iPhoneで通話を録音する方法!無料アプリを使えば脱獄なしで簡単に可能

AndroidからiPhoneに変更した際に驚かれることに「通話の録音方法がない」ということ。

実はそのとおりで、Androidには標準搭載されているような通話の録音方法がiPhoneでは用意されていないのです。他の機能に関してもそうですが、極力あまり使う機会がなさそうな機能に関しては標準搭載されておらず、iPhoneではそういった事をしたいのならばサードパーティー製のアプリを使ってやれというメッセージを感じてしまいます。

そこで今回は、iPhoneでは通常できない通話の録音方法について紹介します。今回はiPhoneの脱獄なしで簡単に出来る方法です。

スポンサーリンク

無料アプリ「TapeACall」を使って録音

冒頭でもお話したとおり、iPhoneには通話を録音するような機能は存在しません。iPhoneにはボイスメモという標準アプリはあるのですが、コチラを使って通話を録音することはできないようになっています。

ですのでiPhoneで通話を録音する場合は、「TapeACall」というサードパーティー製のアプリを使って通話を録音することは可能です。このアプリの他にも通話を録音できるようなアプリはありますので、自分が使いやすいと感じるものを探してみるのも良いでしょう。

>>TapeACall Liteダウンロードページへ

そしてこのアプリは無料版と有料版の2つが存在します。

無料版と有料版の決定的な違いは「録音時間」です。無料版ではわずか60秒しか録音することができず、本当に大事な部分を録音することはできないかもしれません。

一方で有料版のほうは録音時間は無制限となっているので、通話の最初から最後まで問題なく録音することができます。ただし有料版は1200円(時期によって変動)しますので、購入するかは躊躇してしまいますね。

TapeACallの簡単な使い方

では早速ですが、TapeACallの簡単な使い方を紹介していきます。

まずはTapeACallを起動します。起動するとTapeACallの初期設定を求められますので手順に沿って進めていきましょう。まずは電話番号を入力して、その電話番号宛に承認コードが送られてきますので、それを入力してTapeACallを起動してください。

起動コードを入力して解除ができたら次の画面に移ります。通知の許可や連絡先へのアクセスが求められますのでOK等を押して進めましょう。途中でメールアドレスの入力を求められますが、こちらはスキップしても問題ありません。

そして最後にアクセス番号を設定します。アクセス番号は自分の住んでいる国のものを選ぶようにしてください。日本ならもちろん日本のアクセス番号を選択しましょう。

これでTapeACallを使う準備はできました。

それでは早速TapeACallを使ってiPhoneの通話を録音してみましょう。

初期設定が終わると画面中央に大きな録音ボタンが表示されますのでこれをタップしてください。タップすると初期設定で選択したアクセス番号にコールをします。すると画面が切り替わってiPhoneの通話画面に移動します。

3秒ほど時間をあけると、「通話を追加」のボタンが活性化しますのでそちらをタップして電話をかけましょう。あとは画面上の通話を追加がグループ追加に変わるのでタップしてください。これで録音が始まります。

なお、録音自体は無制限にできても最初の60秒しか聞くことができないので注意してください。

TapeACallの注意点

TapeACallには何点か注意点がありますので共有しておきます。

まずいちばん大事な要素に、ドコモ系列のSIMカードを使っている場合はこのアプリを使って通話を録音することができないという点です。

この通話録音アプリはグループ通話という第3者との通話ができるようになっており、言ってしまえば二人だけでなく複数人で通話ができるという機能です。

この機能に対応しているのがauの「三者通話サービス」とソフトバンクの「グループ通話」のみとなっており、これに対応していないドコモ回線ではグループ通話ができません。

なのでグループ通話を使って通話を録音するこのアプリでは使えないということになります。

この点が一番の注意点だと思いますので、TapeACallを使う際は注意してください。

あとは何度かご紹介したとおり、無料アプリ版では録音自体は制限なくできても、再生は60秒までしか行なえないという点に注意しましょう。

最後に

以上が、iPhoneの通話を録音する方法の紹介でした。

無料アプリを使えば問題なく録音することが可能ですが、それでも時間制限はあるので使い勝手が良いとは決して言えないのが残念なところですね。

 

  Bluetooth(AirDrop)を使いiPhone⇔パソコン間で画像を転送する方法
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪