iPhone Xスクリーンショットの撮り方や再起動、電源を切る方法についてのまとめ

このページでは、iPhone Xでのスクリーンショットの撮り方と、再起動や電源を切る方法についてまとめています。

iPhone Xから物理ホームボタンが無くなったため、従来の撮影方法を使えないということは周知の事実かと思います。しかし、iPhone Xでスクリーンショットの撮り方が変わったと言っても、そこまで難しい操作は必要ありません。

スポンサーリンク

従来のiPhoneでスクリーンショットを撮るには

従来のiPhoneでは「電源ボタン + ホームボタン」の同時押しで、スクリーンショットを撮ることができました。

しかしながら、iPhone Xではホームボタンがなくなり、さらに電源ボタンという概念もなくなってしまったため、スクリーンショットの撮り方に戸惑ってしまう人もいるでしょう。

iPhone Xでスクリーンショットを撮る方法

1.サイドボタンを使ってスクリーンショットを撮る

iPhone Xではホームボタンが消えたので、両サイドのボタンを使ってスクリーンショットを撮ることになります。撮り方はかんたんで、右サイドボタンと左のボリュームボタンの上のほうを同時押しすることでスクリーンショットを撮ることが出来ます。

これがiPhone Xでのオーソドックスなスクリーンショットの撮り方になるでしょう。

2.AssistiveTouchを利用してスクリーンショットを撮る方法

従来のiPhoneにも搭載されている「AssistiveTouch」というサポート機能を使うことでもスクリーンショットを撮ることが出来ます。本来であればこの機能は、iPhoneのホームボタンの反応が悪くなってきた時に多く用いられます。

しかしながら、iPhone Xからは物理ホームボタンがなくなったため、この機能を使ってスクリーンショットを撮るというのは少なくなるでしょう。

設定アプリ → 一般 → アクセリビリティ」まで進みます。すると、操作という項目に「AssistiveTouch」が存在しますので、これをオンにしてください。

AssistiveTouchをオンにすると、画面上に黒い半透明のアイコンが出現します。タップするとスクリーンショットという項目があるので、これを選択することで現在の画面上のスクリーンショットを撮ることが出来ます。

AssistiveTouchの項目は設定メニューからカスタム可能です。また、半透明のアイコンをもっと透過したい場合は、AssistiveTouchメニューの「待機状態時の不透明度」を調整してあげてください。

3.アプリを使ってスクリーンショットを撮る方法

その他にもアプリを使ってスクリーンショットを撮る方法があります。アプリを使ってスクリーンショットを撮る際のメリットは、縦に長いWebサイトなども1つの写真内に全て収めてくれることです。

画面メモSS」「画面メモ」「Skitch」などがスクリーンショットアプリとしては定番となっています。

今回は例として、画面メモを使ってのスクリーンショットの撮り方を紹介していきます。画面メモはWebページのスクリーンショットを、ページの最後まで撮ることが出来ます。

→ 画面メモのダウンロードはコチラ

画面メモをインストールしたらアプリを起動します。アプリを起動するとおそらくYahoo!のトップ画面が表示されるでしょう。画面メモは言ってしまえばスクリーンショットつきのWebブラウザのようなものです。

保存したいWebページを開いたら右下の「保存する」を押してください。そうするとアクティブ状態になっているWebページが保存されます。保存されたWebページはタップをしてもボタンやリンクが反応しないようになっています。

ちょっと気になるWebページを保存しておいて、オフラインで見る時に使える機能です。

4.SafariならWebページをPDF化できる

※ 2017年11月20日追記

Safariでは、WebページをPDF化出来るようになっています。

これを使えば、前章で紹介した画面メモアプリは不必要になるかもしれません。PDF化したファイルはパソコンに送ったり、共有が可能になっています。

iPhone Xの再起動、電源を切る方法

iPhone Xでは右サイドボタンに電源ボタンぽいものがついていますが、これを長押ししても電源を切ることが出来ません。このボタンを押し続けるとSiriが表示されるようになっています。

そこで今回のiPhone Xからの再起動、電源を切る方法は、「右サイドボタン + 左サイドのボリュームを下げるボタン」を同時に長押しすることに変更となりました。

両ボタンを同時に長押しすることで、「スライドで電源をオフ」「メディカルID」「緊急SOS」の3つが表示されるので、再起動やiPhone Xの電源を切りたい場合は「スライドで電源オフ」を選択してください。

iPhone Xの強制再起動方法

iPhone Xの強制再起動もiPhone 8以前の方法異なります。iPhone Xでは左サイドのボリュームボタンを「上 → 下」の順番に短く押してから、右サイトのボタンを長押しすることで強制再起動がかかります。

iPhone 7では電源ボタンとボリュームを下げるボタン、iPhone 6s以前では電源ボタンとホームボタンの長押しで強制再起動がかかるようになっています。

iPhoneの機種によって強制再起動方法は異なってきますので注意してください。

物理ボタンがないことで少し戸惑う事が多いかも

以上が、iPhone Xでのスクリーンショットの撮り方、再起動や電源を切る方法のまとめでした。

物理ボタンがなくなったことによって、電源の切り方も変わってしまいました。正直な所、電源くらいは1ボタンで落とせるようにして欲しい所もありますが、これが時代の流れというものかもしれない。

コントロールセンターの表示方法も若干変わっていますし、片手では操作しにくい、左利きだと対角線で距離があるため親指が届かないというデメリットも存在します。購入する際は一度店頭でiPhone Xを触ってみてからの方が良いかと思います。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。