。

  1. ワイモバイルショップにて手続き
  2. ワイモバイルオンラインストアにて手続き

ネット上から契約する場合は、ワイモバイルオンラインストアにての手続きとなります。ワイモバイルショップでの手続きに関しては、店頭に行けば詳しく教えてくれるので、今回は省略させて頂きます。

ネット上から乗り換え手続きを行う方法【購入手続きまで】

ワイモバイルへネット上から乗り換え手続きする場合、下記の「ワイモバイルオンラインストア」を経由して行うことが可能です。今回はパソコンからの手続き方法となりますが、スマホからでもやり方は変わりません。

外部ワイモバイルオンラインストア

上記ぺーじにアクセスしたら、SIMカードのみを契約したい場合製品一覧の中にある「SIMカード」を選択します。スマホも一緒に購入したい場合は、製品一覧から欲しいスマホのアイコンをクリック(タップ)して下さい。

次の画面では、SIMカードのサイズや容量プランなどの選択を行います。

1.SIMサイズの選択

ワイモバイルでは、「microSIM」「nanoSIM」の2つからSIMカードのサイズを選択できます。基本的には「nanoSIM」を選んでおけば大丈夫です。もし一回り大きいSIMサイズだったとしても、nanoSIMの場合はSIMサイズ変換アダプタを使えばmicroSIMとしても利用できます。

なお、SIMサイズを間違えて申し込みしてしまった場合は、再度手続きが必要となるので注意して下さい。

2.契約方法

今回はUQモバイルからワイモバイルへの乗り換えになるので、「のりかえ」を選んで下さい。

その他に、「新規契約」「機種変更(契約変更)」がありますが、今回は関係ありません。

3.現在お使いの端末・プラン

UQモバイルなので、au扱いとして選択します。なのでここでは、「ドコモ・au・MVNO」を選択しましょう。

4.料金プラン

料金プランは「スマホプランS/M/L」の3つの中から選択できます。ワイモバイルでは最大25ヶ月間データ容量が無料で2倍になります。

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額料金 2,980円 3,980円 5,980円
↓1年間のスマホプラン割引/ワンキュッパ割引適用後↓
1,980円 2,980円 4,980円
データ容量 1GB 3GB 7GB
↓2年間のデータ容量2倍キャンペーン適用後↓
2GB 6GB 14GB
通話 10分間何度でもかけ放題

その他に、スマホプラン割引とワンキュッパ割引が適用されます。ですので、一人で使う場合は月額1,980円からワイモバイルを使うことが可能です。あお、家族で使う場合は家族割が適用され、最大月額1,480円から利用できます。

ワイモバイルではキャンペーンなども頻繁に行っています。最新のキャンペーンは下記記事にまとめています。

関連ワイモバイル最新キャンペーン情報まとめ!

5.機種代金のお支払い方法

ワイモバイルのSIMカードのみを契約する場合は、機種代金が発生しないので「一括払い」を選択します。なお、スマホも同時に契約する場合は、「分割払い」も選択することが可能です。

6.オプション、子回線用プラン等

オプションや、子回線プランを選択できます。もしオプションが必要ない場合はチェックを入れずに無視しましょう。

なお、「データ容量2倍オプション」はデフォルトでチェックが入っていますが、このチェックを外すことも出来ます。しかし、メリットは一切ないのでチェックを絶対に外さないように注意して下さい。

7.割引

適用可能な割引サービスが表示されます。

もし乗り換えする回線が子回線の場合、「家族割引サービス」にチェックを入れましょう。なお、家族割引サービスを適用するには、親回線が必ず必要となってくるので注意して下さい。

8.明細

ここまで選択してきた料金プランや、オプション、割引を適用した、「月々のお支払額」を確認することが出来ます。

なお、SIMカードのみを契約する場合に限りますが、ワイモバイルでは「SIM単体契約特別割引」が適用され、かなりお得にワイモバイルを利用することが出来ます。

SIM単体契約特別割引
新規契約/MNPでの他社からの乗り換えの場合、SIM単体で契約すると、契約翌月から最大24ヶ月間次の割引が適用されます。
・スマホプランS:432円(税込)
・スマホプランM/L:648円(税込)

9.購入内容の確認

ここまでの明細で間違いがなかったら、ページ最下部にある「ご購入手続きへ」をクリックします。

すると、「お申込みの前に、以下をご準備ください」というポップアップが表示されます。

ワイモバイルへMNP転入するにはUQモバイルで取得した「MNP予約番号」が必要になるのはもちろんですが、その他にも「本人確認書類」と「クレジットカード」の2つが必ず必要となってきます。

本人確認書類一例
運転免許証/健康保険証/住民基本台帳カード/公共料金領収証/住民票/日本国パスポート/身体障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳/マイナンバーカード/特別永住者証明書/在留カード/外国パスポート

クレジットカード
VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DinersClub/など

全て準備ができている場合は「お手続きへ進む」をクリックします。

ネット上から乗り換え手続きを行う方法【契約完了まで】

契約をする際は、「Yahoo!JAPAN ID」でログインする方法か「ログインせずにお申し込み」する方法の2つがあります。

「Yahoo!JAPAN ID」を使うメリットは、既に会員登録してある住所や氏名、年齢や性別、メールアドレスを全て連携してくれることです。連携することで、契約内容の入力を大幅に省略出来るメリットがあります。

さらに、ワイモバイル特典である「Yahoo!プレミアム会員の月額費無料」を手続きなしで受けられるので、「Yahoo!JAPAN ID」を持っている方は、このやり方でログインすることをおすすめします。

ログインが完了、もしくはログインせずに申し込みをクリックしましたら、次は「お客さま情報入力」画面へ移動します。

1.本人確認書類アップロード

本人確認書類は、スキャナーでキレイに取り込まなくても大丈夫です。スマホで撮影した写真で十分です。

書類種別のリストの中から、アップロードする本人確認書類を選びます。選ぶと「ファイル選択」と「証明書類に記載の住所確認」の項目が新たに表示されます。

ファイルは複数アップロードできるので、運転免許証の現住所が裏面に書かれている場合は、そちらも必ずアップロードして下さい。なお、現在所とアップロードした本人確認書類の住所が違う場合は、新たに現住所が載っている補助書類の提示を求められますので注意して下さい。

2.のりかえ(MNP・番号移行)情報

ここでUQモバイルで取得したMNP予約番号を入力します。また、転入予定の電話番号も併せて入力して下さい。

また、ここで一つ注意が必要です。

ワイモバイルオンラインストアで乗り換えをする場合、MNP予約番号の有効期限が10日間以上残っている必要があります。ですので、UQモバイルからMNP予約番号を取得した後は、実質5日以内に乗り換えて続きをしなければならないので注意しましょう。

3.ご契約者情報

契約者の氏名や住所などを入力して下さい。

もし、契約する人と利用者が異なる場合は、利用者情報の入力も求められます。

4.ネットワーク暗証番号の設定

ワイモバイルのマイページや各種手続きで使う、4桁のネットワーク番号を入力します。ネットワーク暗証番号は数字のみとなっています。

5.お支払い情報

最後に支払い情報に、クレジットカードの情報を入力して下さい。

なお、デビットカードはワイモバイルで利用できない事、法人名義のクレジットカードは使えないことに注意して下さい。

6.契約の完了

ここまで情報入力が終わりましたら、「入力内容確認へ」をクリックします、入力内容の確認に間違いがなかったら、最後に重要説明事項に同意し、申込み完了です。

SIMカードが届いたら、iPhoneもしくはAndroidにカードを差した後、APN設定を行います。APN設定の詳しいやり方は、ワイモバイル公式ページをご確認下さい。

外部ワイモバイル/APN設定用構成プロファイル

なお、APN設定ページを開くにはWi-Fi、もしくはモバイルデータ通信が必要なので注意して下さい。このAPN設定が終わったら、ワイモバイル回線が開通され、正式に使えるようになります。

ワイモバイルへ乗り換え手続きする際の注意点

【1】家族割適用は「家族確認書類」が必要

家族割を適用すると、毎月基本料金から500円割引されますが、申込みには家族確認書類が必要になってきます。確認書類は、同じ住所に住んでいることが確認できるものならば何でも大丈夫です。

例えば、親の運転免許証だったり、保険証で十分です。

仮に家族でも別々に住んでいる場合は、家族であることを証明する書類が必要です。例として、次のような書類が必要となります。

  • 戸籍謄本
  • 住民票記載事項証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 同性のパートナーシップを証明する書類

別々の住所の場合は、若干手続きが面倒です。

【2】メールアドレスの引き継ぎはできない

UQモバイルで利用していたEメールアドレスの引き継ぎはできません。

ワイモバイルでは新たにEメールアドレスが発行されるので、UQモバイルで使っていた電話/アドレス帳などは必ずバックアップを取っておきましょう。

【3】MNP手続き後、8日以降はキャンセルできない

ワイモバイルでは、MNP転入後、7日以内のキャンセルは出来るようになっています。しかし、MNP手続き後8日以降が経過したら、原則的にキャンセルをすることは出来ないので注意して下さい。

なお、クーリングオフではないため、自分の都合によるキャンセルは断られる可能性があります。キャンセルは、何かしらワイモバイル側に不備があった時に受け付けられる様になっています。

【4】UQモバイルと契約名義人が一緒であること

ワイモバイルに限りませんが、基本的に転出元と転入元で契約名義人が同じでないと乗り換えは出来ません。

【5】UQモバイルの解除手数料に注意せよ

UQモバイルでは、指定の期間を過ぎずにMNPをしてしまうと、「契約解除料金」が発生します。

  • 音声プラン:12ヶ月未満の解約の場合、解除料金9,500円発生
  • おしゃべり/ぴったりプラン:25ヶ月目の更新月以外の解約の場合、解除料金9,500円発生

なお、おしゃべり/ぴったりプランは更新月が過ぎた場合、再度そこから24ヶ月間の契約が自動更新されます。なので、また1ヶ月目からと同義になるので、再度25ヶ月目の更新月が来ないと解除料金が発生することに注意しましょう。

また、MNPの転出手数料として3,000円かかることも念頭に置いておきましょう。

最後に

以上が、UQモバイルからワイモバイルへ乗り換えする際の手順と注意点のまとめでした。

乗り換えする際は、契約解除手数料に注意しましょう。今回紹介したように、ワイモバイルオンラインストアにて簡単にMNP転入が出来るようになったので、今まで店頭で行っていた方も、これを機会にネット上から手続きをしてみてはいかがでしょうか。

Return Top