iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

iPhone

iPhoneの位置情報がズレる・おかしい時の正しい設定方法

投稿日:

iPhoneで地図アプリを使用するときはもちろん、最近はアプリによって位置情報を取得するものも増えています。なにかと必要になる位置情報ですが、位置がズレているといった不具合も発生しているようです。

そこで本記事では、iPhoneの位置情報がズレる原因と正しい設定方法について解説しています。

スポンサーリンク

確認:少しのズレは許容範囲として扱おう

iPhoneの位置情報は主にGPSを使って取得されており、最大10メートルほどのずれが生じてしまうのは誤差の範囲内です。

そのため、地図アプリで示している場所へ到着したけれど、実際に行きたい場所は道を挟んで向かい側だった、ということもあり得ます。

また、GPSでの位置情報取得に時間がかかってしまい、なかなか正確な位置を把握できない場合もあるのです。

iPhoneの位置情報がズレる原因と対処方法

iPhoneが位置情報を取得する方法は、以下の3つが主です。

  1. GPS
  2. 接続中のWi-Fiの位置情報
  3. 接続中の携帯電話基地局の情報

GPSからは、衛星通信から経度や緯度を取得して、現在地を表示させています。接続中のWi-Fiの位置情報とは、使用している端末の接続しているWi-Fiの電波から、現在の位置情報を取得することを指します。

また、接続中の携帯電話基地局の情報は、現在利用している携帯電話会社の電波が発せられる場所を指しています。携帯電話基地局は通称「モバイルネットワーク」とも言われます。

その基地局からの電波をもとに、位置情報を取得しています。

上記の位置情報取得方法から、iPhoneの位置情報がずれる原因は以下の二つが考えられます。

  1. 建物の多い場所にいるから
  2. Wi-fiなどの通信環境が悪いから

これら原因の詳細と、対処方法について解説していきます。

建物の多い場所にいるから

建物の多い場所にいると電波が建物によって遮られてしまいます。

iPhoneは位置情報を取得するときにGPSや基地局との接続を必要とするので、建物内の電波が悪い場所では、正確な位置情報を把握できません。

Wi-fiなどの通信環境が悪いから

Wi-Fiの通信環境が悪いことも、正確な位置情報を取得する妨げになってしまいます。

もしiPhoneの位置情報がかなりずれていたり、取得できないようであれば、Wi-Fiを切ってから再度試してみましょう。

対処方法

1.ホーム画面の「設定」を起動し、「プライバシー」の項目をタップ。次に「位置情報サービス」をタップします。

2.「システムサービス」内の「Wi-Fiネットワーク」がオンになっているか確認しましょう。「Wi-Fiネットワーク」をオンにすることで、GPSの精度が上がります。

オンになっているのに精度が悪い、という場合は、一度「Wi-Fiネットワーク」をオフにしてからオンにし直すと、改善することがあります。

アプリで使う位置情報の精度を上げたいとき

アプリによっては、位置情報を使用するものもあります。

その位置情報が正確でないときは、下記画像のように「位置情報サービス」をオンにしてみましょう。

「プライバシー」→「位置情報サービス」の順でタップすると、アプリごとに位置情報を使用するかどうかを設定することができます。

最後に

以上、iPhoneの位置情報がズレる・おかしい時の原因と正しい設定方法の紹介でした。

iPhoneの位置情報取得はインターネット環境に接続が必須、かつ接続状態が良い場合に正確な位置情報を取得できます。もし、位置情報が正確でない場合は、使用している端末の電波状態を良くすることで解決できる事が多いので、一度試してみて下さい。

スポンサーリンク

-iPhone
-iPhone, 位置情報

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.