iPhone Xの操作方法を徹底解説!新機能の使い方をマスターしよう

2017年11月3日に発売されたiPhone X。M字部分が気になりますが、iPhoneでは初めてのオールスクリーンと有機EL採用のディスプレイとなっており、更には物理ボタンの廃止など今回のiPhoneに関してはだいぶ攻めた一品になったな感じます。

そんなiPhone Xですが、いざ使ってみるとホームボタンがない影響か、操作方法がだいぶ変わっている所があり使い方をまだマスターできていないという方も多いでしょう。

そこでこのページでは、iPhone Xの操作方法を徹底解説していきます。まだまだ新機能の使い方に慣れていない方は必見です。

スポンサーリンク

iPhone X サイドボタンによる操作方法一覧

スクリーンショットの撮影方法

まずは絶対に覚えておきたい操作方法の一つ、iPhone Xによるスクリーンショットの撮り方です。

スクリーンショットはiPhone Xのサイドボタンを使うことで撮影可能です。右側面のサイドボタンを押しながら左の音量を上げるボタンを押すことで簡単にスクリーンショットが撮れます。

今回からホームボタンがなくなったので、その代わりとして音量ボタンが使われるようになっています。

Siriの呼び出し方法

Siriの呼び出し方法についても操作方法を覚えておきましょう。サイドボタンからSiriを呼び出すことが可能ですが、その前にSiriをサイドボタンから呼び出せるように設定を変更しなければなりません。

設定アプリを開き「Siriと検索」画面へ移動。その後「サイドボタンを押してSiriを使用」を有効化させます。設定アプリからSiriを有効化させてサイドボタンを長押しすることで、ロック画面からもSiriを簡単に呼び出すことが可能です。

Face IDの無効化方法

iPhone Xから搭載された顔認証「Face ID」ですが、マスクなどを付けているときは認証が通らなかったり、机の上に置きながら認証を解除しようとしても失敗するなど、まだまだ便利とは言い難い所があります。

そんなときはFace IDを一時的に無効化させて、パスコードのみでロック解除を試みましょう。

右サイドボタンを5回クリックすることでFace IDが一時的に無効となります。

Face IDの難点は写真や作り物のマスクなどでも認証が通ってしまう点です。セキュリティ面を高めるためにも、寝ている間のロック解除は顔認証を通さないように一時的にFace IDを無効化しておくと良いでしょう。

また、ロック画面だけパスコードによる認証を永続して行いたいときは、設定画面からFace IDの設定を変更しましょう。詳しい設定方法は下記記事を参考にしてください。

参考Face IDを設定しないでパスコードのみでiPhoneを運用する方法

Apple Payを呼び出す方法

サイドボタンを使ってApple Payを呼び出すことが可能です。操作はiPhone X以前の方法と変わりありません。

右サイドボタンを素早く2回クリックすることでApple Pay(Walletアプリ)が起動します。決済に使う際は、電子マネーリーダにかざして、Face IDによる顔認証を通すだけです。

電子マネーリーダの位置によっては顔認証が少し大変ということもあります。

iPhone X 画面上での操作方法

次にiPhone Xのロックを解除した後の、画面上での操作方法について解説していきます。

ホーム画面の表示方法

アプリなどを開いた後にどのようにしてホーム画面に戻るかを解説しています。

アプリを立ち上げた状態で、下のバーを目安として下から上へスワイプすることでホーム画面が表示されます。立ち上げていたアプリはバックグラウンドで待機状態となっています。

マルチタスクの呼び出し方法

アプリを立ち上げた後にホーム画面へ戻ると、アプリは裏で待機状態になっています。アプリの待機状態を確認するにはマルチタスク画面を呼び出す必要があります。

iPhoneXを下から上へスワイプするだけではホーム画面が表示されるので、今度はスワイプした後に指をホールド(長押し)した状態にします。すると、軽い振動と共にマルチタスクが表示されるようになります。

マルチタスクが表示されたら、使いたいアプリをタップすることで画面上に表示されるようになります。

起動中アプリの削除方法

マルチタスク画面から、タスクキル(起動中アプリの削除)を行うことができます。

マルチタスク画面にて、アプリを長押しすることでタスクキルが可能となります。タスクキルの方法は「消したいアプリを上にスワイプ」「『-』アイコンをタップ」2つの方法で削除することができます。

タスクキルなどの詳しい方法は下記記事を参考にしてください。

参考iPhone Xでアプリを強制終了、切り替えする方法

コントロールセンターの呼び出し方法

最後にコントロールセンターの呼び出し方法について解説していきます。

コントロールセンターの呼び出し方法は簡単です。右上から左下に向かってスワイプするだけでOKです。しかしながら、左利きの人にとってこのコントロールセンターの呼び出し方は片手では辛いです。おそらく親指が届かないので、両手で操作するか右手で持つかするしかありません。

従来のiPhoneでは画面下から上ヘスワイプすることでコントロールセンターを呼び出せましたが、今回のiPhone Xではその部分を担っているのが、マルチタスクの呼び出しとホーム画面の表示になっています。

他にも細かい新機能が盛り沢山のiPhone X

今回紹介したのはiPhone Xの基本となる操作方法となります。

その他にもアニ文字の使い方や、細かいカメラの使い方なども慣れていく必要があります。ホームボタンの廃止により、これまでのiPhoneで行ってきた操作方法とは異なる動作をしてしまいますので、最初は戸惑うかもしれません。

しかし、1、2週間もすれば慣れると思いますので、iPhone Xを触りまくって操作方法をマスターしていきましょう。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪