iPhone「ライブフォト」の使い方まとめ!切り取り編集してお気に入りの一枚を選ぼう

iPhone6s/iPhone6s Plusから搭載されたiPhoneカメラの新機能である「Live Photos(ライブフォト)」の使い方についてまとめた記事となります。

もちろんiPhone7でも使うことが可能になっており、iPhone6sの時点ではそこまで注目度を浴びていなかったのですが、iPhone7から急激にライブフォトの注目度がアップしました。

スポンサーリンク

Live Photos(ライブフォト)とは

ライブフォトとは、通常の1枚静止画撮影のほか、シャッターボタンを押す1.5秒前後の映像と音声が保存される機能です。

従来のカメラはベストショットをとるまで何度も撮影を繰り返していたのですが、ライブフォトを使うことによって3秒間の中で最高の一枚をを選べるようになり、写真撮影の難易度が一気に下がりました。

ライブフォト機能はiPhone6s以降の端末全て出使うことができ、カメラアプリのデフォルト設定で有効となっています。もしライブフォト機能をオフにしたい場合はカメラアプリヘッダー部分のライブフォトのオンオフ切り替えアイコンをタップするだけでOKです。

Live Photos(ライブフォト)の使い方

それではライブフォトの使い方について解説していきます。

ホーム画面の[カメラ]アイコンをタップしてください。ヘッダー部分真ん中のアイコンがライブフォトのオンオフ切り替えとなっています。ライブフォト機能をオンにしてシャッターを押すと「LIVE」という表示が撮影画面に表示されます。撮影が終わると「ポコン」というサウンドが鳴るので、それまでしっかりiPhoneを持っていましょう。

ライブフォトの切り替え

撮影が終了したら左下の写真プレビューをタップして、撮影した映像を確認してみます。プレビューを見ただけでは単なる静止画のように感じると思いますが、2秒ほど写真を長押ししてみると映像が動き出します。ライブフォト機能を使って撮影した映像には「LIVE」というマークがついています。プレビューの確認が終わったら元の画面に戻りましょう。

長押しで映像の確認

これでライブフォトを使った写真撮影の説明は終了です。

写真アプリからライブフォトの映像を再生する

ライブフォト機能で撮影した写真は、全て写真アプリに保存されます。それでは先程iPhoneのライブフォト機能を使って撮影した映像を、今度は写真アプリから再生してみます。

まずは「写真」アプリを起動します。写真アプリのコレクションから写真を確認しても良いのですが、ライブフォトで撮影した映像だけを確認したいのでしたら「アルバム」のライブフォトフォルダから確認するのが良いでしょう。

アルバムからライブフォトフォルダを選択

ライブフォト機能で撮影した写真を選択したら、2秒ほど写真を長押しすると映像の再生が始まります。指を離した時点で映像の再生は止まるようです。

指を離すと再生終了

ライブフォトで撮影した映像のデータ容量について

ライブフォトは画像の切り取り編集が終わり次第削除したほうが良いでしょう。その理由は、ライブフォトはあくまでも映像なので、1枚の静止画の撮影よりもデータ容量が大きいからです。

写真を撮りすぎてiPhoneのデータ容量が一杯だと言う人は、もしかすると常時ライブフォト機能を使って撮影していてデータ容量を消費しているだけかもしれないので、機会があったらライブフォトの整理をしてみましょう。

ライブフォトで撮影した映像の一部を切り取り編集する

次にライブフォトで撮影した映像の一部を切り取りして編集について説明していきます。

しかしiPhoneアプリでは、デフォルトでライブフォトで撮影した映像の一部を切り取りする機能をもつアプリはインストールされていません。写真アプリからももちろん無理です。

ここがライブフォトの弱点でもあり、ちょっと使うのを渋ってしまう要因でもあります。ライブフォトで撮影した静止画はシャッターを押した瞬間のところしか保存できないのは痛いし、ただ容量を食ってしまうだけなので人によってはライブフォト機能は使わなくてもいいかもしれません。

一応ライブフォトから好きな部分を切り取りする対策として次の方法が存在します。

GifMovで動画変換して映像を切り取りする

ライブフォトで撮影した映像をGifMovというアプリを使ってビデオ変換する方法で一応切り取り編集をすることはできますが、ちょっとだけ面倒です。

流れとしては、「ライブフォトで撮影」 → 「GifMovで動画変換」 → 「変換した映像を一時停止してスクリーンショット撮影」と3ステップ踏む必要があります。ライブフォトで撮影した後にさらにスクリーンショットをとるという二度手間…デフォルトでライブフォト編集機能がほしいところではありますが苦肉の策。

GifMovは下記からダウンロード出来ます。

>> iOSでGifMovをダウンロード

連続撮影(バースト)を使う

ライブフォト機能をオフにして連続撮影(バースト)をおこなうことで、お気に入りの写真を撮影することも可能になります。

連続撮影はシャッターボタンを長押ししている間連続でシャッターを切り続けます。

指を離すとバースト解除

撮影した写真は1枚1枚コレクションに入るのではなく、1つの写真として表示されます。バーストモードで撮影した写真を確認するには[写真]アプリを起動し、フッター部分の[選択]をタップします。

写真を選択する

すると、バーストモードして連続撮影した写真が並びますので、使いたい写真をタップして完了を押します。すると、選択した写真だけ残して他の写真を消去するか、すべて残すかを選択できますので、データ容量が気になる方は選択した写真以外は全て削除しましょう。

連続撮影された写真からお気に入りの一枚を選ぶ

ライブフォトの機能ではないですが、お気に入りの一枚を撮影するにはバーストモードで連続撮影する方法も有効的なので、是非活用してみてください。

ライブフォトで撮影した映像は壁紙に設定できる

ライブフォトで撮影した映像は壁紙に設定することが出来ます。

壁紙に設定すると、静止画ではなく映像でも設定できますので「動くオリジナル壁紙」として利用することが出来ます。

まずは[写真]アプリを開いて、壁紙に設定したライブフォトを選択します。

次に左下の[共有]をタップして「壁紙に設定」をタップします。

壁紙に写真を静止画にするか、ライブフォトにするか選択して設定をタップ。どこの壁紙に設定するかを選択できるので、今回は「ロック中の画面に設定」してみました。そしてロック画面で画面を長押ししてみるとアニメーションが再生されます。

指を離すと再生解除

自動再生というわけではなく、画面を長押ししていない時はただの静止画となっています。

最後に

以上が、Live Photos(ライブフォト)の使い方のまとめでした。

ライブフォトで撮影した映像を切り取りするのは写真アプリからは出来ないので、今回紹介したGifMovを使って動画変換してから映像をスクリーンショットで撮影してみてください。

個人的にはお気に入りの一枚を撮影するのでしたらバーストモードで連続撮影したほうが良いのかなとも思っています。

 

  「お使いのコンピュータが危険にさらされる可能性があります」という警告文が出たときの対処方法
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。