Mastodon(マストドン)iPhoneアプリ「Amaroq」の使い方と登録方法【SNS】

2017年4月頃から日本で急激に広がった、オープンソースのSNS「Mastodon(マストドン)」。

そんなMastodon(マストドン)の使い方を下記記事にて紹介してきました。

Mastodon(マストドン)の使い方と登録方法まとめ【SNS】

2017.04.18

しかし、上記記事を見て分かる通り、このMastodon(マストドン)の使い方はパソコンのブラウザ上からの説明となっており、Mastodon(マストドン)のiPhoneアプリは存在しているのかが疑問視されます。

ですがiPhoneアプリはAppStoreに存在していましたので、今回の記事では、Mastodon(マストドン)のiPhoneアプリ「Amaroq」の使い方と、アカウントの登録方法を紹介していきます

スポンサーリンク

Mastodon iPhoneアプリ「Amaroq」とは

Amaroqとは、Mastodon(マストドン)を利用できるiPhoneアプリです。基本的なユーザーインターフェイスはTwitterとほぼ変わりありません。

本来はブラウザ上でしか使えなかったMastodon(マストドン)を、iOSのアプリでも使えるようにしようと思いたち開発されたようです。

タイムラインの作りや、返信、リツイート機能、ツイートのお気に入り機能や、ツイートのブロックやミュートなどの機能も備わっており、Mastodon(マストドン)は第2のTwitterと言っても良いかと思います。

そんなMastodon(マストドン)では、リツイートなどの言葉が若干Twitterとは違う言い回しになっているので、何のことやらと思う人もいるかもしれません。主にどのような言葉が変わったのかを下記にまとめています。

  • ツイート → トゥート
  • リツイート → ブースト

言葉は変わっていますが、機能は変わりありません。

Mastodon(マストドン)の用語の解説については下記記事にてまとめていますので参考にしてください。特に連合タイムラインやローカルタイムラインの違いはなんぞや、と疑問に思う人もいると思います。

Mastodon(マストドン)の使い方と登録方法まとめ【SNS】

2017.04.18

AmaroqからMastodon(マストドン)のアカウントを作成する方法

では早速iPhoneアプリのAmaroqを使ってMastodon(マストドン)のアカウントを作成する方法を紹介していきます。Mastodonのアプリ「Amaroq」は下記リンクからダウンロードしてください。

ダウンロードをしてAmaroqを開くと、マストドンのインスタンスを入力しなければなりません。インスタンスとは簡単に言うと「サーバー」の事を指し、日本では次の2つのサーバーにユーザーが集中しています。

  • mstdn.jp
  • Pawoo.net

私は現在「mstdn.jp」のインスタンスを使っています。今後はもしかすると、企業であるPixivが運営しているPawooに人が集中する可能性もありますね。

ですが今回は「mstdn.jp」のインスタンスを使ってログインします。インスタンスのログインが完了すると、次はアカウントのログインに移ります。この時に、まだアカウントを作成していない場合は、画面下部にある「登録する」をタップしてください。

あとはログインに使うメールアドレスとパスワード、およびユーザー名を入力して登録するを押すとアカウント作成の完了です。

登録自体は非常に簡単ですのでサクッと終わらせてしまいましょう。

スポンサーリンク

Amaroqの使い方

ではアカウントの作成が終わったことを前提に、Amaroqの使い方について説明していきます。

まずはアカウント作成時と同様にインスタンスへのログインと、アカウントへのログインを済ませてください。全てのログインが完了すると、Amaroqのホーム画面に移動します。

とりあえずホーム画面に移動したら、最初に自分のインスタンスを確認しておきましょう。インスタンスを確認するには、フッターバーの「More」をタップし、「About your Mastodon instance」をタップします。

最初のインスタンスへのログイン時に入力したサーバー名が表示されていたら正常にログインできている証拠です。

お気づきの方もいるかもしれませんが、このiPhoneアプリは日本語版ではないので、全て英語で書かれています。一部だけ日本語になっているのは、設定画面「Account perferences」から言語の設定を日本語にしているからです。

1.トゥートしてみる

基本的にTwitterと使い方は変わりありません。

ホーム画面右上の鉛筆マークを押すと、トゥート内容記入画面が現れますので思いのままにトゥートしてあげてください。トゥートするときに「Hide text behind warning」という項目があると思います。

これは、トゥート内容を「もっと見る」を押さないと見れないようにする機能です。Twitterでいうところのちょっと危ないツイート内容の表示制限機能ですね。これを自分でつけることができます。

そして、上と下で入力項目が2つあります。上の項目は、「もっと見る」を押さなくても見られる内容、そして下の項目が「もっと見る」を押さないと見られない内容を書くことになっています。

実際に上と下でトゥート内容を分けるとこのように初期状態では下項目のトゥート内容が見られません。そしてタップしてあげると見られるようになります。

2.トゥートに公開制限をかける

通常のトゥートだと、ローカルタイムライン全体に自分のトゥートが流れてしまいます。

もし、フォロワー以外に自分のトゥートを見せたくない場合は、トゥート投稿画面で「Unlisted」を押してください。

すると、自分のトゥートの公開制限をかけることができます。それぞれの公開制限レベルはどのような感じになっているかは次のとおりです。

  • Public:ローカルおよび連合タイムラインにもトゥートを公開
  • Unlisted:全員が見られるが、ローカルおよび連合タイムラインにはトゥートは公開されない
  • Private:フォロワーと返信した相手以外にはトゥートが見えない
  • Direct:返信した相手以外にはトゥートが見えない

もしフォロワー以外見せたくない場合は、「Private」を選択するといいでしょう。

3.トゥートを消去する

変なトゥートをしてしまった時は、トゥートを削除しましょう。

自分のタイムラインを開き、トゥート内容の下に表示されてある「・・・(三点リーダ)」をタップします。そうすると、トゥートのコピーやシェアなどの一覧が表示されるので、その中のDeleteを押してトゥートを削除してください。

Mastodon(マストドン)の用語解説

Mastodon(マストドン)には独自の言い回しや言葉が存在しています。それらを下記記事にまとめていますので、用語の内容を知りたい方は参考にしてください。

Mastodon(マストドン)の使い方と登録方法まとめ【SNS】

2017.04.18

最後に

以上が、Mastodon(マストドン)のiPhoneアプリ「Amaroq」の使い方とアカウント登録方法の紹介でした。

AmaroqはTwitterアプリと使い勝手はほぼ変わらないので、Twitterを普段から使っている人ならば問題なく移行していけるのではないかと思います。

iPhoneからMastodon(マストドン)を楽しみたい方は、ぜひAmaroqを利用してみてください。

  マストドンをマルチログインで複数インスタンスを1つのアプリで管理する方法
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。