iPhone X ロック解除方法まとめ|スワイプが面倒な人におすすめな設定方法も

iPhone Xでは物理ボタンがなくなったことにより、認証方法がFace IDを使った「顔認証」がメインとなりました。

今まで物理ボタンに指を押し当てて、指紋認証でiPhoneのロックを解除していたと思います。そこでこのページでは、iPhone Xからはどのようなロック解除方法が存在するのか、それぞれのロック解除方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhone Xのロック解除方法は全部で2つ

結論から言ってしまうと、iPhone Xのロック解除方法は次の2つになります。

  • Face IDを使った顔認証によるロック解除
  • パスコード入力によるロック解除

従来のiPhoneではFace IDによる顔認証の代わりに、物理ボタンに指を押し当てた指紋認証が使われていました。しかし、iPhone Xからは物理ボタンがなくなってしまったので、今回の機種ではロック解除方法が顔認証メインとなります。

iPhone XをFace IDを使った顔認証でロック解除

まずは、iPhone Xを顔認証「Face ID」を使ってロック解除する方法について紹介していきます。

iPhone Xのサイドボタンを押すと、ロック画面が表示されます。

ロック画面ではカギアイコンが表示されていますので、顔を向けてロックを解除を試みます。

カギアイコンが開いた状態になるとロック解除成功なので、あとは画面下からスワイプをしてホーム画面を表示させてください。これで顔認証「Face ID」を使ったロック解除は完了です。

iPhone Xをパスコードでロック解除

次にパスコードによるロック解除方法を紹介していきます。サイドボタンを押し、ロック画面を表示させます。そして、Face IDを通さない状態で画面下から上にスワイプします。

上にスワイプすると、Face IDによるロック解除を催促されますが、それを無視して1秒程待つか一度画面をタップします。

どちらか一方の操作をすると、Face IDによる顔認証ではなく、パスコードによるロック解除を催促されます。

これでパスコードによるロック解除は完了です。

ロック解除時のスワイプが面倒な人におすすめな設定

ここからは余談となりますが、iPhone Xは少し大きいため、画面下から上にスワイプするのが大変な人もいると思います。ロック解除時は毎回スワイプ操作が必要となってきますので辛いところです。

そんな方におすすめな設定が「AssistiveTouch」によるホーム画面遷移方法です。AssistiveTouchでカスタムアクションを設定してあげれば、スワイプなしでロック解除をすることが出来ます。

AssistiveTouchの設定方法

まずは、設定アプリを開き「一般 → アクセシビリティ」まで移動し、AssistiveTouchをオンにします。

AssistiveTouchをオンにしたら画面上に半透明なアイコンが表示されるようになります。あとは、ホームに戻るアクションをカスタムするだけです。

カスタムアクションのデフォルト状態は、「ダブルタップ」が「なし」の状態になっているので、これにアクションを追加します。今回追加するのは「ホーム」です。つまり、半透明のアイコンをダブルタップをするとホーム画面に遷移するようになります。

実際にAssistiveTouchを設定した状態で、スワイプなしでロックを解除してみます。

上記のようにスワイプなしでロック解除出来るようになりました。

AssistiveTouchのデメリット

AssistiveTouchにはデメリットもあります。

それは、半透明のアイコンが表示され続けることです。気にならないという方もいるかと思いますが、なるべく画面内に邪魔なものを置きたくないでしょう。

アイコンの不透明度を調整することは可能ですが、それでもうっすらと残ってしまいます。幸いなことに、スクリーンショットを撮る際はAssistiveTouchのアイコンは写りません。

ロック解除のときだけAssistiveTouchを起動できるようになれば一番良いのですが。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪