LogicoolのワイヤレスキーボードならK275がおすすめ!使ってみたレビュー評価を書いてみました

愛用していたロジクールワイヤレスキーボード、『K270』の角度を調整するツバみたいなところが壊れてしまったので、新しくK270の後継機と思われる『K275』を購入してみました。K270は長年販売されていたLogicoolの超コスパの良いワイヤレスキーボードだったので、K275もそれなりの期待をこめて購入しました。Amazonなら値段も2000円以下で販売されていますしね。

今回は、K270と比べてK275が使い心地はどうなのかを中心にレビュー評価を書いています。結論から言ってしまうと、今から3000円以下でコスパの良いワイヤレスキーボードを購入するなら、ぜひ『K275』を購入してみて下さい。めっちゃ使いやすいです!

 

スポンサーリンク

私がワイヤレスキーボードを選ぶときの基準

私はワイヤレスキーボードを選ぶときに、次の4点を見て選んでいます。

  • ストロークの軽さ
  • ストロークの深さ
  • ファンクションキーが4×3の配置であること
  • 安いこと

昔はオンラインゲーム(主にMMO)で対人戦などを頻繁にしていたので、『キーボードなら有線以外あり得ない』思考の人間だったのですが、最近はオンラインゲームもあまりやらなくなり、正直な所有線ケーブルの利点がほぼほぼ無くなったのでPC周りの入力機器はなるべくワイヤレスで統一することにしました。

その中でキーボードを選ぶときは少しだけこだわりがあり、特に『ストロークの心地よさ』を求めるため、深さや軽さを重視して選ぶことにしました。ファンクションキーの配置はオンラインゲームをガシガシやっていたときの名残で分けてあった方が使いやすいから4×3にこだわっています。

あとは最高でも5000円、なるべく安くて使いやすいものを選ぶことにしています。正直な所、マウスやキーボードは消耗品なので1~2年継続して使えればいいなと思っているので、10000円以上するような高級キーボードなんてのは、とてもじゃないけど買えません。

 

Logicool K275のレビュー

では早速Logicool K275のレビューをしていきます!パッケージはいつもとおなじみの緑を基調とした箱に入っています。

<同封されているもの>

  • ワイヤレスキーボード本体
  • Unifyingレシーバー
  • 単4電池2個
  • 取扱説明書
  • 保証規定
  • 保証書

<動作環境>

  • Windows 10以降
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Windows XP

ドライバ等は付属しておらず、Logicoolのサポートページからダウンロードしてくる形となっています。ちなみになぜかK275のセットポイントがK270となっていました。ですので、サポートページでダウンロードするものを検索するときは、K270で検索した方が良いでしょう。

今までLogicool製品を使ってきた人はとくにダウンロードしてくるものはありませんが、初めてLogicool製品を使う人は次の2つをサポートページからダウンロードしてください。

  • SetPoint
  • Unifying Software

ダウンロードページはコチラ

ワイヤレスに関してですが、LogicoolのK275はアドバンス2.4GHzワイヤレス接続で、最大10mの距離までなら有線に匹敵するくらいの接続性があります。2.4GHzなので、障害物をよけて電波を拾ってくれるのでキー反応速度はめちゃくちゃ速いです。有線と比べても違いがよくわからないくらい。

スポンサーリンク

K270とK275の比較

K270とK275の比較画像です。ブラックがK270ですね。汚すぎてびっくりします。見てわかる通り、大きさはK270とK275で全く変わりません。と言いますか変わったところは一つもありませんね。見た目はK270とK275は同じだと思ってください

 

K275のキーストロークについて

一番重要視しているキーストロークについてです。まずは、キーストロークの深さについてですが、浅すぎず深すぎずで自分はちょうどいいかなという印象を受けました。深すぎると打鍵音が強くなって『カチャカチャカチャ…ッターン!』みたいなかんじのクセがついちゃうので個人的に好きじゃない。

キーボードの打鍵音がうるさい人は一度キーストロークが浅いキーボードで矯正してみるのもいいかもしれませんよ。浅いとソフトタッチで反応してくれるので打鍵音も小さくなる…はず!

そしてキーの軽さに関してですが、K270よりも軽くなっています。ビックリするくらい軽いです。K270が経年劣化して軽く感じるのかもしれないのですが、叩きやすくて入力速度が速くなった気がします。

打鍵音に関してもそこまでうるさくないので及第点レベルはあげられます。

 

K275の評価

おすすめ度:★★★★★

満点です。2000円程度のワイヤレスキーボードでK275なみに満足度の高いキーボードがあったら紹介してください。5000円以上のキーボードにも負けないくらい使いやすいです。

1~2年くらいのスパンでキーボードを買い替える人は、K275の購入を検討してもらいたいです。値段も安く消耗品として割り切れるし、値段以上の満足度を提供してくれるはずです。絶対に後悔しないと思います!

最後に

以上が、LogicoolのワイヤレスキーボードK275のレビュー評価でした。K270の後継機としては十分です。むしろK270よりもストロークがやりやすくて個人的には買ってよかったなと思えるキーボードでした。

コスパの良いワイヤレスキーボードを探している人はぜひLogicoolのK275を使ってみて下さい!

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。