iPhone 8(Plus)とiPhone Ⅹの壁紙サイズ、画面サイズまとめ

このページでは、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Ⅹの壁紙サイズと画面サイズをまとめています

今回のiPhone 8とiPhone 8 Plusに関してはiPhone 7、iPhone 7 Plusと同じ画面サイズとなっているため、iPhone 7で利用していた壁紙も問題なく利用可能です。

しかしながら、iPhone Ⅹに関しては形が特殊なため、それに伴って今まで使っていた壁紙のサイズが合わなくなります。また、Webページ閲覧時の適切な画像サイズも変わってくるので、Webサイト制作者は注意してください。

スポンサーリンク

iPhone 8とiPhone Ⅹの画面サイズまとめ

まずはiPhone 8とiPhone Ⅹの画面サイズ、およびブラウザサイズについてまとめました。前機種のiPhone 7と一緒に確認してみてください。

画面サイズ(ピクセル) ブラウザサイズ(ピクセル)
iPhone Ⅹ 2436 x 1125
iPhone 8 Plus 1920 x 1080 736 x 414
iPhone 8 1334 x 750 667 x 375
iPhone 7 Plus 1920 x 1080 736 x 414
iPhone 7 1334 x 750 667 x 375

iPhone Ⅹは歴代iPhoneの中で最も大きな端末で、その画面サイズは5.8インチ(2436 x 1125)となっています。iPhone 8およびiPhone 8 Plusに関しては画面サイズもブラウザサイズもiPhone 7時代と変わりありません。

画面サイズとブラウザサイズの違いですが、ブラウザサイズは実際に画面上に表示される画面の大きさを指します。Webデザインをする際はこのブラウザサイズではなく画面サイズに合わせて作る方が良いです。

その理由は、iPhoneはRetinaディスプレイを使っているため、ブラウザサイズ等倍率の画像ですとどうしても画像が荒くなってしまうからです。Webサイト制作者は注意しましょう。

iPhone 8とiPhone Ⅹの壁紙サイズまとめ

壁紙サイズ(ピクセル) アスペクト比
iPhone Ⅹ 2436 x 1125 2:1
iPhone 8 Plus 1920 x 1080 16:9
iPhone 8 1334 x 750 16:9
iPhone 7 Plus 1920 x 1080 16:9
iPhone 7 1334 x 750 16:9

iPhone 8はiPhone 7同様の壁紙サイズとなっております。ただし、これはiPhoneの視差効果を意識しない場合の適切な壁紙サイズですので、もし視差効果を意識するのでしたら、アスペクト比を維持した状態で大きめの画像を用意する必要があります。

視差効果は「設定アプリ → 一般 → アクセシビリティ」まで進んで「視差効果を減らす」をオンすればOKです。

iPhone Ⅹは唯一アスペクト比が2:1となっているちょっと特殊なiPhoneです。

iPhone 8とiPhone Ⅹにおすすめな壁紙サイト

iPhone 8におすすめな壁紙サイトを何個か紹介します。

こちらはiPhone Ⅹにおすすめな壁紙サイトです。

最後に

以上が、iPhone 8とiPhone Ⅹにおすすめな画面サイズと壁紙サイズの紹介でした。

iPhone Ⅹでの壁紙サイズは歴代iPhoneとは異なるので注意しましょう。歴代iPhoneの画面サイズなどについては下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

参考歴代iPhoneの壁紙サイズ・画面サイズ・ブラウザサイズをまとめて紹介
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪