HUAWEI Mate 9におすすめなケースカバー&フィルム特集【手帳型/ガラス/クリア】

2016年12月16日、日本で正式にHUAWEIからMate 9が発売されました。Mate 9はディスプレイサイズが5.9インチと大きく、バッテリー容量も4000mAhとなっています。今回のMate 9の目玉はなんと言ってもデュアル待ち受け(DSDS)に対応したことでしょう。

Mate 9は画面も大きく、傷がつく確率が高まっていますので必ず液晶保護フィルムやスマホカバーケースを付けておきたいところです。

 

そこで今回は、HUAWEI Mate 9におすすめな液晶保護フィルムとスマホカバーケースをご紹介します。クリアケース、手帳型ケース、強化ガラスフィルムやアンチグレアフィルムなど、ジャンル別におすすめを紹介していきます。

なお、HUAWEIのMate 9は既にAmazonでも販売をしておりますので、MVNO経由で買おうと思っている方でSIMはいらないよという人は、Amazonから直接端末を購入するといいでしょう。

 

スポンサーリンク

おすすめケースカバー

手帳型ケースカバー

1.【Dux Ducis】マグネット式手帳型ケースカバー

おすすめ度:★★★★★

PUレザーとTPU素材を使った柔軟性があり、高級感のある質感が特徴の手帳型スマホケースです。軽くて薄いのも特徴で、手帳窓の開閉部分にはにはマグネットが採用されています。さらに、スタンド機能もついているので、寝っ転がりながらの動画視聴も楽しむことが出来ます。

カード収納ポケットもありますが、スタイリッシュな所がウリなケースカバーなので、カードを入れると少し厚みが生まれてしまいますので注意を。カメラ部分や充電口などの穴もしっかりと設計されて作られているので、とても1000円以下で購入できる手帳型ケースとは思えない製品になっています。

 

2.【GTO】ハンドストラップ・ネックストラップ対応の手帳型ケース

おすすめ度:★★★★☆

めちゃくちゃカードが収納できる手帳型ケースです。なんとなく婦人財布を思い浮かべるようなデザインですが、高品質なTPU素材やPUレザーを採用しているので、触った時の質感は悪くありません。

内部のケースはクリアケースとなっており、本体下部の通知もやイルミもしっかりとわかるようになっています。スタンド機能もついており、デフォルトで長いストラップと短いストラップもついてきます。そこまでチープな作りでもないので、わりと長持ちする手帳型ケースです。

 

クリアケースカバー

3.【Qosea】シリコンクリアケース

おすすめ度:★★★★★

クリアケースなら、Qoseaのクリアケースを買っておけば問題ありません。高品質なTPU素材で、柔軟性があり丈夫、さらに手触りもいいので使い心地は抜群です。しかもクリアケース自体の薄さが0.3mmと超極薄で軽いのが嬉しいポイント。

値段も500円以下となっており、数か月使っての使い捨てケースと考えても非常に優秀なクリアケースとなっています。カメラレンズや充電口もきちんと穴が抜かれているので、設計部分に関しても一定水準のレベルをクリアできています。

 

その他ケースカバー

4.【Ceavis】Mate 9専用ハードフレームケース

おすすめ度:★★★★★

外側のフレーム部分がハードフレーム、内側の部分は柔軟性と耐久性に優れたTPU素材を使った、2重構造のMate 9専用ハードフレームケースです。Mate 9自体のデザイン面を損なわせないような作りになっており、それでいて細部の穴の設計もしっかりとされています。

ハードフレームなので、耐衝撃性もあり、内側のTPUと組み合わせることで衝撃をより吸収するようになっています。Mate 9のデザインをなるべく損なわせずに、しっかりとスマホを守りたい人におすすめなケースカバーです。

 

5.【Saniki】バンカーリングつきケースカバー

おすすめ度:★★★★☆

こちらも素材はTPUを使っているので軽くて耐衝撃性に優れています。フレーム部分はMate 9よりも高い位置に設計してあるので、スマホの画面を下に向けても画面を傷つけないように作られています。カメラレンズ部分も同様に少し高い位置に設計してあります。

付属のバンカーリングは、スタンドとして使えるので動画視聴の際に便利です。

 

おすすめ液晶保護フィルム

強化ガラスフィルム

1.【D&P】超薄型強化ガラスフィルム

おすすめ度:★★★★☆

薄さわずか0.33mmの強化ガラスフィルムです。超薄型の強化ガラスフィルムですが、強度は問題なくしっかりとキズや飛散を防止してくれます。指紋が付きにくく汚れにくいのも特徴的で触り心地も悪くありません。

画面の透明度もかなり高いので、フィルムなしの状態で画面を見た時とさほど変わらない画面をフィルム越しから見ることが出来ます。難点を言ってしまうと、若干上下左右に隙間が出来てしまうことです。手帳型ケースを使う分には良いのですが、TPUのクリアケースなどを使う場合は隙間が空いてしまうので注意が必要です。

 

2.【Klearlook】Mate 9専用強化ガラスフィルム

おすすめ度:★★★★★

こちらも薄さ0.33mmの超薄型強化ガラスフィルムです。画面の透過率がなんと99%と非常に高水準なフィルムになっています。ラウンドエッジ加工をしているので、4つ角が滑らかな形状となっており、手に持った時にエッジ部分が引っかからないデザインになっています。

表面強度も非常に硬い9Hのガラスを採用しているので、カッターなどで傷をつけようとしても、なかなか傷がつかないようになっています。さらに、表面には疎水性のあるコーティングがされているので、水を弾きやすく、指紋も付きにくいガラスフィルムとなっています。

隙間も空かないのでおすすめ!

 

アンチグレアフィルム

3.Mate 9専用アンチグレア保護フィルム

おすすめ度:★★★★☆

Mate 9では数少ないアンチグレア(非光沢)タイプの保護フィルムです。画面のぎらつきを抑え、更に表面もさらさらなので指のすべりも滑らかです。表面には指紋防止用のコーティングがされているので指紋も付きにくく、汚れがついてしまっても簡単に落とすことが出来ます。

一点残念な所は、ラウンド加工しているので少しだけフィルムのサイズが小さいことです。

 

最後に

以上が、HUAWEI Mate 9におすすめなケースカバーと保護フィルム特集でした。

個人的にアhスタイリッシュな手帳型ケースとKleralookの強化ガラスフィルムがおすすめですね。

ご参考になりましたら幸いです。

iPhoneケース等に使われるTPU素材やPUレザーとは何なのか?違いをバッサリ解説

2016.12.08
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。