iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

iPhone

iPhoneスクリーンショットの撮り方/歴代機種全部のやり方を紹介【iPhone XS対応】

更新日:

本記事では、歴代iPhoneのスクリーンショットの撮り方を全て紹介しています。

その他に、ウェブサイトのページ全体をキャプチャする方法や、アクセシビリティを使ったスクショ、無音スクショのやり方などを徹底的にまとめています。

スポンサーリンク

【最新】iPhone XSのスクリーンショットの撮り方

対応機種

  • iPhone XS MAX
  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhone X

iPhone X以降の端末には、ホームボタンがありません。なので、従来のiPhoneとはスクリーンショットの撮り方が異なります。撮り方は次の通り。

【右サイドボタン + 音量を上げるボタン】の同時押し。

右サイドボタンだけ押してしまうとSiriが起動するので注意してください。

iPhone 8以前のスクリーンショットの撮り方

対応機種

iPhone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone 6s以前の端末

iPhone 8以前の端末にはホームボタンがあるので、スクリーンショットの仕方は全て同じです。撮り方は次の通り。

【ホームボタン + 電源ボタン】の同時押し。

iPhone 7から物理ボタンではなくなったため、ホームボタンを押すことによるボタンの劣化等がありません。

この方法で上手く取れない場合は、どちらか一方のボタンを先に押していてタイミングがズレている可能性があります。

ホームボタンを押しっぱなしにしていると、設定によっては音声コントロールやSiriなどが開いたりしますので注意してください。

Assistive Touchを使ったスクリーンショットの撮り方

全てのiPhoneにも搭載されている「AssistiveTouch」というサポート機能を使うことでもスクリーンショットを撮ることが出来ます。本来であればこの機能は、iPhoneのホームボタンの反応が悪くなってきた時に多く用いられます。

しかしながら、iPhone Xからは物理ホームボタンがなくなったため、この機能を使ってスクリーンショットを撮るというのは少なくなるでしょう。

Assistive Touchの表示方法

設定アプリを開く → 一般 → アクセシビリティ 」と順番に進む。

操作という項目に「AssistiveTouch」があるので、これをオンにします。

すると画面上に黒い半透明のアイコンが出てきます。

これをタップすると操作メニューが表示されます。メニューの中にスクリーンショットがありますので、それをタップすることで簡単にスクリーンショットを撮影することが可能です。

画面上に表示されるAssistiveTouchの透明度は設定メニューから変更することができるので、ちょっと透明度が低すぎて画面が見にくいと感じたら透明度を調整してあげると良いでしょう。
スポンサーリンク

Webページ全体をキャプチャする方法

現在iPhoneに表示されている画面ではなく、Webサイト全体を撮影してローカルに保存しておきたい場合は、画面キャプチャアプリの利用をおすすめします。

画面キャプチャは、「画面メモSS」「画面メモ」「Skitch」などが定番アプリとなっています。

今回は例として、「画面メモ」アプリを使ってのスクリーンショットの撮り方を紹介していきます。画面メモはWebページのスクリーンショットをページの最後まで撮ることが出来ます。

外部画面メモのダウンロードはコチラ

「画面メモ」アプリの簡単な使い方

画面メモをインストールしたらアプリを起動します。

アプリを起動するとおそらくYahoo!のトップ画面が表示されるでしょう。画面メモは言ってしまえばスクリーンショットつきのWebブラウザのようなものです。

保存したいWebページを開いたら右下の「保存する」を押してください。そうするとアクティブ状態になっているWebページがローカルに保存されます。

ちょっと気になるWebページを保存しておいて、オフラインで見る時に使える機能です。

ちなみに、保存されたWebページはタップをしてもボタンやリンクが反応しないようになっています。

無音でスクリーンショットを撮るには

iOS10.2から無音でスクリーンショットを撮れるようになりました。

無音でスクリーンショットを撮る方法は、マナーモードかサイレントモードにするだけでOKです。

この時、マナーモードにしていない状態で音量を最小(消音)にしてスクリーンショットを撮ると、カシャッという音が出てしまうので注意してください。

あくまでもマナーモードにしないとスクリーンショットは無音になりません。

小技:SafariならWebページをPDF化できる

Safariでは、WebページをPDF化出来るようになっています。

これを使えば、画面メモアプリは不必要になるかもしれません。PDF化したファイルはパソコンに送ったり、共有が可能になっています。

おまけ:iOS11からは端末の録画機能も追加

iOS11からはiPhoneの画面を録画することも可能になりました。

サードパーティ製のアプリを使わずとも録画できるので非常に便利ではないでしょうか。iPhoneの画面録画機能の使い方などは下記記事にて紹介していますので、参考にしてみてください。

iOS11|iPhoneの画面録画機能の使い方と設定方法!内部音声も録音できてしまうヤバすぎる機能に

2017年9月20日にリリースされた「iOS11」では様々な機能が追加されています。アップデート内容の詳細や不具合については下記記事にて紹介していますのでぜひチェックしてみてください。 → iOS11 ...

続きを見る

iOS11から表示された左下のプレビュー窓について

iOS11から、スクリーンショットを撮影した後、画面の左下にスクショのサムネイルが表示されるようになりました。

これをタップすると撮ったスクショをその場で編集・加工・削除が出来て便利な反面、編集しない人にとっては邪魔者でしかありません。5秒ほどでサムネイルは消えますが、個人的には気になるので消したい所。

しかし、現在は左下のプレビューを消す方法は存在しません

そのうちiOSの更新でサムネイルを出すか選択出来るようになると思いますが、それまでは5秒待つか、もしくは左にスワイプして消していくしか方法はありません。

歴代iPhoneのスクリーンショットの撮り方/まとめ

以上、歴代iPhoneのスクリーンショットの撮り方でした。

iPhone XとiPhone 8以前ではスクリーンショットの仕方が異なるので注意してください。

スポンサーリンク

-iPhone
-iPhone, スクリーンショット

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.