インスタグラムとTwitterが連携できない時の対処方法と基本的な連携方法

インスタグラムを始め、TwitterやFacebook、LINEなど色々なSNSを使っている方も多いのではないでしょうか。それぞれ使い分けが必要となってきますが、例えばインスタグラムで投稿したものをそのままTwitterやFacebookに投稿したい人もいると思います。

そんな時にコピペで貼り付けて投稿しても良いのですが、一々アプリを開くのが面倒だし、どうせなら一緒に投稿できないかと思う人も多いはず。

そこでこのページでは、インスタグラムとTwitterを連携して同時に投稿する方法を紹介していきます。また、インスタグラムとTwitterの連携がうまく出来ない人に向けて対処方法も紹介していますので参考にしてください。

スポンサーリンク

インスタグラムとTwitterを連携して同時投稿する方法

まずは、インスタグラムアプリでTwitterの連携を許可するために設定をしていきましょう。今回はiPhone版のインスタグラム公式アプリを使って説明していきます。

設定画面からTwitterとインスタグラムを連携する方法

アプリを開いたら右下のプロフィールボタンを押します。プロフィール画面の歯車マークをクリックするとオプションが表示されますので、「リンク済みアカウント」をタップしてください。

するとFacebookやTwitterなどのシェア設定画面に移りますので、アイコンが非活性になっているのを確認して「Twitter」をタップしてください。後は手順に沿ってTwitter連携アプリ認証を進めてください。

以上で、インスタグラムとTwitterの連携自体は完了です。

後は実際にインスタグラムのタイムラインで投稿して、Twitterにシェアする方法を紹介していきます。

タイムラインの投稿をTwitterにシェアする方法

インスタグラムのタイムライン上から「+」をタップして新規投稿の画面に移ります。そして、投稿したい写真、動画をカメラロールから選択するか新規撮影して「次へ」をタップします。

ここで画面に表示されているTwitterメニューをオンにします。オンになると画像のようにアイコンがカラーになります。そして最後に「シェアする」をタップして投稿完了です。

こちらがインスタグラムの画面です。問題なく投稿ができています。

そしてこっちがTwitterの画面となります。

インスタグラムの投稿が反映されていることが分かります。

以上が、インスタグラムの投稿をTwitter連携してシェアする方法の紹介でした。

インスタグラムとTwitter連携ができない場合の対処方法

インスタグラムとツイッター連携ができない人もいるかと思います。

そのときの対処方法を今回は2つ紹介していきます。

インスタグラムアプリでの対処

まず、インスタグラムでTwitterとの連携に不具合が起こった場合は、一度Twitterとの連携を解除して、再度設定することによって問題が解決する場合があります。ここでは連携解除&再連携方法を紹介します。

まずはインスタグラムのタイムライン画面で、自分のアカウントをタップし、アカウントページが表示されたら右上の設定をタップします。

設定画面を下にスクロールすると「リンク済みアカウント」という項目が表示されますので、こちらをタップします。「シェア設定」という画面が開きますので、こちらでTwitterを選択します。

すると「リンクを解除」と表示されますので、こちらをタップします。ポップアップメニューが表示されるので、「リンクを解除」をタップします。

これで連携設定を解除できました。

再度Twitterと連携するには解除と同じようにツイッター連携をしてください。連携設定が完了してTwitterアイコンがカラーになるとOKです。

これで不具合が解決されることがありますので、問題が起きた時は試してみてください。

その他の対処方法

連携アプリ「IFTTT」を使うことでインスタグラムとTwitterの連携ができるようになります。

レシピ」と呼ばれる設定を自分で作成したり、既存のものを活用することで、例えば、Twitterで「お気に入り」をクリックすると自動でPocketに保存されるなどの設定が簡単にできるのがポイントです。

インスタグラムとTwitterをIFTTTで連携させることによるメリットは、通常のインスタグラムとTwitterの連携方法だと、Twitterの画面上に投稿がシェアされた時にリンクのみの表示になり写真が表示されない問題を解決できます。

このアプリを使うことによってインスタグラムとTwitterの連携の不具合もなくなるので、是非試してみてください。では早速IFTTTを使ったインスタグラムとTwitterの連携方法を紹介していきます。

IFTTTを開くとチュートリアルが表示されますので、右にスクロールしてください。するとログイン画面が表示されますので、Google、Facebookでログインするか、新規でIFTTTのアカウントを作成します。

ログインが完了するとIFTTTのトップページが表示されますので、画面下のメニューから「Search」をタップします。検索画面が表示されますので「Tweet Your Instagram as native photos on Twitter」と検索窓に入力します。

いくつかの候補が表示されますので「Tweet Your Instagram as native photos on Twitter」と書いてあるメニューを選択します。

この時、画像ではブルーカラーで表示されていますがIFTTTでは検索するたびにメニューのカラーが変わるので、あくまでも文字でメニューを確認するようにしてください。

では、インスタグラムとTwitterを連携するレシピをオンにします。「Turn on」の表示を右にスクロールします。IFTTTがそれぞれのアプリに連携の許可を求めてきますので「OK」をタップします。

これでインスタグラムとIFTTTを連携させる画面に移りました。「Authorize」をタップして連携を許可します。インスタグラムのログイン画面が表示されるので、アカウント情報を入力して「ログイン」をタップします。

次にTwitterのログイン画面が表示されますので、こちらもアカウント情報を入力して「連携アプリを認証」をタップします。

再度レシピの画面に戻って左上の「<」をタップしてトップ画面に戻ります。「My Applets」を確認すると、インスタグラムとTwitterの連携のレシピがインストールされたことが確認できます。

これでIFTTTの設定は完了したので、アプリを閉じます。

次はインスタグラムを開いて、タイムライン画面下の「+」をタップして新規投稿画面から写真を選び「次へ」をタップします。編集画面で編集を済ませたら「次へ」をタップします。

ここでは既にIFTTTで連携設定が完了しているので、Twitterのアイコンを選択する必要はありません。そのまま「シェア」をタップして投稿を完了します。

インスタグラム上では問題なく投稿が完了しています。

Twitterでも通常の方法ではインスタグラムへのリンクしか表示されていませんでしたが、IFTTTを利用することによって画像がダイレクトに表示されるようになります。

ちなみにインスタグラム側でのTwitterとの連携設定は解除していても、このように問題なく投稿を自動でシェアすることができました。

以上が、IFTTTを活用してインスタグラムとTwitterを連携させる方法の紹介でした。

最後に

以上が、インスタグラムとTwitterの連携方法と連携できない時の対処方法の紹介でした。

複数のSNSアプリを使っている方は、投稿の二度手間を防ぐためにもTwitterやFacebookと連携してインスタグラムを使ってみてはいかがでしょうか。

  インスタグラムでプロフィールのQRコードを無料で作成する方法!
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪