iPhone Xでアプリを強制終了、切り替えする方法

このページでは、iPhone Xで起動したアプリを強制的に終了させる方法と、アプリ画面を切り替えする方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

アプリ画面を切り替えする方法

マルチタスク画面(アプリスイッチャー)を表示します。アプリスイッチャーの起動は、画面下から上へゆっくりとスワイプすればOKです。

マルチタスク画面が開いたら、使いたいアプリをタップすることでアプリ画面を切り替えすることが出来ます。

iPhone Xでアプリを強制終了させる方法

まずは、マルチタスク画面(アプリスイッチャー)を表示します。

マルチタスク画面では、起動しているアプリが一覧として表示されます。従来のiPhoneならば、マルチタスク画面が表示されたらアプリを上にスワイプすることでアプリが終了しました。しかし、iPhone Xではこのまま上にスワイプしてもアプリが閉じません。

iPhone Xでアプリを終了させるには、一度マルチタスク画面でアプリを長押しする必要があります。長押しをすることでアプリの左上に「-(マイナス)」の削除ボタンが表示されます。

2種類のアプリ終了方法があり、一つは削除ボタンをタップすること。もう1つがアプリを上にスワイプすることです。いずれもアプリ終了待機状態にしないと閉じることが出来ないので注意してください。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。