LINEモバイルの通信速度は遅い?他格安SIMとの比較・実測結果【2017年5月】

先日LINEモバイルのSIMカードが届いたので早速設定をして軽く使ってみました。感想等は下記の記事にて紹介しています。

LINEモバイルのSIMカード到着!さっそく設定してレビューしてみるよ!

2016.09.13

さて、LINEモバイルは個人的に中々高評価だったのですが、気になる通信速度はどの程度出ているのかを実機を用いて調べてみました。このページでは、毎月LINEモバイルの通信速度を測定して、その結果と体感速度との違いを紹介しています。(最終更新日:2017/5/07)

スポンサーリンク

快適な通信速度の目安

おそらく数値だけ見ても結局どの程度の通信速度だったら快適にネットサーフィン、Youtubeの閲覧ができるのかわからないと思いますので、ある程度の目安となる通信速度を紹介します。なお、この通信速度についてはサイトによっても目安は変わってくるので、あくまでも当サイトでの快適な通信速度の目安だと思ってもらえたら幸いです。

動画閲覧時に必要な通信速度

今回は動画閲覧に使うサービスとしてYoutube動画を例に通信速度のお話をしていきます。Youtubeの動画は、ストリーミング再生方式となっているため、動画を読み込みながら再生を行っています。つまり、動画のダウンロードをしながら再生をしているので、それなりのダウンロード速度(下り速度)がないと、画質が低下したり、プツプツと再生が途切れてしまうことになります。

Youtubeをスマホから見る場合の画質は最大720pとなっていて、いわゆる高画質で動画を見る場合は最低でも1.6Mbpsの通信速度がないと画質が480pまで下がったり、プツプツと再生が途切れてしまうことになりますので注意しましょう。

  • スマホから720pの高画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度1.6Mbps必要
  • スマホから480pの標準画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度0.9Mbps必要

動画をよく視聴する人は、混雑時でも最低0.9Mbpsのダウンロード速度を確保できる格安SIMを選択しましょう。高画質のYoutubeをサクサクと楽しみたいなら、1.6Mbps以上、欲を言えば最低でも2Mbps欲しいところです。

ネットサーフィンで必要な通信速度

ネットサーフィンの場合は、動画閲覧時よりも通信速度が遅くても大丈夫ですが、画像などの読み込みに時間がかかるとかなりストレスが溜まってしまいます。では、どの程度が最低でも必要なのかというと、最低でも0.5Mbps以上は必要と言われています。画像の多いキュレーションサイトのようなメディアの場合ですと、0.5Mbpsだとかなり読み込みが遅いので、1Mbpsは必要だと思ってください

以上、快適な通信速度の目安を紹介しました。これらの通信速度の目安を踏まえまして、このサイトでは、次のように低速、中速、高速を分類しています。

  • 0.5Mbps(500Kbps)未満:低速
  • 0.5Mbps(500Kbps) ~ 1.5Mbps(1500Kbps):中速
  • 1.5Mbps(1500Kbps):高速

上記の通信速度を参考に、これから紹介するLINEモバイルの通信速度は速いのか遅いのかを見て頂ければと思います。

LINEモバイルの通信速度測定方法

LINEモバイルの通信速度結果を測定するのに使うスピードテストアプリは、下記アプリとなります。このアプリを使って計測している人は結構多くいますので見たことがあると言う人も多いかもしれません。その名も「Speedtest.net」。

Speedtest.net
Speedtest.net

2017年5月のLINEモバイル通信速度測定結果

2017年5月のLINEモバイルの通信速度結果が下記となります。

LINEモバイル2017年5月の通信速度測定結果

スピードテストの他に画像の読み込み速度も計測しています。

これらの結果と、各時間帯での通信速度の平均値を表にまとめましたので参考にしてください。

ダウンロード速度 アップロード速度 画像読み込み速度(夜)
お昼 21.20Mbps 6.54Mbps
8.61Mbps 14.13Mbps 5.43Mbps

4月の通信速度測定結果と比較すると、全ての数値が前月より下回る結果となりました。特にダウンロード速度の低下が激しく、夜の時間帯ですと前月よりも20Mbps以上遅くなるという結果になってしまいました。

画像の読み込みテストに関してもLINEモバイルでは段々と数値が落ちてきているので、そろそろキャパシティオーバーになってきたかなという印象です。

LINEモバイルの体感速度

4月と比較してみると、5月の通信速度の体感はガクッと落ちてサクサク快適なネットサーフィンが楽しめない状態となっています。

いきなりこんなに下がった原因は、LINEモバイルが4月から地上波CMを流し始めたことにあると思います。CMを見た人が相当数LINEモバイルと契約してしまい、その分通信速度の遅くなってしまったのだと思います。

実際に画像を読み込ませてみると、今まで速攻で読み込めていた画像の表示に数秒かかることもでてきて、更にはYoutubeも夜の時間帯は若干読み込みが遅くたまに止まることもでてきました。

 

サービス開始当初の通信速度、体感速度は味わえなくなりましたが、それでもまだ速度が出ている格安SIMだと感じます。なるべく通信速度が速い格安SIMを使いたい方にはおすすめできるMVNO事業者です。

LINEモバイル公式サイトへ

他MVNOとの通信速度比較表

13時台

SIM名下り速度上り速度
ワイモバイル19.64Mbps0.53Mbps
LINEモバイル21.20Mbps6.54Mbps
Y.U-mobile13.30Mbps10.29Mbps
楽天モバイル18.52Mbps12.39Mbps
mineo(Dプラン)4.60Mbps9.53Mbps
UQmobile21.60Mbps6.82Mbps
DMMモバイル1.59Mbps12.38Mbps

21時台

SIM名下り速度上り速度画像読み込み速度
ワイモバイル23.23Mbps1.46Mbps13.16Mbps
LINEモバイル8.61Mbps14.13Mbps5.43Mbps
Y.U-mobile3.53Mbps6.28Mbps1.76Mbps
楽天モバイル18.21Mbps8.61Mbps4.28Mbps
mineo(Dプラン)9.33Mbps8.97Mbps1.49Mbps
UQmobile20.77Mbps11.13Mbps7.88Mbps
DMMモバイル2.01Mbps9.68Mbps1.22Mbps

2017年LINEモバイルの通信速度まとめ

2017年LINEモバイルの通信速度をまとめました。今月の通信速度との比較参考して見て頂けたらと思います。

下り速度の計測お昼画像の読み込み(夜)
1月
2月
3月28.43Mbps33.14Mbps
4月47.86Mbps33.63Mbps7.06Mbps
5月21.20Mbps8.61Mbps5.43Mbps
6月
7月
8月
9月

LINEモバイルはこんな人におすすめ

  • SNSをよく利用する
  • データ通信のみを利用したい
  • 通信速度が速い格安SIMが欲しい
  • ワンコインで使いたい
  • 第2の予備SIMとして持っておきたい

LINEモバイルは音声通話には今の所向いていません。ですが、ネットサーフィンのみで利用するならば現状は格安SIMのなかでもトップクラスで使いやすく感じています。予備のSIMカードを持っておきたい人にもLINEモバイルは非常におすすめなので、通信用と割り切って使うのでしたら選択肢に入れてもいいかと思います。

最後に

以上が、LINEモバイルの最新通信速度の実測でした。LINEモバイルはMVNOの中でも新しく立ち上げたブランドなので、現時点では比較的通信速度が速く、おすすめできる格安SIMです。音声通話などの料金プランが充実していないのがネックとなりますが、データ通信SIMで契約する場合は、まず先にLINEモバイルをおすすめしたいですね。この機会にぜひ検討してみてください。

LINEモバイル公式サイトへ

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。