iPhone7ウィジェットのおすすめ設定と削除方法の紹介!天気とカレンダーは必須

iOS8から始まったウィジェットですが、iPhone7、iOS10になってからますます便利で使いやすくなりました。ウィジェットを使うことで、よく使うアプリをすぐに呼び出すことが出来たり、アプリを起動せずに最新ニュースを表示させたりできるので、いちいちホーム画面に戻ってアプリの操作をする必要がありません。

そんな便利なiPhone7のウィジェットについて、このページでは、ウィジェットのおすすめ設定やウィジェットの削除方法など、使い方に関する説明と、ウィジェットに必ず追加しておきたいものを紹介していきます。iPhone7を購入して間もない方は必見です。※ 今回紹介するウィジェットはiOS10以上が対象となります。

スポンサーリンク

iPhone7/iOS10でのウィジェット設定/編集方法

では早速ですがiPhone7(iOS10)でウィジェットの設定編集をしていきます。このウィジェット機能ですが、ホーム画面からだけでなく、ロック画面からも画面を左にスワイプすることで表示することができます。また、通知センターを表示した状態で左にスワイプすることでもウィジェットを表示することができます。

1.ウィジェットを追加設定する方法

まずは、ウィジェットにサードパーティ製のアプリを追加していきたいと思います。iPhone7(iOS10)にウィジェットを追加するにはウィジェット画面の下のほうにある、編集ボタンをタップします。編集をタップしましたら、ウィジェットに追加したいアプリを一覧から選んでタップします。

今回はウィジェットにLINEアプリを表示するようにしました。よく使うアプリこそウィジェットに入れておきべきです。追加ができたら上の方にある、現在ウィジェットに表示されているアプリ一覧にLINEアプリが表示されていますので、確認してください。

そして完了を押すと、ウィジェット変更前と変更後で次のように変化しました。きちんとLINEアプリが表示されているのがわかりますね。

2.ウィジェットの順番を編集する方法

単純にウィジェットを追加しただけでは、ウィジェットの一番下に追加したアプリが表示されてしまいます。その場合は順番を編集してあげましょう。先程と同様に編集ボタンをタップしてください。そうしましたら、順番を編集したいアプリを長押しすると、若干その項目が浮いて見えるようになるので、ドラッグして移動させましょう。指を離すと編集終了になります。

iPhone7/iOS10からウィジェットを削除/非表示する方法

ではこの追加したウィジェットを削除/非表示したい場合どうすればよいのかを紹介していきます。と言ってもウィジェットを削除する手順は非常に簡単です。ウィジェットを追加した時同様に、編集ボタンを押してください。そして、現在ウィジェットに表示されているアプリ一覧の左側に「」アイコンがありますので、それをタップしましょう。

すると、「削除」と表示されますので、そのボタンをタップします。削除したアプリは「ウィジェットを追加」の一覧に再度戻ることになるので、追加したい場合は先程紹介した追加設定方法のとおりにやってみてください。今回は天気アプリ以外消しちゃいますね。

最後にウィジェットを確認してみます。天気アプリ以外が削除されていることが確認できました。

天気とカレンダーアプリはおすすめアイテム

最後にウィジェットに絶対に表示させておきたいアプリを紹介します。私がとくに必要だなと感じてウィジェットに表示させているのは、「天気アプリ」と「カレンダーアプリ」です。この天気とカレンダーアプリはiPhone7にデフォルトでついてくるアプリでもいいですし、サードパーティ製のアプリでも大丈夫です。私は純正のアプリを使っています。

スポンサーリンク

1.天気アプリの設定

天気アプリは人によっては、自分が現在いない地域の天気予報が設定されているかもしれません。そんなときにどうすればいいのかを紹介します。

簡単に言ってしまうと、「位置情報サービス」をオンにしておけば大丈夫です。では実際に位置情報サービスをオンにして位置情報サービスの使用許可を設定してみます。

【設定アプリ > プライバシー】をタップすると、位置情報サービスのオン/オフの切り替えができるようになるので、今回はオンにしてみます。

オンにしたら終わりといきたいところですが、一応アプリごとの位置情報設定も確認しましょう。プライバシー画面の下の方で、アプリごとに位置情報サービスを使用するかどうかの設定ができるようになっています。天気アプリの位置情報サービスが許可されていなかったので、「常に許可」を押して終了です。

これでウィジェットを表示したときに、現在位置の天気予報が表示されるようになりますので確認してみてください。

2.カレンダーの表示方法(1ヶ月や誕生日)

最後にカレンダーをウィジェットに表示させようと思います。このカレンダーですが、デフォルト状態だと予定を入れていないと何も表示されないようになっているんですよね。サクッと1ヶ月の曜日や日付を確認したいとき、何も表示されていないと不便です。

ですので、今回はiPhone7デフォルトのカレンダーアプリではなく、サードパーティ製のカレンダーアプリをウィジェットに表示させて、1ヶ月分の日程を見ることが出来るように設定していきたいと思います。そこで私がおすすめするサードパーティ製のカレンダーアプリが「卓上カレンダー」です。


>>iPhoneにダウンロード

このアプリはの良い所は、現在月のカレンダーを1ヶ月分ウィジェットに表示させてくれるのと、祝日の名称や記念日などを設定できることです。今日は何の日だから祝日だ、とウィジェットからわかるようなアプリは実はそんなに存在しません。シンプルで使いやすいですし、このアプリは非常におすすめです。

では実際に卓上カレンダーアプリを設定していきます。ウィジェットの編集から卓上カレンダー2017を選択して追加して完了です。実際にウィジェットを見てみると、このようにデフォルトカレンダーとは違って、1ヶ月分の表示がされているのがわかります。

非常におすすめのカレンダーアプリですので、一度使ってみてはいかがでしょうか。

最後に

以上が、iPhone7のウィジェットのおすすめ設定と削除方法の紹介、そして絶対に入れておきたい天気とカレンダーアプリの表示設定方法の説明でした。ウィジェットは非常に便利ですので、iPhoneやiPadを使っている方はぜひ活用してみてくださいね。

  iPhoneの初期化方法!強制リセット復元も併せて紹介【iPhone7/iPhoneSE】
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。