【比較】iPhone 8とiPhone 7どっちを買うべき?2つを購入してわかったこと

2017年9月22日、ついにiPhone 8およびiPhone 8 Plusが発売されました。筆者は今回もアップルストア経由でiPhone 8を予約注文し、発売日当日無事にiPhone 8が届きました。

筆者は迷わずiPhone 8を購入しましたが、もしかするとiPhone 8とiPhone 7はそこまで大きな変化はないし、高い金額を払ってiPhone 8を買う必要はないのでは、iPhone 7で十分なのでは、と思っている方も少なからずいるでしょう。

そこでこのページでは、実際にiPhone 8とiPhone 7を実機で比較してみました。どっちを買おうか迷っている方の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

iPhone 8とiPhone 7の比較ポイント

まず2つを手に持って使ってみた感想は、そこまで大きな差は感じないということです。しかし、それでもCPUやカメラ性能などのスペックが単純に上がっているので、今回は次のポイントで比較していきます。

  1. 外観
  2. スペック
  3. カメラ性能
  4. ベンチマーク

外観に関してはそこまでですが、「カメラ性能」「ベンチマーク」の2つに関しては格段と良くなったと言われているので、この2つは特に比較ポイントとしてチェックしていただきたいです。

iPhone 8とiPhone 7の外観で比較

まず最初にiPhone 8とiPhone 7の外観を比較していきます。

正面からiPhone 8とiPhone 7を撮影してみました。iPhone 7のカラーがジェットブラック、iPhone 8がシルバーなので少しわかりにくいですが、正面から見た感じでは、ほとんど差を感じません。

ディスプレイサイズも同じですし、ホームボタンも物理ボタンのように押し込むタイムではないところも同じ。振動の強さや感度なども同様に設定から調整することが可能です。若干ですが、iPhone 7のほうがボタンの凹みが大きいかなという印象も。

背面を比較していきます。iPhone 7では背面に「総務省」のマークがうっすらついていたのですが、iPhone 8では「りんごマーク」「iPhoneロゴ」の2つだけがついているスッキリとしたデザインに。総務省マークとはなんだったのか。当時凄く不評だったということは覚えています。

背面の違いは、表面がガラスであるかそうでないかの違いです。iPhone 8からは背面がガラスになっています。

側面に関してはiPhone 8の場合アルミフレームとなっており、全面ガラスというわけではありませんでした。iPhone 7の側面は、背面と繋がっているのでアルミフレームではなかったです。

最後にボタン配置について。ボタン配置はiPhone 8もiPhone 7も同じ配置になっています。外観に関しては正面から見るとほとんど変わらない、しかしながら背面はガラス、側面はアルミフレームとなっているのがiPhone 8の特徴かなと感じました

iPhone 8とiPhone 7をスペックで比較

次はiPhone 8とiPhone 7のスペックを比較していきます。

iPhone 8 iPhone 7
ディスプレイ 1,331 x 750(4.7インチ)
326dpi
True Tone ディスプレイ
1,334 x 750(4.7インチ)
326ppi
3D Touch
CPU Apple A11 Apple A10
ストレージ 64/256GB 32/128/256GB
バックカメラ 約1200万画素
(F値1.8)
約1200万画素
(F値1.8)
フロントカメラ 約700万画素
(F値2.2)
約700万画素
(F値2.2)
ビデオ撮影 4K撮影(24/30/60fps)
1,080p 30/60fps
4K撮影(30fps)
1,080p 30/60fps
SIMサイズ nanoSIM nanoSIM
Apple Pay
防水/防塵 IP67 IP67
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
サイズ 幅:67.3mm
高さ:138.4mm
厚さ:7.3mm
幅:67.1mm
高さ:138.3mm
厚さ:7.1mm
重量 148g 約138g
カラー スペースグレイ
ゴールド
シルバー
ローズゴールド
ゴールド
シルバー
ブラック
ジェットブラック
RED

iPhone 8とiPhone 7のスペックを比較してみました。サイズ的には若干iPhone 8のほうが大きくなっていますが誤差の範囲内でしょう。重量に関しては10gも重くなっています。CPUがA11にあがったことにより、ベンチマークがiPhone 7の約2倍ほど伸びたと、海外のリーク情報で目にしたことがあります。果たしてその噂は本当なのかも、今回の比較で紹介していきます。

True Tone ディスプレイとは、iPhoneに搭載されるのは初めてで、iPad Proに搭載されていたディスプレイです。このディスプレイは次のように説明がされています。

異なる環境でも色が一貫して表示されるように、環境光の状況に応じてディスプレイが自動的に調整されます。これは後で”画面表示と明るさ”で変更できます。

つまり、周りの光に合わせてディスプレイを調整して、いつでもどの環境でもiPhoneの画面を同じように見ることが出来るという優れた調整機能です。説明にあった通り、設定アプリの「画面表示と明るさ」からオンオフの切り替えが出来ます。

そして今回から、Bluetoothの規格が5.0となりました。今までのiPhoneやスマホは第4世代のBluetooth4が主流でしたが、今後はスマホ業界もこのBluetooth規格を5.0にしていく可能性がでてきました。Bluetoothのバージョンの違いについては下記記事を参考にしてください。

→ Bluetoothのバージョンの違いを説明。イヤホン等の選び方には注意を

iPhone 8とiPhone 7のカメラ性能を比較

iPhone 8はカメラ性能が上がったと数々のニュースサイトで言われています。

参考:http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/1081356.html

しかし、先程スペック表を見てもらった通り、画素数もレンズの性能も変わっていないことがわかります。デュアルレンズも Plusでの話なので、そこまで大きな違いがでるのか疑心暗鬼になってしまいます。

そしてニュースサイトで言われていたのは、「明るい場所だとそこまで違いはないが、暗い場所だと写真の写りがだいぶ変わってくる」とのことです。果たしてこれは本当なのかを、iPhone 8とiPhone 7で同じ被写体を用いて撮影して比較していきたいと思います。

それぞれカメラ機能をデフォルトの状態にして撮影して比較しています。

下記は真っ昼間の晴天の日に撮影した写真です。

明るい場所での撮影ですと、iPhone 8もiPhone 7も対して差を感じません。これはリーク通りの評判ですね。しかし、どちらも明るさや色合いが悪くないのですが、iPhone 8の方がわずかながら発色が良い感じにも思えます。

次はもっと陽の光や影がわかりやすいところで撮影してみました。この写真は差がわかりやすいかもしれません。iPhone 7では陽の光が当たっている葉っぱの部分に陰影が曖昧な感じがしますが、iPhone 8では陰影がくっきりと表現されています。

リーク通り、カメラ性能はiPhone 8のほうに軍配が挙がると言えます。

筆者は特にカメラの調整などをせずにデフォルトの状態で撮影したのですが、結構な差が出ていると感じました。「誰でも簡単にきれいな写真が撮れる」というのがiPhoneのカメラの特徴でもあるかもしれません。

iPhone 8とiPhone 7のベンチマークを比較

ベンチマークを比較していきます。リーク情報では、iPhone 7にマルチコアでのスコアで2倍ほどの差をつけているようでしたが、果たして本当なのかを確かめてみます。

今回ベンチマーク測定に使ったアプリは「GeekBench 4」となります。実際に2つのスコアを測ってみた結果はコチラ。

シングルコアでも差をつけていますが、それ以上にマルチコアでの差が本当に2倍近くありました。かなりCPU性能が成長しているとは聞いていましたが、これは予想以上です。

実際にこのスコアがどのくらい凄いのかというと、現在のiPhone、iPadの中で最高のスコアです。iPad Proにも二倍以上の差をつけています。

おそらく、今話題の端末スペックを試されるリネージュなどもヌルサクで快適に動くのではないでしょうか。

また、デバイス自体のスコアはどんなものかもGeekBenchで計測。こちらもiPhone 7に圧倒的なスコア差をつけております。

iPad ProとiPhone 8のデバイススコアに差がほとんどないのは大きな進化かと思います。

iPhone 7とiPhone 8にはあまり差がないと思っていたのですが、実際にベンチマークを測ってみると、性能差は大きく異なりました。このスペックをフルに活用する場面は少ないかもしれませんが、今後のゲームアプリ業界もガンガン高負荷のゲームを取り入れて来る可能性は出てきました。

iPhone 8はワイヤレス充電ができるぞ!

最後におまけの機能を紹介!

iPhone 8ではワイヤレス充電に対応しました。Qi対応のワイヤレス充電器を使えばライトニングケーブルなしで充電が出来るようなっています。

今回使ったワイヤレス充電器は「急速ワイヤレス充電器 Thinkbee Qi」となります。下記記事にてレビューをしていますので、iPhone 8用のワイヤレス充電器をお探しの方は参考にしてみてください!

→ 【レビュー】急速ワイヤレス充電器 Thinkbee Qiを使ってみた!Galaxyに対応

最後に

以上が、iPhone 8とiPhone 7の性能を実機で比較してみた検証結果でした。

外観はさほど差がありませんが、肝心の中身はパワーアップしているiPhone 8。正直どっちを買えばいいのかは難しい問題かもしれません。型落ちのiPhone 7は安くなると思いますし、でも最新端末を使いたいという気持ちもあるでしょう。

じっくり検討してから購入することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪