Instagram

インスタグラムの投稿公開範囲の設定方法/非公開の特徴なども

更新日:

インスタグラムを利用する際に、「この投稿内容は知り合いにだけ見せたい/誰にも見せたくない」といった場合もあるかと思います。

そこで本記事では、インスタグラムでの公開範囲設定方法とそれぞれの特徴について、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

インスタグラムでは3つの公開範囲を設定できる

インスタグラムでは、投稿の公開範囲は「全員への公開」もしくは「承認済みのフォロワーのみに公開」「誰にも見られない投稿」の3種類となっています。

【1】全員への公開

インスタグラムにおいて、「全員への公開」はデフォルトの設定となっています。

ですので、公開範囲やプライバシーなど何も設定せずに投稿した場合は、常に投稿内容は公開されている状態。ご自身が承認済みかどうかにかかわらず、全ユーザーは投稿内容を見ることができます。

【2】承認済みのフォロワーのみに公開

インスタグラムでの投稿を、自分が承認したフォロワーのみに公開することができます。

例えば、オープンにしても良いような投稿内容を掲載するアカウント(企業ページなど)は公開のままにしておく、一方友人のみに公開する普段のつぶやきのような投稿をしたいアカウントは非公開にしておく、といった使用方法が考えられます。

非公開の設定方法については、記事後半でも改めてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【3】誰にも見られない投稿

たとえフォロワーであっても見られたくない投稿や、メモ程度に残しておきたい写真や動画があり消したくない、という場合もあるかと思います。その場合はインスタグラムの「アーカイブ機能」を使用しましょう。

アーカイブ機能は2017年6月以降にインスタグラムへ追加された機能です。

※アーカイブとは、重要な記録を保存・活用することを示します。日本語では「書庫」や「保存記録」と訳されます。

3つの公開範囲の特徴

こちらの項目では、「全員への公開」と「承認済みのフォロワーのみに公開」それぞれの公開範囲の特徴について記載します。

公開範囲の特徴は、下記表のように「インスタグラムの投稿が、フォロワー以外(第三者)にも見られるタイミング」それぞれに分けて見ていきます。

タイミング 第三者の閲覧
ユーザーネームがタグ付けされた ○もしくは×
ハッシュタグから投稿にいきついた ○もしくは×
ユーザーネームもしくはハッシュタグ検索で第三者が投稿にいきついた ○もしくは×
Facebookなどのリンク先からインスタグラムへアクセスがあった ○もしくは×

【1】全員への公開(デフォルト)

上記項目でも記載しましたが、インスタグラムのデフォルト設定として投稿内容が全員に公開されるようになっています。

もちろん、全員への公開を許可している状態のため、公開範囲は下記のようになります。

タイミング 第三者の閲覧
ユーザーネームがタグ付けされた
ハッシュタグから投稿にいきついた
ユーザーネームもしくはハッシュタグ検索で第三者が投稿にいきついた
Facebookなどのリンク先からインスタグラムへアクセスがあった

【2】承認済みのフォロワーのみに公開(非公開)

ご自身が承認済みのフォロワーのみに、投稿を公開することができます。そのため、以下の表に記載したどのパターンで第三者がご自身の投稿にいきついたとしても、投稿は非表示になっています。

タイミング 第三者の閲覧
ユーザーネームがタグ付けされた ×
ハッシュタグから投稿にいきついた ×
ユーザーネームもしくはハッシュタグ検索で第三者が投稿にいきついた ×
Facebookなどのリンク先からインスタグラムへアクセスがあった ×

【3】誰にも見られない投稿(アーカイブ機能)

投稿した自分自身のみが見られる写真や動画です。

そのため、もちろん第三者からの閲覧は以下のようになりますし、フォロワーからの閲覧も不可能となっています。本記事下部にて、アーカイブ機能の設定方法もご紹介します。必要に応じて、使ってみてください。

タイミング 第三者の閲覧
ユーザーネームがタグ付けされた ×
ハッシュタグから投稿にいきついた ×
ユーザーネームもしくはハッシュタグ検索で第三者が投稿にいきついた ×
Facebookなどのリンク先からインスタグラムへアクセスがあった ×

インスタグラム/公開範囲の設定方法

1.インスタグラムを起動し、右下の人型のマークをタップします。ご自身のプロフィールページへ移動しましょう。次にプロフィールページの右上「…」となっているマークをタップします。

2.「オプション」が開くので、下へスクロールし「プライバシー設定とセキュリティ」の項目まで進めます。項目内の一番上に「アカウントのプライバシー設定」があるので、その項目をタップします。

3.「非公開アカウント」をオンにしましょう。ご自身が承認した人のみ、投稿を見られるようになります。

スポンサーリンク

アーカイブ機能を使用して投稿を非公開にする方法

アーカイブ機能を使うと、投稿した写真は自分のアーカイブへ移動されるため、他の人から見えなくなります。非公開とは少し違いますが、アーカイブを利用して投稿を隠すことも出来るということで紹介していきます。

1.フィードに投稿した写真の右上「…」のマークをタップします。

2.画面下部から、下記写真のような選択肢が表示されますので、一番上の「アーカイブに移動」をタップします。投稿した写真はフィード上に表示されなくなり、自分のアーカイブへと移動します。

アーカイブに移動した写真を見るには

アーカイブに移動した写真は、プロフィールページから見ることができます。まずプロフィールページの上部にある赤枠のマークをタップしましょう。

アーカイブに移動した写真や動画を見ることができます。画面上部に表示されているように、アーカイブされた投稿は、第三者やフォロワーから見ることができなくなっています。

アーカイブした写真を再投稿するには

アーカイブした写真を再度フィードへ投稿するには、プロフィールページのアーカイブ写真を確認するページにて設定が可能です。

まずはアーカイブ写真をタップして表示させ、右上の「…」をタップします。次に「プロフィールに表示」をタップすることで、再度投稿が可能です。

非公開設定での注意点

インスタグラム上で非公開にしていたからといって、必ずしも誰にも見られなくなるというわけではありません。

なぜなら、他SNSでインスタグラムの投稿内容を共有した場合に、他SNS上にて公開されている場合があるからです。

「3つの公開範囲の特徴」の項目では、Facebookなどの他SNSからインスタグラムの投稿にいきつく(インスタグラム←他SNS)といった方向で見ていましたが、逆のパターン(インスタグラム→他SNS)の場合、投稿範囲を設定する場所は共有先のSNSにて設定しなければいけません。

インスタグラムで非公開にしている場合でも、他SNSに共有した場合は、共有先のSNSにて公開範囲の設定を忘れていた、なんてこともありうるので、十分注意しましょう。

特定の人にだけ画像や動画を送る場合

ここまでの項目で、公開範囲を全体にするのか、フォロワーのみにするのか、自分しか見られないようにするのか、の方法を知ることができました。

しかし、フォロワーの中でも特定の人にだけ送りたいという場合があるかもしれません。その場合は、インスタグラムの「ダイレクトメッセージ」の機能を使用しましょう。

ダイレクトメッセージの送り方

下記画像の右上、紙飛行機のマークをタップすることで、ダイレクトメセージ送信画面に移動します。

送信画面は、下記画像のようになっています。右上の「+」マークが新規メッセージの作成です。画面上にすでに表れているユーザー名は、以前やり取りしたことのあるユーザー名です。

最後に

以上、インスタグラムの公開範囲を設定する方法や、各種公開範囲の説明について紹介してきました。

ご自身が使いやすいインスタグラムとなるよう、ぜひ本記事を参考に公開範囲を設定してみてください。

スポンサーリンク

-Instagram
-Instagram, 公開範囲, 設定

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.