iPhone

iPhone XS MAXをレビュー!評判通りの大きさ/iPhone Xと何が変わったのか?

更新日:

2018年9月21日、ついにiPhone XSおよびiPhone XS MAXが日本で販売されました。前作のiPhone Xは大きいサイズのバージョンが販売されなかったプレミアモデルのような立ち位置になっていますが、今回は大きいサイズのiPhone XS MAXが販売されたのでそちらを購入しました。

そこで本記事では、iPhone XS MAXを徹底レビュー。iPhone XS MAXの外観とカメラ機能についてのレビューを中心に、iPhone Xと何が変わったのかをご紹介しています。

スポンサーリンク

iPhone XS MAX:外観を速攻レビュー

開封の儀

今回もキャリアからではなくApple StoreでSIMフリー版を購入。届いた箱を開けると、iPhone XS MAXがポツンと一つだけ入っていました。この時点で箱が大きいなと感じ、ある程度端末もデカイ事を予想。

箱の中身をチェック。いつもどおりのラインナップで、iPhone XS MAX本体に加え、イヤホン・ACアダプタ・ライトニングケーブル・Appleのシールが入っています。

キレイな有機ELディスプレイと全面ガラスの光沢ボディが美しい

今回のiPhone XS MAXも前作同様に、有機ELディスプレイを採用。OLEDは焼付きが起こりやすいと言われていますが、iPhone Xを1年間使った身としてはそこまで心配する必要がないということです。普通の使い方をしていれば画面が焼き付く事はありません。

有機ELディスプレイは表面がツルツルの光沢感が激しいので、当たり前のように自分顔や照明などが映り込みます。それがデメリットではありますが、画面に映し出された映像は非常にキレイなので、アンチグレアフィルムを貼るのがもったいないと感じるかもしれません。

今回はiPhone XS MAXは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色が用意されており、筆者はゴールドを購入。購入の決めてになったのは、前作のiPhone Xでシルバーを選んだこと、ゴールドの人気が出そうだなと感じたからです。

背面が全面ガラスなこともあり、ゴールドカラーがめちゃくちゃ映えます。ギラギラしたゴールドではなく若干白っぽい金色なので、意外と柔らかいカラーに仕上がっているなと感じました。ゴールドカラーにして正解だった。

カメラはやはり出っ張っている

事前のリーク、アップルの発表会でもあったとおり、背面に備え付けられているカメラは端末に埋め込まれていません。多少出っ張っているのでケースを取り付けないとバランスが悪く机の上に置くとカタカタと動きます。

今回のiPhone XSおよびXS MAXのカメラはiPhone X同様の1,200万画素のデュアルレンズを採用。デュアルレンズを搭載することで「ポートレートモード」を使った写真撮影が可能です。

ポートレートモードで撮影をすると、被写体周りのボケ調節ができる上、色彩を再現するスマートHDR機能を使って明るい所や暗い所での撮影もしやすくなっています。

カメラ機能の詳しいレビューは別記事に書く予定です。

側面部分はiPhone Xとほぼ同じ

ディスプレイを正面として、右側にサイドボタン。左に音量を上げる/下げるボタンとマナーモードの切り替えスイッチ。そして下側はライトニングケーブル端子とスピーカーが備え付けられています。

今回のiPhoneもホームボタンおよびイヤホンジャックがなく、Appleとしては完全にこの2つを廃止したんだなと感じました。ホームボタンがないのは最初違和感がありましたが、2~3日すると徐々に慣れて気にならなくなります。

手に持つと大きさを感じる!しかし持ちやすいのは高ポイント

iPhone XS MAXのディスプレイサイズは6.5インチの大画面。サイズは縦157ミリ、幅77.4ミリ、厚さ7.7ミリとかなりのサイズ感というのが数字からも読み取れます。前回のiPhone Xが5.8インチだったので、そこそこサイズアップしているのがわかります。ちなみにiPhone XSは5.8インチです。

実際に手に持ってみると片手では持つことが出来ましたが、親指は反対側の画面端まで届かないことが判明。やはり片手操作派の人はiPhone XSがちょうどいいサイズだったかもしれないと若干後悔。

手に持った時背面はどのように映るかもチェック。ガラスによる光沢感が凄いので、撮影用のiPhone Xがくっきり反射して映っているのがわかります。

M字ノッチは健在!今後ノッチ部分の改良に期待する

iPhone Xの頃から一部の方から不評だった「ノッチ」。M字ハゲに見えると酷評されていますが、個人的にはそこまで気になりません。

将来的にはカメラも全てディスプレイに埋め込まれた、完全フルディスプレイのiPhoneも登場すると期待しています。M字ノッチは一部動画の映像が切れてしまうこともあるので、その辺りが若干不便なところかもしれません。

iPhone XSとiPhone XS MAXの違い

iPhone XSとiPhone XS MAXは画面サイズが違うのみで、後者が大画面となっています。そのため、iPhone XSではSplit Viewが使えませんがiPhone XS MAXではそれがサポートされているので利用することが出来ます。

なにより大画面なので文字や画像も見やすいのがメリット。

iPhone XSのカメラ性能を徹底比較

iPhone XSではポートレートモードが進化したため、前作のiPhone Xよりカメラが使いやすくなりました。カメラの詳細スペックは下記のとおりです。

iPhone XS/XS MAX iPhone X
背面カメラ デュアル12MPカメラ
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
デュアル光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
クアッドLED True Toneフラッシュ
スローシンクロ
進化したボケ効果
深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング
写真のスマートHDR
デュアル12MPカメラ
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
デュアル光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
クアッドLED True Toneフラッシュ
スローシンクロ
ポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング
写真の自動HDR
前面カメラ TrueDepthカメラ
7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
Retina Flash
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真のスマートHDR
進化したボケ効果
深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
1080p HDビデオ撮影(30fps/60fps)
アニ文字とミー文字
TrueDepthカメラ
7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
Retina Flash
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真の自動HDR
ポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング
1080p HDビデオ撮影
アニ文字とミー文字

赤い下線の部分がiPhone Xとの違いになっており、注目は、深度コントロールとスマートHDRの2つです。カメラ性能の詳しいレビューは別記事で行っているので、是非チェックしてみてください。

iPhone XSのカメラ性能をレビュー!Xと比較した進化はポートレートモード処理か

2018年9月21日に発売されたiPhone XSおよびiPhone XS MAXは、前作のiPhone X同様にノッチありのベゼルレスデザインの端末に。スペック自体はそこまで大きな進化を感じられない ...

続きを見る

スポンサーリンク

iPhone XS MAXのベンチマーク:驚異の21461!

今作のiPhone XS MAXには、新CPUのA12 Bionicが搭載されています。A11と異なるのは、ニューラルエンジンが4倍の8コア、グラフィックスは3コアから4コアになったことです。

性能自体結構上がっているとの噂だったので、早速GeekBenchを使ってベンチマークしてみました。

GeekBenchを使ったベンチマークでは、メタルスコア21464点を記録。どの程度凄いのか他のiOS端末と比較してみると、iPad Proより約6000点高い数値であることがわかります。

iPhone Xと比較してみると更にその差が開きました。iPhone Xのベンチマークでは、メタルスコアが14986点だったので、iPhone XS MAXは前作よりもグラフィックス面で約31%ほど性能が向上していることがわかりました。

とは言ってもあくまで機械的に測定したスコアなので、実際に使うとiPhone XS MAXもiPhone Xも大して差がないと感じる人も多いと思います。正直、iPhone Xレベルであれば3DゴリゴリのFPSも余裕で動くので、iPhone XS MAXはやや過剰スペックではないかと感じました。

iPhone Xから何が変わった?

今回のiPhone XS MAXとiPhoneX、正直な所何が変わったのかがわからない人も多いでしょう。事実筆者も購入するまでは、CPUの性能差や画面の大きさくらいしか変わっていないのではと思っていました。

しかし、細かい部分を見てみると違いが少しずつ見えてきました。

アンテナラインの追加

まず異なるのは、iPhone XS MAXにはアンテナラインが2つ追加されていることです。

iPhone XS MAXの下部と上部にそれぞれ一つずつアンテナラインが追加されています。アンテナラインが追加されたことによって、より通信が繋がりやすく切れにくくなりました。当然のことながら受信強度も増しています。

スピーカーが左右非対称

iPhone Xまでは下部にあるスピーカーの穴の数が左右対称となっていましたが、iPhone XS MAXではスピーカーの穴が左右非対称になっていました。

さらに、カメラの出っ張りがやや大きくなっているのがiPhone XS MAXとiPhone Xの違いです。

これらの違いから言えるのは、iPhone XのケースをiPhone XSに使いまわしが出来ないということです。スピーカーの穴の数、カメラの出っ張りの若干拡大によって、きちんと設計して作られているケースであればあるほど使いまわしが不可能になりました。

iPhone XSもiPhone XS MAX同様の仕様になっています。

問題点はiPhone XS MAXの価格が高すぎるということ

iPhone XS/XS MAX唯一の問題点は、値段が11万2,800円からと高すぎるということ。

  • iPhone XS 64GB:11万2,800円
  • iPhone XS 256GB:12万9,800円
  • iPhone XS 512GB:15万2,800円
  • iPhone XS MAX 64GB:12万4,800円
  • iPhone XS MAX 256GB:14万1,800円
  • iPhone XS MAX 512GB:16万4,800円

iPhone XS MAXの512GBモデルをAppleCare加入で購入すると、20万円を超えてしまうのが最大のネック。高性能なパソコンを2台ほど買えてしまう価格帯のため、中々iPhone XSを選びにくいという人も多いと感じます。

そのためにiPhone XRも登場したのですが、こちらはiPhone XSに比べるとスペックが劣ることやディスプレイが有機ELではなく液晶ディスプレイ、さらにデュアルレンズからシングルレンズにグレードダウンとしているため、今回登場した新作iPhoneの中では最も安くなっています。

所謂XSの廉価版という立ち位置だと思いますが、筆者はXSを購入しないのならば価格を下げたiPhone 8をこの機会に購入するのがベストな選択肢だと思っています。XRでは絶対にXSの代わりになりませんので、ホームボタンもあるiPhone 8が狙い目。

iPhone XS/XS MAXのスペック

名称 iPhone XS iPhone XS MAX
出荷時OS iOS 12 iOS 12
CPU A12 Bionic A12 Bionic
ディスプレイ 5.8インチ
OLED
6.5インチ
OLED
画面解像度 2,436 x 1,125 2,688 x 1,242
サイズ 143.6 x 70.9 x 7.7mm 157.5 x 77.4 x 7.7mm
バッテリー容量 2,658mAh 3,174mAh
ストレージ 64/256/512GB 64/256/512GB
RAM 3GB 3GB
SIMスロット DSDS(nano + eSIM)
日本非対応
DSDS(nano + eSIM)
日本非対応
ワイヤレス規格 Qi Qi
Bluetooth 5.0 5.0
重量 177g 208g
価格 11万2,800円~ 12万4,800円~

新型iPhoneの契約は各キャリアオンラインショップで!

ソフトバンク【キャッシュバックあり】

スポンサーリンク

-iPhone
-iPhone XS MAX, レビュー, 評判

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.