iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

iPhone

iPhoneのバッテリー交換方法/ドコモ・au・ソフトバンクで解説

更新日:

Apple社が古いiPhone(iOS)の場合性能を落としていたという話が広がり、それに伴ってiPhoneのバッテリー交換費を大幅に値下げしました。

AppleストアではiPhone 6以降のモデルに関して保証対象外に関してもバッテリー交換を3,200円で受けられるようになり、このサービスは2018年12月31日まで継続されて行われます。

そこで本記事では、iPhoneのバッテリー交換方法をドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

3大キャリアではバッテリー交換費の値下げアナウンスはなし

3大キャリアの中で店頭でiPhoneの修理やバッテリー交換を受け付けているau、ドコモに関してですが、バッテリー交換費の値下げアナウンスはありません。そして基本的に、それぞれの店頭に持ち込んだとしてもiPhoneのバッテリー交換をすることはできません

一部店頭では行っております。

ですが、ドコモ、au、ソフトバンクから購入したiPhoneでも直接Apple Storeに持ち込めばiPhone 6以降の端末であれば3,200円でバッテリー交換することが可能です。

なお、近所にApple Storeがない場合はAppleサポートに電話し端末を郵送してバッテリー交換を行うことができます。ただし、交換に出している間(約1週間前後)iPhoneが手元から無くなるので、何かしら代替のスマホを用意しておかないと不便でしょう。

今回の3200円で交換できるサービスは、バッテリー診断結果が80%を下回らなくても利用することが可能です。近所にApple Storeがある方はこの機会にバッテリー交換してみてはいかがでしょうか。

ドコモでのバッテリー交換方法

ドコモにはオプションとして「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」が存在します。このオプションは、何らかの形でiPhoneやiPadがトラブルに見舞われてしまった場合リフレッシュ品と交換してくれるものとなっています。

しかしながら、今回の主題である「バッテリー交換」に関しては対象外です。なので、ドコモのiPhoneを使っている方の多くは「AppleCare+ for iPhone」に加入しているのではないでしょうか。このサービスに加入している場合はバッテリー交換を受けられます。

AppleCare+に加入している場合、バッテリー診断結果で80%未満のパフォーマンスしかでていない時に限りバッテリーを無償交換できます。交換の受付はAppleサポートに電話をするか、Apple Storeの店頭で直接やり取りするかの2択となります。

ただし、一部のドコモショップでは「iPhoneリペアコーナー」というブースを設けました。そのドコモショップではiPhoneを店頭修理、もちろんバッテリー交換の受付も行っています。

ドコモショップでのバッテリー交換手順

一部ドコモショップと書きましたが、現在iPhoneリペアコーナーが存在する店舗は「ドコモショップ丸の内店」のみとなっています。多くの方は利用できないかもしれませんが、丸の内に行くことが可能という方はこれから解説する手順に沿ってバッテリー交換をしてみてください。

まずはWeb上からドコモショップへの来店予約をとります。その後iPhone内のデータバックアップしてから店頭に持ち込んでバッテリー交換をしてもらいます。店頭ではバックアップの受付はしていませんので注意してください。

来店時に持っていくものは「iPhone」と「本人確認書類」の2点となります。修理期間は基本的に即日となっていますが、バッテリーの在庫がない場合は4~7日程度かかるので予めご了承ください。

ドコモショップ丸の内店では、2018年12月31日までiPhone 6以降の端末に限りバッテリー交換を3,200円で受けられます。(保証適用外でも可)

本人確認書類例

運転免許証、マイナンバーカード、「健康保険証/住民基本台帳カード/在留カード/」+「補助書類」

近所に修理可能なドコモショップがない場合

近所にiPhoneリペアコーナーが設置されているドコモショップがない場合は、Apple Storeに電話して郵送でバッテリー交換を行うか、Apple Storeに直接出向いてバッテリーを交換してもらうかの2択になります。

auでのバッテリー交換方法

auでのバッテリー交換方法もドコモとほぼ同じです。基本的にはApple Storeでの修理対応となりますが、一部auショップに限りiPhone/iPadの修理を受け付けています。

そのauショップが「au新宿」「au仙台」の2店舗となります。

auショップでのバッテリー交換手順

au新宿およびau仙台にてiPhoneのバッテリーを交換する場合は、次の手順に沿って受付&交換をしてください。

ドコモショップと異なる点は、事前の来店予約が必要ないことです。基本は店頭にて受付票を記入して順番待ちという形になります。ですので、来店前にデータのバックアップは必ず行っておきましょう。一応修理来店予約も受け付けているので、順番待ちが嫌な場合は予約をしておきましょう。

外部参考iPhone/iPad修理受付店舗・来店予約

バッテリーの交換にかかる期間は基本即日対応となっています。ただし、バッテリーの在庫がない場合はお預かり修理と言う形で1週間前後かかりますので注意してください。

近所に修理できるauショップがない場合

au新宿、au仙台の近場に住んでいない場合は、Apple Storeに直接出向いて交換するか、Apple Storeに電話した後郵送でバッテリー交換をしてもらいましょう。郵送の場合は1週間前後手元からiPhoneが離れることに注意してください。

スポンサーリンク

ソフトバンクでのバッテリー交換方法

iPhone/iPadが発売されてから修理や故障に関してはAppleに全てお任せしていたソフトバンクですが、現在は「ソフトバンク表参道」と「ソフトバンクグランフロント大阪」にて店頭修理を行うようになりました。

ソフトバンクショップでのバッテリー交換手順

2店舗に限りますが、ソフトバンクの店頭でバッテリー交換を行う場合、2018年12月31日までiPhone 6以降のバッテリー交換修理費が3,200円で受けられます。

まずは表参道店かグランフロント大阪店のどちらかで来店予約を行う必要があります。予約受付時間帯は月曜日から土曜日までの場合、AM10時~PM7時まで、日曜日はAM10時~PM4時までとなっています。

来店予約ができたらiPhone/iPadのデータのバックアップを取り、当日店頭にてバッテリー交換を行います。バッテリー交換は即日対応してくれますので、iPhoneが手元から離れることもありません。

来店予約はソフトバンクのiPhone/iPad店頭修理サービスページから行うことができます。

近所に修理できるソフトバンクショップがない場合

もし2店舗の近くにお住まいでない場合は、ソフトバンクではなくApple Storeにてバッテリー交換を行いましょう。

冒頭でも説明したとおり、iPhoneをApple Storeに郵送する必要があるため1週間前後iPhoneが手元から離れてしまいます。ですので、予備のスマホなどを用意しておいたほうが良いでしょう。

バッテリー交換時の注意点

バッテリー交換時に絶対やっておかなければならないことがあります。

それはデータのバックアップです。

バッテリー交換をする際に端末内のデータが一度全部消去されてしまいます。その為、バックアップをしていなかった場合データの復旧が不可能になってしまうので注意しましょう。

3大キャリアでのiPhoneバッテリー交換方法/まとめ

以上が、3大キャリアでのiPhoneバッテリー交換方法の紹介でした。

基本的にバッテリー交換をする場合はApple Storeでの受付となります。ただ、最近になってようやく店頭でも受付ができるショップも現れてきたので、今後もう少し受付可能なショップが増えることを期待しています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

-iPhone
-au, iPhone, ソフトバンク, ドコモ, バッテリー交換

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.