iOS10.3またはiOS11で32ビット版のアプリが動作不可になる可能性を示唆

iOS10.1以降、iPhone、iPad、iPod touchなどで32ビットのアプリを開こうとすると、「”××”によりiPhoneの動作が遅くなる場合があります」という警告文が表示されていました。これは64ビットに対応していないアプリを起動したときに表示される警告のポップアップです。

このポップアップが表示される現在は32ビットのアプリが使えるのですが、近い将来、早ければiOS10.3あるいは、iOS11で32ビット版のアプリが動作しなくなる可能性があると噂されています。iOS10.3beta版では、32ビットのアプリケーションは「今後のiOSのバージョンでは動かなくなる」という警告文が表示されるようになっています。

iOS11では64ビットのアプリだけをサポートするアップデートが入れられそうです。

スポンサーリンク

32ビットと64ビットの見分け方

2つの見分け方ですが、アプリを一目見ただけではわからないのが難点。

ですので、iOS10.1以降はアプリを起動すればポップアップがでてわかりやすくさせたと思います。ポップアップがでれば32ビット、何も出なければ64ビットと現在は見分けることが出来ます。アプリの数があればあるほど確認が面倒になります。

iPhone 5がリリースされて以来は、64ビットのアプリがほとんどですがそれ以前にAppStoreにてリリースされたアプリに関しては32ビットが多いようです。iPhone 5のリリースは2013年9月頃なので、それ以前のアプリを使っている人は要注意かもしれません。

ただ、メジャーどころのアプリはアップデートで対応しているのであまり心配が要らないかと思います。問題は、1度もアップデートしていないアプリになります。ちなみに64ビットのチップを搭載したiOSデバイスはiPhone 5以降のほかに、iPad Air、iPad mini 2、第6世代iPod touch以降のデバイスです。

最後に

現在Appleでは32ビットアプリをAppStoreから削除していく動きも見られ、もしかすると、iOS11までにはほとんどの32ビットアプリはAppStoreから消えてしまう可能性もあります。製作者が完全放置しているようなアプリは削除されるケースも高いので、もし使いたいのでしたらバックアップなどを取っておくと良いでしょう。

このアップデートは近い将来行うと言われていますが、正確な日にちやバージョンは決まっていません。今回このような話になったのは、iOS10.3のbeta版で警告文が修正されたからです。あくまでも噂ですが、個人的にも32ビット版のアプリは今後消えていくのだろうと感じました。(source1)

  iOS11の画面録画ができない原因と対処法【iPhone】
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪