iPhone・iPad

iPhoneSE(第二世代)はライトユーザーこそ買うべき!性能と評価の真実

投稿日:

今年の4月にiPhoneSE(第二世代)が発売予定です。
買い替えを考えられている人、気になる人に向けて、iPhoneSEはどんな機能があるの? 値段は高いの?
そんなiPhoneSE(第二世代)に関して質問に答えていきます。

iPhoneSE(第二世代)の登場は「無駄な機能はいいから安くして」「一つのiPhoneを長く使いたい」
その要望をすべて叶えます。

iPhoneSE(第二世代)とは何なのか?

iPhoneSE
引用元:iPhone - Apple(日本)

一言で言えばライトユーザー向け最高峰のiPhoneがiPhoneSE(第二世代)となります。

最新の技術を内包しながらお求めやすい価格で販売されているのがこのiPhoneSEの最大の特徴といえます。
ここでは簡単にiPhoneSE(第二世代)の特徴を紹介しましょう。

iPhoneSEの特徴①本体サイズ

本体サイズはiPhone8同様のサイズで、ぎりぎり片手で操作できるサイズです。

iPhoneSEの特徴②価格

iPhoneで5万円を切るものはなく高額なのものばかりでした。
そこで無駄なものを排除し徹底的にライトユーザー向けの料金にしたのがiPhoneSE(第二世代)です。

iPhoneSE特徴③性能

内臓されているカメラ機能やチップです。
低価格でありながら、機能面ではスマホの中でも最速のチップが使われています。

iPhoneSE特徴④ホームボタンの有無

現在、市場に出ているものの多くはホームボタンがありませんが、今回で復活したのも特徴でしょう。

iPhoneSE特徴⑤イヤホンジャックの消失

iPhoneSE(第二世代)はサイズ、形、重さともに、iPhone8を踏襲しています。
iPhone8がイヤホンジャックがなかったように、iPhoneSE(第二世代)にも存在しません。
(iPhone8と同じならライトニング端末でしょう)

iPhoneSE特徴⑥耐水性の有無

iPhoneSEは耐水性能があり、最大水深1メートルで30分間の入水に耐えます。
水、お茶、炭酸なども問題ありません。

以上がiPhoneSE(第二世代)の主な特徴を簡単に解説したものです。概要は掴めてきたでしょうか。
では詳しく解説していきます。

iPhoneSE(第二世代)をライトユーザーが買うべき理由の紹介

iPhone
引用元:iPhone - Apple(日本)

基本的にお金に余裕がある方でないとiPhoneという高額なものは簡単に買うことは難しいでしょう。
だからこそ、ライトユーザー向けであるiPhoneSE(第二世代)は今後iPhoneユーザーには重宝されるます。

ライトユーザーにとってiPhoneを購入するときに気にする部分は以下の4点です。

  • 価格
  • 容量
  • 機能
  • サイズ

iPhoneSE(第二世代)は上げた4つの点で3つは良い評価があります。
この評価はiPhoneSE(第二世代)がスマホ業界に大きな衝撃を与えた要因です。

ではiPhoneSE(第二世代)の評価についてご説明していきます。

iPhoneSEの高評価を解説

iPhoneSE
引用元:iPhone - Apple(日本)

iPhoneSEは発売前から様々な評価がありました。
iPhoneSE(第二世代)を購入される方はどうしても気になるところだと思うので、はじめに高評価を受けている理由を解説していきます。

iPhoneSEが高評価な理由①価格

iPhoneの価格は前述した通りiPhone6以降高騰していました。
高騰が原因でライトユーザー離れを起こしていました。

だからこその今回の価格はライトなiPhoneユーザーにすれば嬉しい価格であると言えます。

iPhoneSE引用元:iPhone - Apple(日本)

iPhoneSE(第二世代)
GB数 価格
64GB ¥44800(税別)
128GB ¥49800(税別)
256GB ¥60800(税別)

これまで買い替えには最低でも8万ほど必要でしたが、今回の価格は非常にお求めやすい価格でしょう。
特殊な機能が必要でない方は買い替えをおすすめいたします。

iPhoneSEが高評価な理由②容量

iPhone
引用元:iPhone - Apple(日本)

iPhoneSE(第二世代)の容量は価格とともに記載いたしましたがもう一度紹介します。
基本が64GB~です。
3つの容量によって値段は変わってくるのでご自身の使い方で選ぶのがいいでしょう。

64GB、128GB、256GBと選べるのですがどうしたらいいのか、と迷われている方のために容量を選ぶ際の気を付ける点を紹介しましょう。

【GB】
GBはiPhone内で保存できる容量のことを指します。

64GBの場合
64GBすべてを写真や音楽に使うと下記のとおりです。
写真(約51200枚分)音楽(約6400曲分)

256GBの場合
256GBすべてを写真や音楽に使うと下記のとおりです。
写真(約204800枚分)音楽(約25600曲分)

アプリ(ゲームアプリなど)をたくさんインストールしている人や写真、音楽、映画などのコンテンツをたくさん持ちたいユーザーはGBが多いほうが良いでしょう。

iPhoneSE(第二世代)は128GB¥49800(税別)です。
5000円高いモデルは倍の124GBなので、容量が不安な人はそちらを選ぶのがおすすめです。

iPhoneSEが高評価な理由③機能

iPhoneSEのボディに載せたのは、iPhone11Proの頭脳。つまり、A13Bionic。スマートフォンの中でも最速のチップです。アプリを起動する。最新のゲームで遊ぶ。新しい方法で仕事をする。拡張現実の世界に飛び込む。どんな時でも、すべてが流れるような体験になります。
引用元:iPhone - Apple(日本)

iPhoneSE(第二世代)の評価が高い理由はこの機能面が優れているところが起因しています。

iPhoneSE(第二世代)にはiPhone11PROと同じチップが使われているのです。
iPhone11PRO※写真はiPhone11PROの本体と価格
引用元:iPhone - Apple(日本)

利用されているのはA13 Bionicというチップです。

このチップを簡単に言わせていただくと、iPhoneの『処理速度の向上』です。
ダウンロードなどのスピード向上はもちろん、消費電力の削減、写真や画像の描写が向上と、すべてのスペックが底上げされたのです。

iPhone11PRO(¥106,800 税別~)と同じチップなので現在のスマホ内では最速の処理速度を誇っています。
ネットを見る際も、アプリをおとす際も、驚くほどさくさくの操作が可能でしょう。

iPhoneSEが高評価な理由④バッテリー

iPhoneSE バッテリー
引用元:iPhone - Apple(日本)

iPhoneSE(第二世代)はサイズ、重さなど同様にバッテリーもiPhone8を踏襲しています。

バッテリーはiPhone8と同じなのです。しかし、「処理速度の向上」お伝えした通り、消費電力の削減がされているので、iPhone8よりバッテリーが向上していると考えられます。

appleによるとこう記されています。

一気見できるバッテリー駆動時間。
ドラマや映画の世界を次から次へと楽しめるように。iPhone SEなら、
1回の充電でビデオを最大13時間再生できます2。充電が必要になったら、
ワイヤレス充電器の上に置くだけ。18W高速充電アダプタを使った場合は、
ゼロから最大50パーセントまで30分で充電できます。
引用元:iPhone SE - Apple(日本)

バッテリー普段、毎日動画を13時間見ている。という人以外はそこまで(ほんとうにそんな人がいればですが)不備なく使えるものだと思います。

iPhoneSEが高評価な理由⑤ホームボタン

iPhoneSE(第二世代)が高評価な理由の大きな一因が、ホームボタンです。
iPhoneSE
引用元:iPhone - Apple(日本)

iPhone10以降はFace ID という機能でロック解除になっていました。
Face ID は顔認証システムなのですが、暗い場所やマスクを着けえている場合は認証され難いという欠点があります。
その不満点が解消されたのもiPhoneSE(第二世代)が高い評価を受けているところでしょう。

iPhoneSEが高評価な理由⑥拡張現実システム

iPhoneSE
引用元:iPhone - Apple(日本)

拡張現実とは現実世界にあるものを測定が可能になります
また測定したものを例えば、夜空の星を映しながら、そこに星座を描くことが可能になります。

iPhoneSE(第二世代)が高評価な理由⑦オーディオの共有とデュアルSIM

iPhoneSE引用元:iPhone - Apple(日本)

オーディオの共有はiPhone1台に2組のAirPodsなどの機器を同時にペアリング可能にします。
※これはAirPodsまたはBeatsヘッドフォンを持っている前提になります。

デュアルSIMは2つの電話番号を1台のiPhoneで取得可能にしたものです。
仕事用とプライベート用に電話番号を使い分けることが可能になります。

iPhoneSEの低評価を解説

iPhoneSE
引用元:iPhone - Apple(日本)

次にiPhoneSE(第二世代)が低評価を受けている理由も説明していきます。
iPhoneSEのマイナス面をしっかり理解したうえでご購入ください。

iPhoneSEが低評価な理由①サイズ

iPhone
ここからはネットでの前評判から評価が良くなかった点がいくつかありましたので紹介していきます。

iPhoneSE(第二世代)のサイズです。
前回発売されたiPhoneSEは片手で操作できるもので、iPhoneSEは人気がありました。
しかし、今回発売されるiPhoneSE(第二世代)はiPhone8使用です。

片手で操作できるギリギリのサイズでしょう。特に女性ですと少し扱いずらい可能性があります。

前回のiPhoneSEの利点が反映されなかったのがiPhoneユーザーからは不評だったようです。

iPhoneSEが低評価な理由②イヤホン

iPhone
iPhoneにはイヤホンジャックといわれるイヤホンを差し込む穴がありました。
しかし、iPhone7以降はイヤホンジャックが廃止されたのです。

今回のiPhoneSE(第二世代)も同様にイヤホンジャックはありません。では音楽を聴きたい場合や動画を見たい場合などはどうすればいいのか。
実は充電器差しこみ口がイヤホンジャックの代わりになります。

ただ、従来のイヤホンをiPhoneSE(第二世代)で使うことは可能です。
変換ケーブルが同梱されていますので、手持ちのイヤホンを使いたい人は対応可能です。

iPhoneSE(第二世代)カメラ機能の評価

iPhoneSEカメラ
引用元:iPhone - Apple(日本)

iPhoneSE(第二世代)のカメラは、機能が向上したおかげで性能は格段に上がっています。しかし、不評もありました。

カメラの高評価、低評価を簡単解説していきます。

iPhoneSE(第二世代)のカメラ高評価な理由

今回はiPhoneSE(第二世代)はiPhone11PROのチップ内蔵されています。カメラ性能は価格以上の性能が詰め込まれているのです。

特筆すべき機能を紹介していきましょう。

深度コントロール

iPhone
引用元:iPhone - Apple(日本)

撮影後、撮影前でも背景のぼかしを簡単に調整できるカメラ機能です。

ポートレートライティング

まるでスタジオで撮影したような仕上がりになるエフェクトが6つ用意されています。

【スタジオ照明】
iPhone
引用元:iPhone - Apple(日本)

【自然光】
iPhone
引用元:iPhone - Apple(日本)

【輪郭強調照明】
iPhone
引用元:iPhone - Apple(日本)

【ステージ照明(モノ)】
iPhone引用元:iPhone - Apple(日本)

【ステージ照明】
iPhone
引用元:iPhone - Apple(日本)

【ハイキー照明(モノ)】
iPhone
引用元:iPhone - Apple(日本)

次世代のスマートHDRが写った顔を認識。その明るさを賢く調整し、輪郭と肌の
トーンをより自然にとらえます。同時に背景のハイライトとシャドウのディテールも調整。写真のあらゆる部分が美しく引き立つ理由です。
引用元:iPhone - Apple(日本)

超高解像度のビデオ

さらにiPhoneSE(第二世代)は4Kでのビデオ撮影が可能です。

通常のスマホカメラの4倍、細部まで綺麗に撮影可能です。

先ほどの写真同様に光や影の部分も綺麗に映し出すことが可能でしょう。

QuickTake

写真から動画への切り替えを簡単にします。

クイックテイクは例えば、赤ちゃんの可愛い写真を撮影しようとした時、動画にしたい。そう思った時に使える機能です。

写真撮影から動画撮影にしたい時、シャッターを長押しするだけで切り替え可能になっています。

以上がiPhoneSE(第二世代)に内蔵されている機能で高評価なものです。

iPhoneSE(第二世代)のカメラ低評価な理由

価格以上のカメラ機能があるので、低評価がなぜあるのかが謎な部分ではあります。
低評価を調べてみるとiPhoneのヘビーユーザーには少し不満が残るカメラ機能なのだと分かったのです。

ナイトモード非対応であることです。
iPhone
ナイトモードoff ナイトモードon

ナイトモードとは『iPhone 11』『iPhone 11 Pro』『iPhone 11 Pro Max』に搭載されたカメラ機能です。

夜間といった暗い場所でも被写体を鮮明に撮影できる機能で、星、月、花火など暗い場所でこそ美しく見える、そういった写真を撮りたい方には重宝される機能です。

しかし、この機能も写真をそこまで撮らないユーザーにはマイナスにはならないでしょう。

iPhoneSE(第二世代)とAndroidどちらがいい? 買い替えるべき?

iPhone or android

引用元:iPhone - Apple(日本)
引用元:Androidのスマートフォン 最新人気機種ランキング

Androidユーザーで、今回発売されるiPhoneSE(第二世代)に買い替えようかと悩まれている人もいるでしょう。

iPhoneとAndroidで性能に大きな差はありません。ただそれぞれに特徴があるのも事実です。

そこでiPhoneとAndroidの特徴を簡潔にわかりやすく解説します。

自身がスマホに何を求めているのかを考えて、購入を決めましょう。

iPhoneが持つ優れている特徴

iPhoneSE引用元:iPhone - Apple(日本)

iPhoneは日本では多くのユーザーが使用しており、新しいiPhoneが出るとニュースで取り上げられるほど、人気があります。

では、iPhoneの優れた点を簡単に紹介していきましょう。

【iPhone】安全面が優れている

iPhoneはアプリをダウンロードする際にApp Storeからしかできません。

しかし、androidはGoogle Playストア以外からでもダウンロードが可能なため、悪質なアプリをダウンロードする可能性があります。

さらに、iPhoneは古い機種でも最新のIOSでサポートされますが、androidは新しい機種でないと最新のサポートが受けられなく、堅牢なセキュリティを確保できません。

【iPhone】簡単な操作が優れている

カメラの使いやすさ、データのバックアップや音楽の管理などが簡単に行えます。

一度バックアップを取れば、データの復元が簡単に行えるのが利点でしょう。

また日本ではiPhoneユーザーが非常に多いので、気になる情報は調べれば簡単に分かるのも日本ならではの利点ではあります。

androidが持つ優れている特徴

android引用元:Androidのスマートフォン 最新人気機種ランキング

androidは豊富な種類とカスタマイズ性があり、世界ではiPhoneに匹敵する人気があります。

では、androidの優れた点を簡単に紹介していきましょう。

【Android】片手操作が優れている

Androidは片手での操作性に力を入れています。一つはジェスチャーアプリの充実。

ホーム画面でフリックする方向によって登録したアプリなどに移動することができるのです。

画面が大きい分このジェスチャー機能が充実していると利便性は高まります。

もう一つはandroidのサイズが豊富な点。androidは種類が豊富で大きいものもあれば、片手で操作できるサイズもある。

サイズの自由度が利点でしょう。

【Android】対応する電子マネーの豊富さが優れている

AndroidはモバイルSuica、iD、QUICPay、楽天Edy、nanaco、WAONなど様々な電子マネーを対応しています。

これはAndroidがアプリ間の連携を強めた影響でしょう。

ちなみにiPhoneはSuica、QUICPay、iDのみです。

(PayPay、LINEPay、楽天ペイといったQRコード決済サービスはiPhoneでも使用可能)

【Android】価格の種類が優れている

androidは高性能で低価格の機種を発売しています。

30000円台で高性能androidを購入することが可能です。

ただ高性能ではありますが、指紋認証が悪かったり、ストレージ容量が少なかったりと、欠点部分があります。

iPhoneSE

iPhone SE

android

android

安全性 高い 低い
簡単な操作性 簡単 難しい
片手での操作性 難あり 安易にできる
対応電子マネー 少ない 豊富
価格 高額が多い 1万~10万まであり豊富

安さだけを重視するならandroidがおすすめでしょう。

安全性や簡単な操作性を選ぶならiPhone。利便性や安さだけを選ぶならandroid。

ただお伝えした通り、iPhoneSE(第二世代)はiPhone11PROのチップが使われています。格安で安全性のある最速機能が欲しいなら買い替えるべきです。

iPhoneSE(第二世代)のおすすめする理由とまとめ

iPhoneSE(第二世代)の主な特徴をご説明させていただきました。

今回のiPhoneSE(第二世代)はヘビーユーザーには不満が残るものの、ライトユーザーは大満足できるiPhoneでしょう。

iPhoneSE(第二世代)を持つべき理由ですが、今までの評価を踏まえて、さらに未来にも適応できるという点も挙げられます。

iPhone SEは最新の機能はもちろん、まだ生み出されていない機能にさえ対応できるように作られています。だからダークモード、Siriショートカット、進化した写真アプリを今すぐどうぞ。これから登場する機能もしっかり活用でき、セキュリティアップデートも将来にわたって行えます。
引用元:iPhone - Apple(日本)

iPhone公式サイトに書いてある通り、iPhoneSE(第二世代)は未来で起こるであろう未知の機能にも、アプデートにも対応できるように作られています。

買い替える予定がある人は、格安で最新のiPhoneを手に入れる機会を逃さないようにしましょう。

iPhoneSE(第二世代)は赤、白、黒とあります。
iPhoneSE引用元:iPhone - Apple(日本)

新しい技術、美しい世界、それらを作り、保存する。生活の一部であるスマホを変えることで自身の世界をアプデートしましょう。

iPhoneSEはソフトバンクのオンラインショップからも購入可能です。

ソフトバンクオンラインショップへ

-iPhone・iPad
-iPhoneSE

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.