mineoのLaLaCall申し込み方法や設定方法・留守電機能についての紹介

mineo(マイネオ)にはデュアルタイプ(音声通話)のSIMを契約してもらうことが出来る「090音声通話」の他に、シングルタイプ(データ専用)のSIMでも使える「050IP電話」が存在します。090音声通話とは従来通りの電話方法で、スマホに最初から入っている電話アプリやmineoからリリースされている電話アプリを使って電話をすることができます。

いっぽう050IP電話のほうは、LaLaCallというサービスを使って電話をかけられるサービスで、mineoで音声通話プランと契約しなくても使うことができます。ただし、デフォルト状態では使用することができません。

そこでこのページでは、mineo(マイネオ)のLaLaCall申し込み方法や設定方法、および留守電機能や電話料金など、LaLaCallの全てを紹介していきます。

スポンサーリンク

mineo LaLaCallとは

LaLaCallとは050から始まるIP電話番号が使えるサービスで、LaLaCallに加入することで現在持っている090音声通話(090/080/070)の他にもう一つの電話番号を持てるようになります。基本的な機能は090音声通話と変わらないにも関わらず通話料は通常の半額以下で使用することが可能です。

LaLaCallのメリット

LaLaCallでは通話料が通常の料金より安くなる他に様々なメリットがあります。そのメリットをまとめると次のとおりです。

  • 050IP電話(一部)やLaLaCall同士の通話料無料
  • 通話料金が通常の携帯電話の半額以下
  • mineoならパケット通信料が無料
  • mineoのシングルタイプでも使える
  • お支払い方法はmineoの月額料金に合算できる
  • mineoなら毎月100円分の通話料が無料

実はLaLaCallはmineoを使っていると非常にお得に使うことが可能です。本来IP電話というものはパケット通信料がかかるのですが、mineoを契約していてLaLaCallを使っている場合はパケット通信料がかかりません。

と言っても、LaLaCallで通話した際のパケット通信量は「約277KB/分」と公式サイトに書かれています。ですので10分通話したとしてもたったの約2.8MBのパケットしかかかりません。ただ、データ容量が毎月カツカツとなってしまう人にとって、mineo契約だとパケット通信料が無料というのはありがたい存在かもしれません。

LaLaCallのデメリット

逆にLaLaCallにはどんなデメリットがあるのかと言いますと、まずは「050」という3桁の番号となってしまうことです。ビジネスマンだと、正直050から始まる電話番号でやり取りする人っていないと思います。少なくとも私は見たことありません。なので、仕事などで使う時は090音声通話、家族との電話をするときは通信料を安くするためにLaLaCallを使う、などして役割分担させたほうが良いと思います。

もう1つデメリットがあるとすれば、GoogleやYoutubeでSMSを通しての認証をしようとすると、そもそもメッセージが送られてきません。LINEなどでも050では認証できなくなりました。その場合はデータ専用SIMにSMS機能をつけてあげるのが一番手っ取り早い解決方法となります。

mineo LaLaCallの通話料金

通話先通話料金
LaLaCall、eoひかり電話、、オフィスeo光電話、光電話オフィス、050IP電話(一部除く)24時間無料
携帯電話(国内)30秒/8円
PHS(国内)1分/20円
固定電話(国内)3分/8円
050IP電話(有料)3分/7.4円
国際電話1分/6円

LaLaCallの通話料金をまとめてみました。090音声通話と比べてもかなり通話料金が安いことがわかります。通常の音声通話だと、30秒/20円というのが当たり前なのですが、LaLaCallを使って携帯電話に電話をかけると30秒/8円と60%も通話料金を節約することが出来ます。

さらにLaLaCall同士の通話料金は無料、他の050IP電話についても一部は無料で通話することが可能です。例えば楽天が提供している050IP電話だと、LaLaCallから電話をかけると無料になるみたいですね。詳しくはLaLaCallの050IP電話が無料提携している事業者一覧をご確認ください。

公式サイト:LaLaCall 050IP電話(無料提携)一覧

mineo契約者はLaLaCallでの通話料金が毎月100円分無料

mineoユーザーがLaLaCallを使う最大のメリットと言ってもいいのが、mineoだとLaLaCall通話料金が毎月100円分無料となるサービスです。

これがどのくらいお得かというと、携帯電話への通話なら最大6分、固定電話への通話なら最大36分無料で通話可能になるくらいです。もともとデータ専用SIMで通話をめったにしない人にとっては無料で使えるのはかなりお得かと思います。

それも1回ポッキリではなく、毎月100円分追加されるのでmineoユーザーにとってはかなり嬉しい。サブで050IP電話を持つ場合に最も真価を発揮するサービスかと思います。

mineo公式サイトはコチラ

mineo LaLaCallの申し込み方法・設定方法

mineoで端末を購入した場合LaLaCallアプリがデフォルトで設定されている場合があるのですが、mineoではなく自分で用意した端末の場合LaLaCallアプリがないのでダウンロードしてくる必要があります。まだLaLaCallアプリをダウンロードしていない人は下記からダウンロードしてください。

では今回はAndroid版のインストール方法で申し込み方法と設定方法を紹介していきます。iOS版も基本的には同じやり方なのでこの方法を参考にしてください。

1.eoIDを作成する

アプリを初回起動したら、まだeoIDを作成していない状態だと思いますので、「はじめての方はこちら」をタップ。するとブラウザが開くので、繋がったサイト上で申し込みを進めていきます。今回はmineoに加入している前提なので、「eo光/mineoに加入している」をタップします。

利用規約を読んだら「コチラから」をタップ。次にeoIDでログインするのですが、mineoの加入時期によっては、契約内容通知書にeoIDとパスワードが書かれていません。もし、mineoの契約内容通知書に初期eoIDと初期eoIDパスワードが載っていなかったら、作成しましょう。今回は通知書に載っていたので、そのままそのeoIDでログインします。

ログインしたら利用規約に同意して次のページへ。そして支払い方法をプロパイダ請求、今回の場合はmineoになりますね。それかクレジットカードを新規登録して支払いができます。面倒なのでmineoの請求に含めてしまいます。

支払い方法を決めたら、050から始まる電話番号を選ぶページに移ります。ランダムで5つ表示されるので、その中から自分の好きな電話番号を選択しましょう。なお、電話番号は自分の好きな番号で作成できません。これでLaLaCallを使う準備は70%ほど終わりました。

2.LaLaCallの初期設定

登録が終わったらLaLaCallアプリを起動します。今度は、「利用登録が完了している方はこちら」を押して、先程入力したeoIDとeoパスワードを入力してログインしましょう。

次に本人確認のために、現在利用できる電話番号に確認の電話をしなければなりません。これがちょっと厄介で、音声通話できる電話番号を1個も持っていない場合、認証確認ができないのでLaLaCallが使えないんですよね。最悪家電でも良いのですが、せめてSMS認証可能にしろと言いたいです。

認証が完了すると、先程取得した050IP電話番号が表示されるので次へをタップ。次は画面表示の設定ですが、ここはデフォルト状態のままで次へを押します。

プッシュ機能は設定しておいたほうが良いです。これを設定しておくとアプリを起動していなくても電話の着信を受けることが出来ます。そしてLaLaネームを適当に入力して次へ。

最後にプライバシー関連の設定です。個人的に外しておきたいのが「LaLaネームの検索を許可」ですね。他のLaLaユーザからネーム検索されて電話がかかってくるなんてことになりたくないですからね。プライバシー関連の設定が終わったら終了です。これでLaLaCallが使えるようになりました。

mineo LaLaCallの留守電機能について

LaLaCallでは留守番電話機能も標準で使えるようになっています。

登録可能なメッセージ件数は20件で、留守番メッセージの録音時間は90秒までです。LaLaCallで留守番電話を聞く場合、パケットは消費されますが、通話料は無料です。

留守番電話メッセージを再生するには、LaLaCallアプリ下部にある電話をタップして、【右上のメニュー > 留守番電話の再生】を押して再生をします。なお、留守番電話の設定は色々とアプリから設定できます。例えば呼び出し秒数の設定や、留守電があったことをメールに知らせる機能などが存在します。

mineo LaLaCallの評判

LaLaCallアプリのストアでの評判を見ればだいたいわかるのですが、そこまで良い評価を得ていないようです。バージョンアップなどでアプリが使えなくなるということもあるようですね。あとは通話品質の問題もあるようですが、もしかすると自身の端末との相性もあると思います。

良い評判ももちろんあります。

mineo LaLaCallの解約方法

LaLaCallの解約方法ですが、アプリを削除しただけでは解約にはなりません。解約するには、次の2通りの方法があります。

1.アプリから

LaLaCallアプリの下部メニューの設定をタップし、管理メニューをタップしてください。すると、「解約」メニューがありますのでそのまま手順に沿って解約手続きを進めてください。

2.eoマイページから

eoマイページログイン画面にブラウザからアクセスして、eoマイページにログインします。次にコンテンツサービス一覧を開くと、メニューに「サービス解約」があるのでクリックします。コンテンツ一覧にLaLaCallがありますので、右側の解約ボタンを押して手順に沿って解約手続きを進めます。

最後に

以上が、mineoのLaLaCallの申し込み方法や設定方法の紹介となります。mineoで契約するとLaLaCallは非常にお得になります。気になった方はmineoと一緒にいかがでしょうか。

mineo公式サイトはコチラ

  mineoとUQモバイルの速度比較などから、どっちがおすすめなのかを考察
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。