MAZE Alpha 4Gの実機レビュー!カメラ性能にこだわった一品に

今回はGearbest様より、「MAZE Alpha 4G Phablet」のご提供をうけましたので、実際に使ったみた感想やスペック情報などレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

MAZE Alpha 4G Phabletのスペック

スペック情報
OS Android 7.0
CPU Helio P25 ( MTK6757 ) Octa Core
ROM 64GB
RAM 4GB
ディスプレイ 6.0インチ(1920 x 1080)
バックカメラ 約1300万画素(デュアルレンズ)
フロントカメラ 約500万画素
ネットワーク Network type: FDD-LTE,GSM,WCDMA
2G: GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz
3G: WCDMA B1 2100MHz,WCDMA B8 900MHz
4G LTE: FDD B1 2100MHz,FDD B20 800MHz,FDD B3 1800MHz,FDD B7 2600MHz,FDD B8 900MHz
バッテリー 4,000mAh
各種ポート USB Type-C
イヤホンジャック
SIMカードスロット Dual SIM,Dual Standby
SIMカードタイプ Dual Nano SIM
サイズ 15.98 x 8.25 x 0.81 cm
重さ 0.2270 kg

スペックはまずまずといった所。ミドルレンジスマホの立ち位置となっております。

ディスプレイは物理ボタン部分を除いたベゼルレススクリーンとなっています。ただしGalaxy S8のようにエッジ部分が曲面になっていないので、誤タッチをすることは決してないでしょう。

ストレージ容量は64GBと多すぎず少なすぎず。メモリに関しては4GBも積まれているので十分すぎるくらいです。ディスプレイはゴリラガラス4を採用しているため耐久度は従来のものよりも上がっています。

MAZE Alpha 4G Phabletの外観レビュー

スペックを簡単に紹介した所で、さっそくMAZE Alpha 4G Phabletの外観レビューをしていきたいと思います。

外箱は若干傷ついていますが、海外からの発送なのでここは仕方がないでしょう。肝心の中身が無事なら問題なし。

箱を開けるとMAZE Alpha 4G Phablet本体と取扱説明書、ACアダプタ、USB Type-Cケーブル、ガラスフィルム2枚が入っていました。

デフォルトでガラスフィルムが入っているのは嬉しい。欲を言えば、TPU素材のクリアケースも付けてほしかった。

MAZE Alpha 4G Phabletの外観はこんな感じ。ディスプレイサイズが大きいせいか、少しゴツいなと感じました。手に持ってみるとそのサイズ感が分かるかと思います。6インチなので片手操作が難しそうです。

フロントカメラですが、MAZE Alpha 4G Phabletは位置が通常のスマホとは違って、スマホの右下部分に存在しています。大抵は上部にあると思いますが、こちらは少し変わっていますね。

バックカメラはデュアルレンズ。埋め込みタイプではなく多少カメラが出っ張っています。カメラのレビューについては機能レビューのほうでおこなっていますので、ぜひチェックしてみてください。

電源を入れてみました。物理ボタン部分以外の箇所はほぼほぼフルスクリーンで映像が写っているのがわかります。もう少し物理ボタン部分を削ってディスプレイの領域を広げてくれたら嬉しかったかも。

以上が、外観レビューでした。

外観は悪くないですが、他のスマホと比べても厚みがあり、若干重いなあと感じました。6インチのスマホなので仕方がないところもありますが。

MAZE Alpha 4G Phabletの機能レビュー

ベンチマーク

気になるベンチマークはどのようになっているのかをGeekBench4を使って計測してみました。

ベンチマークのスコアはそこまで飛び抜けて高くはありません。むしろ若干低いかなと。スコア的にはNEXUS 6Pに少し負けているくらいになっていました。

カメラ性能は中々良好

デュアルレンズなのでカメラ性能は中々良いのではないかと思い撮影してみました。

Galaxy S8+と比較してみましょう。

どちらもデフォルト設定で撮影した写真になります。MAZE Alpha 4G Phabletのほうがクッキリハッキリと撮影できている感じにも受けます。

撮影した感じではMAZE Alpha 4G Phabletは、オートフォーカスの性能がよく、ピントを合わせるスピードがGalaxy S8よりも早く感じました。個人的にはカメラ性能に関しては文句なしです。

B19のバンドに対応していないので注意

MAZE Alpha 4G Phabletを日本で使う場合は注意が必要です。

B19(800MHz)のバンドに対応していないため、広いエリアでの通信ができなく、首都圏以外は繋がらないことが多々です。山間部などに行くとほぼ繋がりませんので、Wi-Fi専用機にしたり、ポケットWi-Fiを使って通信をするなどして対処するしかなさそうです。

B19対応の中華スマホは、まだまだ普及されてきていないので、今後もっと増えていってどのスマホでも日本中で使えるようになると嬉しい限りです。

今回紹介した「MAZE Alpha 4G Phablet」はgearbestにて販売中です。思ったよりも売れ筋商品のため、もしかすると売り切れになっているかもしれませんが、気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

→ GearBest公式サイトでチェックする

  Huawei nova liteの実機レビュー!口コミ・評判どおり画面はめちゃくちゃキレイだ
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。