Bluetooth(AirDrop)を使いiPhone⇔パソコン間で画像を転送する方法

iPhoneとパソコン間で画像の転送をおこなうときにどのような方法でおこなっているでしょうか。iPhoneからメールで飛ばしたり、あるいはクラウド(iCloud、Dropbox、Googleドライブ等)を経由したりと様々な転送方法があり、どれを使うのが一番良いのかは使う人次第というところもあります。

そんな時に私がiPhoneとパソコン間の画像や動画の転送方法でおすすめしたいのが、「Bluetooth」を使って転送する方法です。そこでこのページでは、iPhone、パソコン間でBluetoothを使って画像を転送する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

AirDrop使って画像を転送するメリット

iPhoneでBluetoothを使って画像を転送するには、「AirDrop」という機能を使います。このAirDrop機能を使うことが出来るiPhoneはiOS7以降に限りますが、おそらく現行のiOSが10以上となっている方がほとんどだと思いますので、この機能は大抵の方が使えるはずです。

このAirDropを使って画像をパソコンに転送するには、パソコン側もBluetoothに対応していないといけません。お使いのパソコンがMacである場合は、ほぼ問題なくBluetooth機能が備わっていると思いますが、Windowsの場合はそういうわけにもいきません。Windowsの場合はWi-Fi機能を使って画像の転送をするのが手っ取り早いでしょう。

AirDropを使って画像を転送する方法

では早速、AirDrop機能を使ってiPhoneとパソコン間で画像を転送してみたいと思います。AirDropを使うためにはiPhoneとパソコンでペアリングの設定が必要となりますので、下記手順でペアリングをしてください。

  1. 「Finder」の「ファイル」を選択し、次に「新規Finderウインドウ」を選択
  2. サイドバー項目の「AirDrop」を選択、出てきた画面の「Bluetoothを入にする」を選択
  3. iPhoneの「設定」アプリから[Bluetooth]をタップしてオンにする
  4. iPhoneのホーム画面に戻り、画面の下から上へスワイプしコントロールセンターを開く
  5. 「AirDrop」をタップ、「すべての人」を選ぶ

ちなみにここで注意点ですが、AirDropをすべての人にしてしまうと、自分以外でもアクセスできるようになります。要は自分の端末がアクセスポイントと同じような扱いになってしまい、端末に設定してある名前がそのまま他の人に見られてしまうのです。そういった場合は、自宅で画像の転送をおこなうか、「連絡先のみ」を選択して不特定多数がアクセス出来ないようにしましょう。

1.iPhoneからMacへ画像を転送する方法

では最初に、iPhoneからMacへBluetoothを使って画像を転送する方法を紹介していきます。

まず始めに、iPhoneとMacのAirDrop機能をオンにして送受信できる状態にしておきます。ホーム画面で画面下から上にスワイプしてAirDropをオンにし「すべての人」を選択。次に写真アプリを開いて転送したい画像を選択したら、左下のマークを選択します。

ペアリングが完了していると、共有するデバイスが赤枠に表示されますので、タップをすると画像の転送が完了となります。

以上が、iPhoneとMacを使っての画像転送方法の紹介でした。これはiPhone同士でも使える機能ですので是非活用してみてください。

2.iPhoneからWindowsへ画像を転送する方法

Windowsの場合BluetoothではなくWi-Fiでおこないましょう。Androidの場合はWindows10の標準機能である「Bluetoothでファイルを送信または受信」機能が使えるのですが、iPhoneの場合は使えなかったので紹介するのを辞めました。

Wi-Fiを使って画像を転送するのに必要なものはiCloudです。正直な所オンラインストレージならなんでも良いのですが、iPhoneってことなのでiCloudを使用しています。iCloudのインストールをしていない方はこちらからダウンロードしてインストールしておきましょう。

まず、iPhone側で【設定 > iCloud >写真】を選択していき、マイフォトストリーム機能をオンにしてください。次にWindows側の操作です。iCloudインストールすると、タスクバーにiCloudのアイコンが常駐するようになりますので、そちらのアイコンを右クリックして「iCloudの設定を開く」をクリックしてください。

その後、【写真 > オプション > 自分のフォトストリームにチェック】をして終了です。

あとはWi-FiがオンになっていればiPhoneで撮影した画像は全てiCloudに保存されます。その保存された画像はもちろんWindowsからもアクセスすることができるので、簡単に画像を取り出すことが可能です。この機能はWindowsだけでなくMacでも有効なので、ぜひ活用してみてください。

最後に

以上が、Bluetooth(AirDrop)を使いiPhone⇔パソコン間で画像を転送する方法でした。

  iPhone7の電源が勝手につく(ライト)場合の対処法!ロック画面の点灯は簡単に防げます【iOS10】
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。