iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

「iPhone XS」どのカラーを買う(買いたい)?

View Results

Loading ... Loading ...

iPhone

iPhoneでアプリがアップデート(更新)できない時の対処法

更新日:

モンストやバズドラ、デレステを始めとしたゲームアプリを遊んでいると、アプリのアップデートをゲームを遊べない時があります。そんな時に自動でApp Storeに飛びますが、何度やってもアップデートができない場面に遭遇することがあります。またこの現象は、iOS11以降で起こりやすいです。

そこで本記事では、iPhoneやiPad等のiOSデバイスでアプリのアップデートができない時の対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

アプリのアップデートができない現象について

iOS11にアップデートして以降、アプリのアップデートができない人もいらっしゃいます。現象としては、ゲーム内でアプリのアップデートを促されて自動でApp Storeに飛んだにも関わらず、アップデートボタンが存在せず「開く」というボタンしか存在しないことです。

いわゆるゲームとApp Storeをループしてしまう形となります。これではいつまで経ってもゲームを開始することができません。

iOS11以降でアプリのアップデートができない時の対処法

iOS11以降当現象が発生しやすくなっています。しかし、結論から言ってしまうと、アップデート情報を更新するとアプリのアップデートが可能になってしまいます。ここでは更新手順をご説明します。

App Storeを開き、フッターバーにある「アップデート」をタップしてください。おそらくアップデートしたいアプリの更新情報が表示されていないと思いますので、端末の上から下に向かってスワイプをしてみてください。

すると、隠れていたアップデートが表示され、最新の更新情報が表示されます。後はアプリをアップデートすればゲームなどで遊べるようになります。

アプリのアップデートができない方はぜひお試しください。

その他アプリのアップデートができない時の対処法

今回ご紹介した方法でもアプリのアップデートができない場合は、次の対処方法も試してみてください。

【1】iPhoneの空き容量を確保する

利用しているiOS 11以降の端末のストレージ容量が不足していてアップデートができない時もあります。写真や動画を削除して空き容量を確保するのも良いですが、個人的にはiCloudなどに画像等をアップロードしてiPhone内部の画像は消すというやり方をおすすめします。

既にiCloudの容量もいっぱいだと言う人は、下記記事を参考にiCloudの整理もしてみましょう。おそらく自動同期の影響でiCloudの容量を大幅に消費しているのだと思います。

【2】App Storeの障害を疑う

滅多にありませんが、App Storeに何らかの生涯がある場合はアプリのアップデートができない事もあります。時間が経てば通常通り利用することができるので、しばらく様子見しましょう。

【3】再起動する

ここまで紹介してきた方法を試してもアプリのアップデートができない時は、とりあえず再起動してみることをおすすめします。iPhone/iPadをはじめとしたiOSデバイスは、再起動することで不具合が解消することも結構多いです。

【4】アプリのバグを疑う

再起動でもダメだった場合、アプリ側のバグを疑いましょう。特に利用者の多いLINEやTwitter、インスタグラムなどではアップデート自体を頻繁に行っているので、その時に何らかのバグが発生することもあります。

これもアプリ開発者側の対応を待つしかないので、しばらく様子見しましょう。

スポンサーリンク

アプリのアップデートができない時の対処法/まとめ

以上が、iPhone/iPadでアプリのアップデートができない時の対処法の紹介でした。

iOS11以降App StoreのUIも大きく変わってしまったため、今までと同じやり方が通用しなくなっていることもあります。今回は最新のアップデート情報が隠れていただけなので、比較的対処も簡単でした。

スポンサーリンク

-iPhone
-iPhone, アップデート, アプリ

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.