mineoとUQモバイルの速度比較などから、どっちがおすすめなのかを考察

このページでは、mineo(マイネオ)とUQmobile(UQモバイル)を比較して、どっちがおすすめなのかを考察しています。

特に注目して見てもらいたいポイントとして、「通信速度」「音声通話を含めた料金プラン」を最初に挙げます。通信速度は実際にこの2つのSIMを使ってみた体感速度が中心となっているので、どちらかを契約してみたいけど通信速度に関して不安と思っている方は必見です。

スポンサーリンク

mineo(マイネオ)とは

mineoとは格安SIM業界の中でも大手という立ち位置に君臨しており、ドコモ回線とau回線の好きな方からプランを選択できるのが特徴です。選べるプランのおかげで、わざわざSIMロックを解除しなくてもドコモユーザーならドコモプラン、auユーザーならauプランを選択することで、SIMロック解除なしで格安SIMを利用することが出来ます。

au VoLTE対応のSIMを利用する場合は、auにてSIMロックの解除手続きが必要になります。auの場合SIMロック解除できるのが、端末を購入してから180日経過してからになってくるので注意してください。

基本的に大手2キャリアからのMNPの場合SIMロック解除はいりませんが、一応動作端末は確認するようにしてください。動作を確認できていない端末の場合はmineoでも保証はしていませんので注意が必要です。

また、mineoではキャリアなどでよく見られる音声通話の2年縛りがなく、いつ解約しても違約金は発生しません。さらに、これまたよくある1年目は安いけど2年目以降は高くなる料金の設定もmineoでは存在しません。最初に設定された料金(端末代金除く)が毎月の請求額となります。

フリータンクと呼ばれる月に1GBまでパケットをシェアできるサービスもmineoの特徴で、ユーザーからもかなり高評価を得ています。フリータンクなどの詳細などは公式サイトを御覧ください。

公式サイト:mineo

UQmobile(UQモバイル)とは

UQmobile(UQモバイル)とは、auのサブブランドとして格安SIMを提供している事業者です。地上波でのCMでは三女が有名で気になってUQモバイルについて調べてみたという人も多いのではないのでしょうか。2016年末くらい、UQモバイルが大きく宣伝し始めて駅の看板などにも大きく広告を載せていたので、聞いたことはある、見たことはあるという人も多いでしょう。

そんなUQモバイルはワイモバイル同様に月々1980円から無料通話も含めて利用することができ、キャリアから乗り換えるときに速度や通話に関して違和感なくMNPしたい人にとってもおすすめできる格安SIMです。回線はもちろんauの回線を使っているので、速度も本家au並に速いことで利用者が増えてきています。

UQモバイルは殆どの部分でワイモバイルと似ています。例えば音声通話を含めた定額制月額料金が1980円からと言う部分や、契約期間が2年というところ、さらにMVNO事業者としては殆ど見かけない学割もワイモバイル同様にUQモバイルでも行っています。

UQモバイルとmineoでは同じようにau回線を使っているのですが(mineoの場合はAプラン)、一部だけ異なるところがあり、それはWiMAX2+のエリアに回線が対応しているかどうかです。UQモバイルではもともとWiMAX2+を積極的に販売していたのでWiMAX2+のエリアに対応した回線となっています。

ですが、WiMAX2+を使える格安SIMが現時点ではほとんどないので(2017年3月25日)使う機会は殆ど無いかもしれません。ちなみにめちゃくちゃ通信速度は速いみたいですね。詳しくはUQモバイルの公式サイトをチェックしてください。

公式サイト:UQmobile(UQモバイル)

mineoとUQmobile(UQモバイル)の比較ポイント

mineoとUQmobile(UQモバイル)を比較していく上で、今回は下記4点に注目して見ていきます。

  1. 月額料金プラン
  2. 通信速度
  3. 音声通話
  4. 取扱端末

以上の4点をそれぞれ比較して、どちらのほうが使いやすいのか、お得なのかを検証していきます。なお、個人的に使ってみた感想も多々入っているので多少のブレはあると思います。ですが、実際に使った人の体感は格安SIM選びで非常に重要になってくるので、そういった部分も着目して頂けたら幸いです。

mineoとUQmobile(UQモバイル)の比較

1.月額料金プラン

mineo(マイネオ)

ドコモプラン

ドコモプランデータ通信のみデータ+SMS音声通話付き
500MB700円820円1400円
1GB800円920円1500円
3GB900円1020円1600円
5GB1580円1700円2280円
10GB2520円2640円3220円

auプラン

auプランデータ通信のみデータ+SMS音声通話付き
500MB700円700円1310円
1GB800円800円1410円
3GB900円900円1510円
5GB1580円1580円2190円
10GB2520円2520円3130円

両プラン共に500MB ~ 10GBまで用意されています。3GBまでは100円ずつアップしていくので、契約するならば3GBが一番コスパ高いかなと感じます。両者のプランを比較して異なるのは音声プランと、SMSの料金です。ドコモプランだとSMSは120円の追加料金がとられますが、auプランでは無料でSMSが使えます

音声プランはドコモのほうが若干高くなっています。両者ともそれ以外の箇所はほぼ同じで、音声通話には20円/30秒かかりますが、通話定額をつけることによって、30分/840円、60分/1680円で使い放題となります。しかし、オプションなので追加料金です。正直言うと音声プランはちょっと高いかなという印象です。ですが、2017年3月1日から「5分かけ放題オプション」が開設されたので、mineoの弱点と言われていた音声通話に関しても、他の格安SIMと遜色ない使いやすさになりました。

その他の料金に関するサービスとして、「家族割」、「複数回線割」があります。

  • 家族割:家族で契約すると各回線の月額料金から毎月50円引き(最大5回線の250円引き)
  • 複数回線割:1回線契約ごとに毎月50円引き(最大5回線の250円引き)

この割引サービスは二つで併用することはできません。

UQmobile(UQモバイル)

 おしゃべりプランS
ぴったりプランS
おしゃべりプランM
ぴったりプランM
おしゃべりプランL
ぴったりプランL
基本料金1980円(最大13か月)
2980円(14か月目以降)
2980円(最大13か月)
3980円(14か月目以降)
4980円(最大13か月)
5980円(14か月目以降)
音声通話(おしゃべりプラン)5分以内の国内電話が何度でも無料
※5分超過後は20円/30秒
音声通話(ぴったりプラン)無料通話60分/月(2年間)
26ヶ月目以降は無料通話30分/月
無料通話120分/月(2年間)
26ヶ月目以降は無料通話60分/月
無料通話180分/月(2年間)
26ヶ月目以降は無料通話90分/月
月間データ容量最大2GB(最大25か月)
通常1GB
最大6GB(最大25か月)
通常3GB
最大14GB(最大25か月)
通常7GB
通信速度下り最大150Mbps
(上り最大25Mbps)
下り最大150Mbps
(上り最大25Mbps)
下り最大150Mbps
(上り最大25Mbps)
データ容量超過後の通信速度送受信最大300kbps送受信最大300kbps送受信最大300kbps
契約期間2年間2年間2年間

UQモバイルで大々的にプッシュしているプランが、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の2つです。

ぴったりプランだと、2年間に限り月に60分~180分までかけ放題(その後は30分~90分)となっており、おしゃべりプランですと、5分以内の国内通話がなんどでも無料、というサービス内容になってきます。他の格安SIMでもよくある5分以内かけ放題がUQモバイルでは選ぶことができます。

また、この2つのプラン以外にもデータ通信専用SIMのプランや、データ無制限プランなども存在しています。ただし、殆どの場合はUQモバイルをメインで使うスマホとして契約する人が多いので、ぴったりプランまたはおしゃべりプランのどちらかを契約するケースが多いようです。その他の料金プランについては下記表を御覧ください。

料金プラン名月額基本料金通信速度通話料最低利用期間
データ高速プラン980円/月月間データ容量3GBまで受信速度最大225Mbps
3GB以降は200Kbpsに制限
なし
データ高速+音声通話プラン1,680円/月20円/30秒12ヶ月
データ無制限プラン1,980円/月月間データ容量無制限で最大受信速度500Kbpsなし
データ無制限+音声通話プラン2,680円/月20円/30秒12ヶ月

データ高速プランは文字通り音声通話なしとなっていますが、最低利用機関などを設けていないので気に入らなかったら違約金なしで簡単に解約することが可能です。月額料金も3GBで980円となっているのでそこそこ安いのではないかと感じます。

料金プランを比べてみましたが、同じデータ容量プランでみたときの純粋な料金はmineoに軍配が上がります。ですが、無料通話を含めたプランを考慮すると、音声通話に関してはUQモバイルのほうが優秀です。料金プランだけではこの2つの格安SIMを比べて優劣をつけるのは難しいかなと思います。

2.通信速度

mineo(マイネオ)

当ブログではmineoの通信速度を毎月実測して体感やスピードテストとの違いを紹介しています。通信速度の実測ページは下記となりますので参考にしてください。

参考mineoの通信速度は遅い?昼と夜にdocomo版を実測してみた

 

mineoを実際に使ってみると、体感速度とスピードテストアプリで測定した通信速度ではほとんど差がないという感じを受けました。これは結構珍しいケースで、比較的スピードアプリを使うと通信速度が速くなるケースが有るのですが、mineoはそんな感じがしません。

お昼や夜のゴールデンタイムになると若干通信速度は落ちてしまいますが、それでも他の格安SIMよりはある程度安定した通信速度がでているかなと感じます。

UQmobile(UQモバイル)

当ブログではUQモバイルの通信速度を毎月実測して体感やスピードテストとの違いを紹介しています。通信速度の実測ページは下記となりますので参考にしてください。

参考UQモバイルの通信速度は遅い?mineoや他SIMと比較実測してみた

 

UQモバイルは通信速度に関しては非常に優秀で、個人的にはワイモバイルよりも良いのかなと感じる部分もあります。スピードテストアプリを使った結果と、体感速度はそこまで変わらず爆速です。ワイモバイルもダウンロード速度は速いのですが、UQモバイルではアップロード速度に着目してもらいたいです。

ドコモ回線を使っている格安SIMよりは数値上遅いと思われるのですが、実際に画像や動画をアップロードしてみるとこれが結構速いんですよね。むしろお昼やゴールデンタイムの混雑時にも関わらずこの速度を出せているUQモバイルが異常かもしれません。

以上のことから、通信速度に関してはUQmobile(UQモバイル)の圧勝です。この通信速度に勝とうと思うならキャリアスマホかワイモバイルを使うしかありません。流石にキャリアのサブブランドは強いですね。

3.音声通話

mineo(マイネオ)

mineoでは音声通話プランを取り扱っていますが、デフォルトでは無料通話がついてきません。もし無料通話がほしいのであれば、別途オプションをつけて申し込みをしなければなりません。mineoで用意されている音声通話の無料かけ放題オプションは次の3つとなっています。

  • 30定額:840円 …月に30分間かけ放題
  • 60定額:1680円 …月に60分間かけ放題
  • 5分かけ放題:850円 …5分以内の国内電話かけ放題

以上3つのかけ放題サービスがあります(全て税抜き)。ですので、このオプションをつけたときの音声通話プランの料金は次のようになります。

ドコモプラン
プラン音声通話(30定額)音声通話(60定額)音声通話(5分かけ放題)
500MB2240円3080円2250円
1GB2340円3180円2350円
3GB2440円3280円2450円
5GB3120円3960円3130円
10GB4060円4900円4070円
auプラン
プラン音声通話(30定額)音声通話(60定額)音声通話(5分かけ放題)
500MB2150円2990円2160円
1GB2250円3090円2260円
3GB2350円3190円2360円
5GB3030円3870円3040円
10GB3970円4810円3980円

UQmobile(UQモバイル)

UQモバイルでは音声通話プランにデフォルトで無料通話が付随してきます。ぴったりプランSを一般的に契約が終了する2年間でmineoと比べて見ると、UQモバイルが優れている理由がわかります。月額料金が2980円のUQモバイルに対して、mineoの1GB60定額の料金と比べて料金は安くなっています。

さらにUQモバイルの場合、1年目は1980円でぴったりプランSを使うことが出来るので、約1000円ほどmineoよりもお得に使えるのです。データ容量も2年間は2GBで使えますし、音声通話に関してはmineoがUQモバイルに勝っている部分はありません

4.取扱端末

mineo(マイネオ)

正直な所、mineoでは選べる端末がそんなに多くはありません。常時販売している端末を見ても6個~8個くらいしかありませんし、値段もそこまで安くは鳴っていません。ですので、mineoと契約する場合は、端末はAmazonなどで購入してSIMカードのみをmineoで契約する人が多いと思います。私の使っている端末もmineoでは購入していません。おすすめの端末については下記記事を参考にしてみてください。

参考格安スマホおすすめ端末比較!人気の機種からピックアップ

ですが、mineoの場合はドコモ回線とau回線の両方からプランを選ぶことが出来るので、ドコモまたはauからMNPしてくる人にとってはスマホのSIMロック解除なしで使えるという点で優れています。スマホ代金もバカにならないのでmineoのこういった配慮は嬉しい限りです。

mineoの取扱端末を公式でチェック:mineo

UQmobile(UQモバイル)

UQモバイルでは最新の格安SIMフリースマホをワイモバイルよりも多く扱っています。iPhone5sも扱っており(2017年3月21日)、これが非常に人気が高いです。もしかするとiPhone8が発売されたら、UQモバイルでもiPhone6sの販売があるかもしれません。

もし、欲しい端末がないのでしたら、独自にアマゾンで購入してからSIM単体で契約するという方法もあります。端末アシストなどを使えば月々お得にスマホを使えて便利なのですが、欲しい端末がないとなるといくら通信速度が速かったり、サービスが良くても契約してしまうのをためらってしまいます。

また2017年3月下旬にUQモバイルでiPhone SEを取り扱うことが決定しました。iPhone SEは5インチ以下でスペックもiPhone 5sより格段に向上していることから非常に人気が高いので、もしかすると売り切れということがあるかもしれません。ですので、一度UQモバイル公式サイトをチェックしてiPhone SEの在庫を確認してみてください。

UQmobileの取扱端末を公式でチェック:UQmobile(UQモバイル)

最終的にmineo(マイネオ)とUQモバイルを比較してどっちがおすすめか

mineo(マイネオ)はこんな人におすすめ

  • ドコモ/auからのMNPでSIMロック解除が面倒な人
  • 家族でパケットを共有したい人
  • 2年縛りの契約に捕らわれたくない人
  • フリータンクを利用したい人
  • なるべく知名度のある格安SIMを使い人

mineoは格安SIM業界の中では知名度がある方なので、利用者にとっても安心できる面はあると思います。選べる端末などは少ないですが、ドコモ/auからのMNPで契約する場合は、そのまま端末を使うことが出来ますし、わざわざSIMフリー端末を購入する必要がありません。

一応通話定額プランが30分と60分の両方備わっているので、必要最低限の機能は備わっているかなという印象です。5分間かけ放題オプションも解説されたので空きがなくなりましたね。無難・王道という言葉が最も似あっているのがmineoかもしれません。

公式サイト:mineo

UQmobile(UQモバイル)はこんな人におすすめ

  • データ通信SIMで契約したい
  • auのスマホをそのまま使いたい
  • 大手キャリアと同じ感覚で使いたい
  • 電話は軽くする程度だ
  • 安定した通信速度でスマホを運用したい

データ通信SIMのみほしいのでしたらUQモバイルも非常におすすめです。3GBで980円から使うことができ、通信速度も安定して速いのでかなり使い勝手はいいでしょう。また音声通話に関しても無料通話がデフォルトで付随してくるので、格安SIMによくある電話かけ放題のオプションなどがよくわからないと言う人にとっても嬉しい限りです。

キャリア、特にauの使い心地とそこまで変わらないUQモバイル。非常におすすめできる格安SIMですので、もし格安SIM選びで迷っているのでしたらおすすめしたいと思います。

公式サイト:UQmobile(UQモバイル)

最後に

以上が、mineo(マイネオ)とUQモバイルを比較して、どっちがおすすめなのかの検証でした。

総合的に言うと、UQモバイルのほうがおすすめです。理由は、安定して爆速の通信速度、キャリア(au)サブブランドなので一定の品質は今後も保たれることが明白。そしてなにより、ユーザー数が右肩上がりで伸びていっているのがなによりのおすすめポイントでしょう。

やはりキャリアのサブブランドというのは強いです。ワイモバイルもですがお昼や夜の混雑時でも通信速度は他の格安SIMと較べても断然速いですし、でんわかけ放題のサービスなども充実しています。では、ワイモバイルとUQモバイルならどっちがおすすめなのか?という検証に関しては下記記事を参考にしてください。

参考ワイモバイルとUQモバイルの比較!どっちがおすすめかを検証
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪