iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

「iPhone XS」どのカラーを買う(買いたい)?

View Results

Loading ... Loading ...

ガジェット

日本TELEC認定付/CHUWIおすすめノートパソコン・タブレットの紹介

更新日:

昨今、中華製のスマートフォン、タブレット、ノートパソコンの勢いが増してきています。その中でもCHUWI社の中華ノートパソコンやタブレットは性能のわりに安価でコスパが良いと日本国内でも好評。

しかしながら、日本国内で中華タブレットなどを利用して通信するには技適マークがついていないと不安と感じる人も少なくないはず。

そこで本記事では、日本TELEC認定付きのCHUWIおすすめノートパソコン、タブレットをご紹介します。

スポンサーリンク

日本TELEC認定とは

国内で販売されている無線機能を搭載しているデバイスは、基本的に電波法の技術基準をクリアし、技適マークが付けられています。その電波法の違法に触れないかを審査する期間が「日本TELEC認定」となります。

日本TELECの試験に合格した場合、国内で使っても問題ないという認証番号を取得することができるようになります。

今回紹介するCHUWIのノートパソコンやタブレットは、この日本TELEC認定付きのデバイスとなっているので、国内で使用しても問題ありません。

CHUWI/おすすめノートパソコン

まずはCHUWIの日本TELEC認定付のおすすめノートパソコンを何点かご紹介します。

【CHUWI】Hi13 CWI534

キーボードを把持して使える2 in 1タイプのタブレットPCです。13.5インチかつ3000×2000の3K解像度を採用することで、ノートパソコンながら高精細な映像を楽しめるように。メモリ4GB、内部ストレージが64GBとノートパソコンとしては若干ストレージ容量が少なく感じますが、外部ストレージやオンラインクラウドサービスを利用すれば内部容量の節約は可能です。

CPUには3万円~4万円付近のノートパソコンに採用されやすい「Intel Apollo lake Celeron N3450」を搭載。しかし、ネットサーフィンや動画視聴、文書作成であれば問題なくこなせるCPU性能です。

Hi13 CWI534のサイズは横33.20 x 縦22.00 x 厚さ0.80 cm、重量が約1.1kgと非常にコンパクトで軽いため、持ち歩きもしやすいでしょう。スタイラスペンを使うことで簡単なメモを取ることも出来る万能ノートパソコンです。販売価格は約34,000円。

【CHUWI】LapBook 12.3 CWI535

12.3インチの2K解像度2736×1824を搭載したCHUWIのリーズナブルなノートパソコン。どことなくMacBook Airに近いデザインをしていますが、こちらはWindows10が搭載されています。

CPUにはHi13 CWI534と同じく「Intel Apollo lake Celeron N3450」を搭載。メモリ容量が6GB、内部ストレージが64GBと作業領域は十分確保されているため、CPUの性能範囲ならば快適な動作が期待できます。USBポートは3.0と2.0の2つ、さらにはmini HDMIやイヤホンジャックなどが備え付けられています。

横29.9 x 22.2 x 厚さ1.75 cm、本体重量が約1.38kgと若干厚さと重量が増えています。表面がメタルボディのため重くなっていますが、見た目はオシャレでカッコイイと高評価です。販売価格は約35,000円とお買い求めやすい値段となっています。

【CHUWI】Lapbook Air CWI539

メモリ8GB、内部ストレージが128GBと5万円程度で購入できるノートパソコンの中では大容量。価格が安いため、CPU性能はそこまで高くない「Intel Apollo lake Celeron N3450」が搭載されています。

ディスプレイサイズは14.1インチと若干大きめですが、解像度は1920×1080のFHD仕様に。Lapbook Air CWI539はタッチパッドの使いやすさや機能面が充実しているため、マウスレスでの操作が楽です。バッテリー容量も5,000mAhと大きく、通常の使い方をすれば電源なしで8時間は利用可能です。

サイズは横32.92 x 縦22.05 x厚さ 2.05 cm、重量約1.74kgと若干大きく重め。

CHUWI/おすすめタブレット

次にCHUWIの日本TELEC認定付のおすすめタブレットを何点かご紹介します。

【CHUWI】Hi10 Plus CWI527  タブレット キーボード付き

10.8インチの大型タブレット。解像度は1920×1280のFHD仕様となっています。Hi10の特徴は、Windows 10とAndroid 5.1の両OSを利用できるデュアルOS機能。ワードやエクセルなどの作業をWindowsで行い、Android OSではゲームアプリなどを楽しんだりと使い方を分けることができます。

また、メモリ4GB、内部ストレージ64GBとタブレットとしては合格点。CPUが「Intel Cherry Trail x5-Z8350 」と若干残念ですが、激しい処理をしない場合は問題なく動作するでしょう。

サイズは横27.50 x 縦18.40 x 厚さ0.80 cm、重量が約1.16kg。販売価格は約21,500円となっています。

【CHUWI】SurBook CWI538 タブレット

タブレットとしてもノートパソコンとしても使える2 in 1他プレットPCです。名前が若干Surfaceっぽいところもあり、見た目もSurfaceそっくりです。1024レベルの筆圧感知が可能な専用のスタイラスペンを用いることで、ディスプレイに直接文字やイラストを書くことが可能です。

等タブレットPCはスタンドがついており、最大125度まで開くことが出来ます。12.3インチの2K解像度2736×1824のIGZOディスプレイは映像が鮮明に見えるだけでなく、スムーズなスクロールも可能になっています。

メモリ6GB、内部ストレージ128GBと十分かつ、サイズが横29.30 x 縦20.00 x 厚さ1.50 cm、重量が約1.04kgとやや軽めなデバイスに。販売価格は約49,000円となっています。

【CHUWI】SurBook Mini CWI540  タブレット

CWI538より一回り小さい2 in 1タブレットPC。こちらも125度まで曲げられるスタンドがついており、専用のスタイラスペンを使って直接ディスプレイに字を書き起こすことが可能です。

Windows 10を搭載しており、CPUには「Intel Celeron N3450 」を採用。メモリも4GB、内部ストレージ64GBと若干物足りませんが、文書作成やネットサーフィン、動画視聴程度なら問題ないスペックです。

画面サイズは10.8インチの解像度1920×1280のFHD。販売価格は約28,000円とかなりリーズナブルお値段になっています。

スポンサーリンク

CHUWIおすすめノートパソコン・タブレット/まとめ

以上、中華メーカーCHUWIのおすすめノートパソコン、タブレットの紹介でした。

今回は日本TELEC認定付きのデバイスなので、国内で安全安心に利用することが可能です。最近の中華デバイスはデザインも最先端で、性能の割に値段が安く、非常にコスパが良くなってきています。

スポンサーリンク

-ガジェット
-CHUWI, タブレット, ノートパソコン, 日本TELTEC認定

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.