ウェブサービス

マクドナルドモバイルオーダーとは?使い方、お得になる方法を紹介!

更新日:

幅広い世代に大人気のファストフード店「マクドナルド」
いつも人が多くて、買うまでに時間がかかることも少なくありません。

そんな待ち時間を短縮できるのが、マクドナルドのアプリ『モバイルオーダー』です。
今回は、マクドナルドモバイルオーダーの機能や具体的な使い方を紹介します。

マクドナルドモバイルオーダーとは?

マクドナルドのモバイルオーダーとは

まずは、マクドナルドモバイルオーダーがどのようなことができるアプリなのかを紹介していきます。
今まで使ったことのない方は、要チェックですよ!

「モバイルオーダー」はスマートフォンから事前注文できるシステム

バーガーキングやケンタッキーフライドチキンでも導入されている、モバイルオーダーシステム
昨今のファストフードではこの仕組みがトレンドとなっています。

なかでもマクドナルドのモバイルオーダーは、「店内席でのデリバリー」までやってくれるという点で、ユニークな特徴を持っています。

カウンターに行く必要がないので、席に座ってスマートフォンから注文すれば並ばないでオーダーが可能となります。

マクドナルドの会員登録、クレジットカードかLINE Payがあればアプリが使える

モバイルオーダーの利用に必要なのは「モバイルオーダー」マクドナルドの会員登録決済手段です。
決済の詳細は最後の章で詳しく取り上げますが、決済は、クレジットカードかLINE Payの2種類から選べます。

モバイルオーダーアプリ自体はすぐにダウンロードできますし(無料)、会員登録は多少手間ではありますが、一度してしまえばその後は入力を省略できるようになるので、便利です。

仮決定したオーダーもあとでキャンセルできる

マクドナルドモバイルオーダーのいいポイントは、もうひとつあります。
食べたいメニューを考えて、自宅でオーダーをゆっくり選んでから店舗に向かったり、出先でメニューを選んで注文してもOK。

そのなかで、間違って注文してしまったり、違うものが食べたくなったりしたときは、仮決定したオーダーもあとでキャンセルすることが可能なのです。
改めて注文しなおして、本当に食べたいものをいただくことができますよ。

モバイルオーダーはクーポンも使用できる

モバイルオーダーで注文するにあたり、お安く買えるクーポンが使えます。
商品をセレクトできる画面で「クーポン」をタップすれば、マクドナルドモバイルオーダーで表示されているクーポンの利用が可能です。

詳しくは次の章を確認してください。

マクドナルドオーダーの使い方を紹介

アプリの使い方

ここからは、具体的にマクドナルドモバイルオーダーの使い方の紹介です。
筆者が実際に使ってみた感想や実感も交えて、詳しく解説してまいります。

アプリをダウンロードしてモバイルオーダーをはじめる

アプリをダウンロード

まずは、アプリストアからダウンロードします。
「マクドナルドモバイルオーダー」と入力して、すぐ見つけられました。

アプリに登録

早速アプリを起動してみましょう。
簡単なチュートリアルがいくつか流れ、次へを押してトップへ移動します。

アプリでオーダーをおこなう

「モバイルオーダーをはじめる」をタップします。

オーダーする店舗を選びましょう

店舗の選択方法

店舗を選ぶ画面に遷移します。
店名からも探せますし、周辺地域からの検索もできます。

オーダーする店を選ぶ

たくさんあるお店の中から、今回は「池袋西口店」をセレクトしてみます。

お目当てのマクドナルド店舗を選択

店をタップすると、モバイルオーダーに対応している時間を教えてくれます
時間内ならば、この店舗で受け取るをタップしましょう。

ちなみに、時間外の予約は出来ませんでした。

店舗を選ぶ

ドライブスルーでは受け取れないというポップが出ます。

モバイルオーダーは、ドライブスルーには対応していないため、「お店で食べる」と「テイクアウト」のどちらかを選びましょう。

注文メニューを選びましょう

オーダーの流れ

今回は、朝マックは終わっていたので、レギュラーメニューから選びます。
レギュラーをタップして、次へ移ります。

カテゴリを選択

ここからついに注文です!
まずは、メニューリストから食べたい商品を探しましょう。

メニューを選ぶ今回は、レギュラーメニューのなかから、ビックマックをセレクト。
セットか単品かもここで選べます

セットか単品かを選ぶ
セットを選ぶと、そのままドリンクとサイドメニューも選べます。

好みをチョイス

選び終わったら、注文を決定するをタップ。

会員登録をおこなう

会員登録を求められるので、新規の方はここで登録します
ほかのマクドナルドアプリで登録があれば、共通で使用できます。

店舗へ向かう

時間までに、指定した店舗へ向かいましょう!
到着したら「店舗に到着」を押して商品を受け取り、アプリ利用は終了です。

店頭受け取り、店舗内で食事が選べます

テイクアウトかを選択注文時、店頭で受け取って持ち帰る方法と、店舗内で食べて帰る方法が選べます。

店内で食べる場合は、カウンター受け取りお席へのお届けもセレクトできるので、自分が都合のいいほうを選んでくださいね。

マクドナルドオーダーの注意点

最後に、マクドナルドオーダーを使うときに注意してほしい点について解説していきます。
勘違いしやすいポイントや、他の似たようなアプリとの違いについても記載しますので確認しておいてください。

「全国展開」だが「全店舗で提供」ではない

モバイルオーダーは基本的に全国のマクドナルドで利用できますが、ドライブスルーおよびマックカフェは対応していません

また、一部の店舗(特にショッピングセンターなどのテナント店舗)では、席までお届けはしておらず、カウンター受け渡しのみでの対応となります。

モバイルオーダーでは現金は利用できない

上記で少し書いたとおり、モバイルオーダーで利用できる決済手段は、2020年2月時点で、クレジットカードおよびLINE Payの2種類となっています。
現金は利用できませんので、注意が必要です。

また、LINE PayはiOS版アプリにしか対応していないため、Androidの方はクレジットカード決済のみとなります。
クレジットカードの種類は、VISA、Mastercard、JCB、Dinersの4種類です。

メニューのカスタマイズはできず、好みに合わせられない

2020年2月時点で、モバイルオーダーでは、カスタマイズの利用ができません

例えば、「チーズバーガーのケチャップを抜きたい」、「コーラの氷抜き」などは対応していないのです。
いずれカスタムにも対応するようになる見通しではありますが、まだ時期は未定となっています。

アレルギーなどでどうしてもカスタムしなければならない場合は、モバイルオーダーはまだ見送るか、ドリンクだけにするなどして活用しましょう。

ウーバーイーツのように「デリバリー」のサービスではない

UberEATSは、さまざまなお店の出前を注文することができるスマホアプリで、多くのファストフード店で活用できます。
そのため、勘違いしてしまいそうですが、モバイルオーダーは「デリバリー」のサービスではありません

実際に店舗へ足を運んで、受け取ったりその場で食事をしたりするためのアプリとなっています。

まとめ

マクドナルドモバイルオーダーを上手に活用すれば、待ち時間を短縮したり、その場でメニューに悩んだりすることなく注文ができます。

デリバリーではなく、実際に店舗に行く必要はありますが、さっと受け取れるのは大きなメリットですよね。

マクドナルドモバイルオーダーを使いこなして、効率的な注文をしましょう!

マクドナルドモバイルオーダーを使う

続きを読む

-ウェブサービス
-マクドナルドモバイルオーダー

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.