iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

iPhone

iPhone XRおすすめケース8選!クリア・手帳型タイプが人気

投稿日:

本記事では、iPhone XRにおすすめなケースをレビュー付きで紹介しています。iPhone XRは背面がガラス素材のため、落とした衝撃で背面が割れる可能性もあります。そのため、できるだけケースをつけて運用することを個人的にはおすすめしています。

ケース選びに関してですが、クリア、手帳型タイプ、ハード、シリコン素材など、様々な種類があるため選ぶのも大変です。また、フィルムとの相性も考えてケースを選ばなくてはなりません。

スポンサーリンク

iPhone XRにぴったりなケースの選び方

6.1インチの大画面をどうやって片手で支えるか

iPhone XRのディスプレイサイズは6.1インチであるため、片手で操作するのが厳しいという方も少なくありません。そして、もし片手で操作しようと思っていても、しっかりホールドできずに手から滑り落ちてしまう可能性もあります。そんな時に便利なのが「バンカーリング」です。

バンカーリングとは、スマホの背面に指をひっかけられるリングで、これを使うことで片手でも大画面のスマホを支えることができます。しかし、バンカーリングは背面に直接両面テープのようなもので貼り付けるのが一般的なため、剥がした時にシール跡が残ってしまうデメリットが存在します。

そこで更におすすめなのが、「バンカーリングケース」です。バンカーリングケースは、ケース自体にバンカーリングが埋め込まれている製品で、これを使うとシール跡が残る心配から開放されます。もし、片手で操作したいけれどもてから滑り落ちてしまうのが怖いという方は、このバンカーリングケースの選択をおすすめします。

フィルムとの干渉を考慮する

iPhoneは毎年多くのフィルムやケースが販売されるため、販売会社によって作り・サイズ感にばらつきがあります。そのため、iPhone XR用にきちんと設計できていないケースを購入してしまうと、フィルムと干渉してフィルムが浮いてしまう可能性もあります。

特に「全面保護フィルム」の場合は、ケースと干渉しやすいとされています。ただ、最近の製品はそこまで干渉することも少なくなってきており、今回おすすめで紹介しているケースは、全面保護フィルムと干渉しなかった商品ばかりです。なので、そこまでフィルムとの干渉を神経質にならなくても良い時代になったのかなと感じています。

一応干渉もあり得るということだけ念頭においておくと良いでしょう。

どのケースを選ぶかは用途次第

iPhone XR用に販売されているケースは、次のようにタイプを分類できます。

  • TPUクリアケース
  • ハードケース
  • 手帳型ケース
  • バンパーフレームケース
  • バンカーリングケース

これらが現在主要となっているケースで、特に人気なのが「TPUクリアケース」や「手帳型ケース」です。正直な所、どのタイプを選ぶかは自分次第ですが、選択する目安として筆者が考えるタイプ別の用途が次のようになります。

TPUクリアケース:iPhone XRの見た目を損ねることなく落下時の衝撃を和らげたい
ハードケース:ディズニーを始めとした様々なデザインのケースを選びたい
手帳型ケース:カードをスマホに入れて持ち歩きしたい
バンパーフレームケース:できるだけケースはつけたくないが、iPhone XRはしっかり守りたい
バンカーリングケース:手からiPhone XRを落下するのを防ぎたい

【iPhone XR】おすすめクリアケース3選

【DIVI】柔らかい素材が人気なTPUクリアケース

最近のケースでよく使われているTPU素材を利用したクリアケースです。若干薄めのクリアケースのため、耐衝撃性はそこまで期待できませんが、しっかりQiによるワイヤレス充電、スリムボディは担保できています。内側はマイクロドットになっているので、ケースを取り付けてもベタッとくっつかないのが良ポイント。

しかし、クリアケースの宿命なのか、指紋は少し付きやすいと感じました。また、各種ボタン部分に電源マークや音量上げ下げマーク、側面にロゴマークが入っているのが気になる人もいるかもしれません。使い勝手はそこまで悪くなく、ベーシックなTPUクリアケースだと感じました。

おすすめポイント

  • ぐにゃっと曲がる柔軟性のあるTPUクリアケース
  • ボタン周りの設計は問題なし
  • 耐衝撃性は期待できないが、薄いのでiPhone XRが持ちやすい

【ESR】背面に強化ガラスを使ったクリアガラスケース

背面部分に強化ガラスとPCハードプレートを組み合わせたクリアガラスケース。側面は少し厚めのTPUソフトバンパーになっており、普通のTPU素材ケースのようにぐにゃぐにゃ曲がりませんが、その分耐衝撃性に優れています。こちらもクリアケースなので、多少背面に指紋が残るのがマイナスポイント。

おすすめポイント

  • 強固なクリアガラスケース
  • 側面が少し厚めで、耐衝撃性に優れたTPU素材を利用している

【Spigen】超強固な側面バンパーでiPhone XRをガッチリガード

強固なケース販売でお馴染みのSpigen。側面のバンパーが二重構造になっており、落下時の衝撃を徹底的に受け止めてくれます。超強固なことは間違いありませんが、実際に届いた商品をiPhone XRに取り付けてみると、正直スマートやシンプルなデザインがおしゃれなiPhoneのイメージを損なわせています。ハッキリ言ってしまうと、格好悪い。

iPhone XRを超強固なケースで守りたい方にはおすすめできますが、iPhoneのデザイン性を失わせたくない人には微妙に感じるかもしれません。また、ケースを取り外す時も一苦労。ぴったりくっついているので、強引に外した時フィルムが剥がれそうになりました。分厚いので片手で持ちにくいのもマイナスポイントです。

おすすめポイント

  • 二重構造の側面バンパーで超強固
  • iPhone XRのデザイン性を気にしない人におすすめ

【iPhone XR】おすすめ手帳型ケース3選

【Rssviss】迷ったらこれ!オーソドックスな手帳型ケース

マグネット開閉式のオーソドックスな手帳型ケースです。内側には3つのカードポケット、そしてスタンド機能もついています。表面の素材は高級PUレザーを使っており、内側のケースには柔らかいTPU素材が使われています。この手帳型のおすすめポイントは、マグネットが側面についていることです。側面につけることによって、カードとの接触を避けることができ、磁気を狂わせないようになっています。

カラーはレッド、ブラック、ブラウンの3種から選べます。一つマイナスポイントがあるとすると、カードポケット3つ全てにカードを収納すると分厚く感じてしまうこと、カードが取り出しにくくなることです。2ポケットの利用でしたら全く問題ありません。ワイヤレス充電も問題なし。

おすすめポイント

  • 3つのポケットつき
  • 横置きスタンド機能つきで、寝ながら動画を見るのにも最適
  • 作りがしっかりしており、安っぽさを感じさせない
  • 側面にマグネット配置でクレカ等の磁気を狂わせない

【Arae】ストラップホール付きのシンプルな手帳型ケース

Rssvissの手帳型ケースとそこまで変わりありませんが、Araeの手帳型ケースはストラップホールとカードポケットが4つついており、一つのポケットはカードの中身がわかるように収納部がクリア素材で出来ています。その他、横置き機能も存在しており、角度をつけてiPhone XRを見るのに適しています。

カラーは、ダークブルー、ブラック、ローズゴールドの3色。1点マイナスポイントがあるとすると、マグネットが側面についていないのでクレカなどの磁気狂いには気をつけたいことです。

おすすめポイント

  • ストラップホール付き
  • マグネット開閉式
  • デザインがシンプル、かつスリムで使いやすい
  • ケースの品質も良く、軽い素材が使われている

【ELECOM】豊富なカラーが特徴的なシンプルな手帳型ケース

日本のパソコン関連商品販売でお馴染みのELECOM(エレコム)から販売されている、iPhone XR用のオーソドックスな手帳型ケース。ほぼ、Rsssvissと機能面は同じになっており、こちらもマグネットが側面についている手帳型ケースです。

ELECOMのおすすめポイントは、日本のメーカーであることと、選べるカラーが豊富なことです。選べるカラーは全部で10種類。かわいい色から渋い色まで様々なので、自分にピッタリのカラーを選びやすいのが最大のメリット。

おすすめポイント

  • カードポケット、スタンド機能付きのオーソドックスな手帳型ケース
  • 選べるカラーが10種類と豊富
  • 日本のメーカーなので安心感あり
  • ストラップホール付き
スポンサーリンク

【iPhone XR】その他おすすめケース2選

【Better&Best】TPU素材のバンカーリングケースでiPhone XRをホールド

最近になり関連商品が色々と販売されてきた「バンカーリングケース」。本来ならばバンカーリングは別途購入してiPhoneの背面にくっつけるのですが、予め背面にバンカーリングを埋め込むことで、その手間を減らしていること、そしてバンカーリングを剥がした跡がつかないようになります。カラーはレッド、ブラック、ネイビーの3種類。バンカーリングを縦に変形させることでスタンドとしても使えます。

おすすめポイント

  • 手からiPhone XRの落下を防ぐバンカーリングつきのケース
  • 柔らかいTPU素材のケースで耐衝撃性も少し期待できる
  • バンカーリング部分は車載マグネットホルダーにも対応

【ESR】「アルミ+シリコン」の二重構造バンパーフレーム

内側にシリコン、外側はアルミ素材でできた二重構造のバンパーフレーム。アルミを使っていますが、iPhone XRの電波をキャッチする4つのアンテナライン部分はシリコンで出来ているので影響ありません。バンパーフレームの取り付けも簡単で、グイッとバンパーをハメ込むだけで完了します。一昔前のネジを使って開閉するタイプとは異なります。

一点マイナスポイントがあるとすれば、外側のフレームが本当にアルミなのかということ。少しチープな感じがしたのが気になりました。

おすすめポイント

  • 「アルミ+シリコン」の二重構造で耐衝撃性もアップ
  • iPhone XRのデザイン性を極力壊したくない人におすすめ
  • カメラが地面に接しないように、背面部分が少し出っ張っている

スポンサーリンク

-iPhone
-iPhone XR, おすすめ, ケース

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.