iOS10.3の不具合とアップデート情報まとめ!メインはAirPods、Siri関連の更新

2017年3月27日、iOS10.3のアップデートが開始されました。iOS10.2.1から約2ヶ月後のアップデートとなり、おそらくiPhone 8がでるまでの最後のメジャーアップデートではないかと思われます。

そこでこのページでは、今回のiOS10.3のアップデートではどのような不具合が修正され、どのようなアップデートが行われたのかをまとめました。また、iOS10.3以前に起こっていた不具合は今回のiOS10.3のアップデートで解消されたのかにも注目が集まります。以前まで起こっていた不具合に関しては下記記事を参考にしてください。

参考iOS10.2.1の不具合とアップデート情報まとめ!全部で13件のバグを改修
スポンサーリンク

iOS10.3へのアップデート方法

今回のiOS10.3へのアップデートは大きなアップデートとなるので、さすがにファイルサイズも大きく約614MBとなっていました。ですので、アップデートする際はiTunes経由だったり、Wi-Fiから接続したり、事前にバックアップをとったりして、アップデートの失敗に備えておきましょう。ここまで大きいサイズだと失敗する確率も高くなってきます。

私はWi-Fi接続でiOS10.3にアップデートしてみましたが、ダウンロードからインストールまで約20分もかかりました。アップデート方法はいつもどおり、【設定アプリ > 一般 > ソフトウェアアップデート】から行ってください。

無事にアップデートが完了。端末情報を確認するとキッチリiOS10.3になっていることを確認できました。

iOS10.3のアップデート内容

iOS10.3のアップデート内容は次のとおりです。

iOS10.3には新機能が導入され、「iPhoneを探す」を使用してAirPodsの所在を確認したり、Siriを使用して支払いや配車サービスを利用したり、自動車メーカー製のAppと一緒に使用できるようになりました。

以前、iOS10.3βの情報で、iPhoneを探す機能についての記事を書きましたが、どうやらそのままiOS10.3正式版にもリリースされたようです。詳しくはコチラの記事で。

参考iOS10.3のbetaテスト実施中!AirPodsに関するアップデートがメインか

 

簡単にiPhoneを探す機能、Siriに関する情報をまとめるて紹介すると、次のとおりになります。

iPhoneを探す

  • AirPodsの現在の所在地または最後に確認された場所を見ることが可能
  • 片方または両方のAirPodsから音を出して探し出しやすくすることが可能

Siri

  • 支払い用Appを使用して、支払いを実行したり、請求書を確認したりすることに対応
  • 配車サービスAppを使用して、配車の予約をすることに対応
  • 自動車メーカー製のAppを使用して、車の燃料の残量確認、ドアロックの状況確認、ライトの点灯、クラクションを鳴らしたりすることに対応
  • インディアン・プレミアリーグと国際クリケット評議会によるクリケットのスコアおよび各種記録に対応

その他にも、「CarPlay」「iTunesの改善」「Apple IDアカウントの新設定画面」「マップアプリの改善」「カレンダーアプリの改善」「Podcastの改善」などの細かい部分をiOS10.3で対応しています。アップデート内容の詳細は公式サイトのサポートページを参考にしてください。

公式サイト:アップルサポートページ

32ビット版アプリの警告

iOS10.3βテスト中にも言われていましたが、iOS11を目処に32ビット版のアプリを今後は撲滅していくとApple側の対応が遂に始まりました。具体的に言うと、今iOS10.3にアップデートして32ビット版のアプリを使っている場合、警告文が表示されるようになります。

警告文を表示するタイミングは該当アプリのアップデートを行おうとしたりすると、「このAppは将来のiOSバージョンでは動かない可能性があります。Appの開発元は、互換性の工場のためにこのAppをアップデートする必要があります。」という警告文がポップアップします。

こちらは完全に開発者側でアプリを64ビットに対応しないと使えなくなるので、既に使っていないようでしたら削除したほうが懸命かと思います。いずれにせよ将来的には使えなくなりますからね。つまりは、iPhone自体もiOS11からはiPhone6以上の端末でないとiOS11のサポート外となってしまいます。

iOS11にアップデートできないだけなので、それ以前のiOSのバージョンでしたら普通に使うことは可能ですのでご安心ください。

iOS10.2.1で起こっていた不具合の解消具合

ウィジェットがはみでる

元々私は確認できなかった不具合なのですが、iPhoneのバージョンによっては不具合報告としてあがっていました。まだこの県に関してiOS10.3では騒がれていないので解消されたのかもしれませんね。

シャットダウン問題

シャットダウン問題についてもまだ不具合として挙がってきていません。これも特定の条件下(iPhone6s、iPhone6など)特有の不具合だったので、私も確認は取れていません。

スポンサーリンク

iOS10.3で発生した不具合

ドックにあるアプリの文字が消える

iOS10.3にアップデートしたらドックにあるアプリの文字が消えたと言う人もいました。

この不具合に関してですが、私の環境では確認できませんでした。

Kindleアプリのエラー

Twitter上ではiOS10.3にアップデートすると、ある特定条件でKindleアプリのエラーが発生するようです。エラーが発生する条件は、「小説関連」のKindle本のようです。小説関連の本を読み込むと次のようなエラーメッセージがでるようです。

お使いの端末から本を削除して、クラウドアイテムから再度ダウンロードしてください。問題が解決しない場合は、アプリケーションの登録を解消してから、再登録をしてください。

一応マンガは大丈夫なのかを私も試してみました。検証環境は「iPhone7、iOS10.3」です。Kindleを開いてマンガをダウンロードして、開けるかを試してみた結果、正常に開くことが出来ましたので、やはり小説だけの問題なのかもしれませんね。小説をKindleで読んでいる人は注意してください!

現在確認されている大きな不具合はKindle関連のみです。

アプリゲームはどうだろうか

Twitterによると、iOS10.3ではメジャーどころのゲームも問題ないと確認されています。FGO、モンスト、陰陽師、デレステ、FEH、バドルガールハイスクール、バンドリ、パワプロ、ミラクルニキは私も動作の確認はとれました

格安SIMの対応状況

システム部分の変更が大きいので、もしかするとiOS10.3では動作しない格安SIMもあるかもしれません。私がiPhone7で使っているワイモバイルに関してはきちんとインターネット接続もできましたし、音声通話も問題ありませんでした。その他の格安SIMに関しては確認後取れ次第更新します。

IIJmio

mineo

UQmobile

U-mobile

最後に

以上が、iOS10.3の不具合とアップデート情報のまとめでした。大きく目立つ不具合等は今のところ見つかりませんが、細かいところでは不具合が起こっているかもしれません。

今回のアップデートはフィル容量が大きいので、必ずバックアップをとってからアップデートを行ってください。Twitterでは「iPhone7をiOS10.3にアップデートしたら文鎮化した。やばいどうしよう。」などといった声も見かけたので、バックアップは必須です。アップデートする際は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪