その他

2020年コジマ福袋中身予想まとめ&購入方法も!

更新日:

テレビや洗濯機、さらにはポータブル水素水生成器など、生活家電系のラインナップが豊富なコジマの福袋。

昨年は豪華な生活家電をまとめた「豪華絢爛福袋」という、100万円を超える福袋を販売して話題になりました。

その他にも一風変わったデジタル家電の福袋も多数あり、「iPad福袋」や、アクションカメラのGoProをメインにした「GoPro福袋」などの福袋も。

本記事では2020年の「コジマ」福袋の中身の予想や、ネット予約開始日・初売り情報についてまとめました。

過去の福袋の中身もあわせて紹介していますので、参考にしてください!

コジマの福袋とは?

コジマ福袋売り場画像

コジマの福袋は手頃な価格の物が多数ですが、一方で、他の家電量販店ではあまり見ないような高額な福袋も充実しています。

昨年はなんと50万円を超える「おうち丸ごと最新家電福袋」や、100万円を超える「豪華絢爛福袋」なども販売されました。

なお、「豪華絢爛福袋」にはドラム式洗濯機、お掃除ロボットのルンバ、65型4Kテレビなどが入っていたそうで、まさに豪華絢爛!

コジマはビックカメラグループの家電量販店であるため、ビックカメラと同じレベルの福袋も存在するようです。

コジマ 2020年福袋の販売開始時期は?

コジマ福袋販売ページ画像

コジマの福袋は、コジマの実店舗と、コジマネットで購入できます。

コジマの福袋は予約などは受け付けておらず、初売りの日からの販売になるようです。

コジマネット 2020年福袋の販売開始時期は?

例年通り、1月1日の午前0時から福袋の販売が始まると予想されます。

【2019年12月30日追記】
コジマネットでの販売は、2020年1月1日の午前0時から始まることが発表されました。
福袋の購入はカートに入れた順番ではなく、決済が完了した順番になっています。
販売開始時は多数のアクセスがあると予測されますので、事前にコジマネットの会員登録とログインを行いましょう。

コジマ 2020年福袋 実店舗での販売開始時期は?

実店舗の方も、初売りはほとんどの店舗で1月1日午前10時からになるようです。
一部店舗は1月2日からの営業になるので、必ず事前に最寄りのお店の情報を確認しましょう。

コジマ 2020年福袋の中身は?

コジマ 2019年の福袋販売開始時期と中身まとめ

2019年のコジマの福袋は、コジマネット上で1月1日の午前0時から販売が開始しました。なお実店舗では、2019年1月1日の朝10時からでした。

コジマ 2019年福袋の中身は?

実際にコジマの福袋を購入された方や、福袋についてのツイートを紹介していきます。

コジマ 2019年福袋の一覧

2019年にコジマで販売された福袋の一覧です。

  • 高速音波振動電動歯ブラシ福袋:1,280円(税抜)
  • 初笑いセット:2,019円(税抜)
  • 男前に大変身福袋:2,980円(税抜)
  • 美人力アップ福袋:3,480円(税抜)
  • ポータブルDVDプレーヤー福袋:4,980円(税抜)
  • ポータブル水素水生成器福袋:8,980円(税抜)
  • 自宅で簡単スキンケア福袋:9,980円(税抜)
  • シェーバーシリーズ7福袋:19,800円(税抜)
  • iOSタブレット福袋:22,200円(税抜)
  • 1TB 2番組同時録画ブルーレイレコーダー福袋:26,800円(税抜)
  • 500GB 3番組同時録画ブルーレイレコーダー福袋:26,800円(税抜)
  • 32型ハイビジョンテレビ福袋:29,800円(税抜)
  • GoPro福袋:29,800円(税抜)
  • 1TB 3番組同時録画ブルーレイレコーダー福袋:36,800円(税抜)
  • デジタル一眼レフカメラダブルズームキット福袋:44,800円(税抜)
  • Surface福袋:46,800円(税抜)
  • ミラーレス一眼カメラダブルズームキット:49,800円(税抜)
  • フィルターおそうじ機能付きエアコン福袋:59,800円(税抜)
  • 50型4K対応テレビ福袋:69,800円(税抜)
  • 自動おそうじ機能搭載洗濯乾燥機福袋:89,800円(税抜)
  • 基本機能充実406ℓ冷蔵庫福袋:99,800円(税抜)
  • 美しいガラスドア406ℓ冷蔵庫福袋:108,000円(税抜)
  • フレンチ6ドア461ℓ冷蔵庫福袋:108,000円(税抜)
  • 奥行スリムタイプドラム式洗濯乾燥機福袋:128,000円(税抜)
  • おうち丸ごと最新家電セット:498,000円(税抜)
  • 豪華絢爛セット:998,000円(税抜)

「iPad福袋」や「Surface福袋」など、ビックカメラの福袋と名前も価格も同一の物がありました。
コジマはビックカメラグループの家電量販店のため、ビックカメラと同じ内容の福袋を販売した可能性がかなり高いです。

2020年のコジマの福袋も、ビックカメラと同様の物が売り出される可能性があります。
ビックカメラのふくぶくろと比べると競争率が低いはずなので、コジマの福袋はかなり狙い目かもしれません!

コジマ 福袋のまとめ

コジマの福袋はお手ごろなものから高額なものまで充実していますが、全体的に価格以上にお得な内容のものばかりです。

一部のラインナップが親企業であるビックカメラと同じ可能性も高いので、
初売りの殺人的な混雑がつらい方は、コジマの福袋を狙うのがオススメですよ!

スポンサーリンク

-その他

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.