インスタグラム動画を自動再生させない方法!データ通信量を節約して使おう

このページでは、インスタグラム動画を自動させない方法について紹介していきます。

インスタグラムのデフォルトの設定では、タイムラインで流れている動画が自動的に再生されてしまいます。その動画は煩わしい、または通信量がかかってしまいパケットの無駄と感じている人も少なくないでしょう。

スポンサーリンク

インスタグラムの動画について

インスタグラムは写真を投稿するサービスとなっていますが、現在は動画も投稿することが可能となっています。動画の投稿にはストーリーと通常の投稿があります。ストーリーは一時的に投稿する形で、通常の投稿はFacebookなどと同じくタイムライン上に表示されます。

タイムライン上に投稿されている動画は、スクロール中は停止していますが、動画の所で止めると動画が自動で再生されます。毎回再生を押して確認しなくてもみれる点はとても便利です。

再生を押して画面を切り替えるという動作ではなく、タイムラインを確認しているときにタイムライン上で見ることが出来るので、楽に確認できる良い機能だと感じます。

しかし、動画を再生するために通信を行うため、インスタグラムをよく使用する人はデータ使用量が増えた方も少ないかと思われます。実際私もインスタグラムで動画を見る機会が増えてからデータ使用量が増えてしまいました。

また、自動再生の機能は再生しているというより流れているという意識があり、あまり通信を行っているイメージもないので余計に見る機会は増えました。スマートフォンを使う上で1番気にするのはデータ使用量だと思います。なるべく通信量は抑えてしまいたいですよね。

自動再生させない方法

結論から言うと、インスタグラムの動画を自動再生させない方法は正確にはありません。現在対策として提示されているのが下記の手順です。

インスタグラムの自分のアカウントページからオプションへ移動します。オプション画面にある「携帯ネットワークデータの使用」をタップし、データ使用量を軽減をオンにすることで、多少は通信量を抑えることが出来ます。

上記の手順はあくまでデータの使用量を軽減させる方法です。この方法はインスタグラム内の写真や動画の読み込みの際時間がかかるようになる代わりにデータの使用量が軽減させます。

しかし実際使用してみた感想としては特に変化は感じません。1度の投稿で複数載せている投稿を読み込む際、少し時間がかかる程の変化だそうです。 他対策としてはWi-Fiのあるところで使用する方法くらいです。

日本でフリーWi-Fiは増えてきていますがそれでも少ないので、データ使用量の増加は我慢するしかなさそうです。

Twitterのように写真などより呟きなど、短い文章の投稿がメインのものと違います。インスタグラムは写真、動画の投稿がメインであり友人や同じ趣味の人の投稿を楽しむための仕様と考えると、この仕様は良い仕様だと感じます。

それでもやはり自動再生のオンかオフは選べるようになると助かりますね。

動画が再生されない場合

自動再生とは別に動画が再生されない時もあります。そんな時の確認する点を解説していきます。動画が再生されない原因は大きく5つ考えられます。

  1. 通信環境
  2. データ通信量超過による速度制限
  3. メモリ不足
  4. アプリの不具合
  5. 動画データの破損

1.通信環境

まず動画が見れなくなった場合、通信環境を確認しましょう。地下など電波の届きにくいところにいるとロードに時間がかかったり、読み込めなくなります。

電車(地下鉄)に乗っている時なども繋がりにくくなることもあるので、読み込めない時や遅く感じた時は、電波の良いところでもう一度読み込み直してみてください。

2.データ通信量超過による速度制限

データ通信量はスマホを使用する上で1番気を使う部分だと思います。しかし、インスタグラムの自動再生などにより知らぬうちにデータ量を使用している可能性があります。最近のSNSでは広告など動画が自動再生されるものや個人でも動画を投稿されています。

やはり画像を読み込む以上に動画はデータを使いますその為知らぬうちに速度制限がかかっていることもあるので、確認してください。

3.メモリ不足

メモリ不足では動画が再生されないことのほかにアプリ自体の挙動が重くなることがあります。その場合アプリが落ちることもあるので原因の可能性としては低いです。

しかしアプリが落ちずに動くこともあるので重いと感じたら一度スマホを再起動するとあっさり治ることもあるので試して見てください。

4.アプリの不具合

スマホ自体の問題ではなくアプリ側に不具合がある可能性があります。他のアプリは正常だがインスタグラムだけおかしい場合の多くはアプリの不具合だと思われます。

SNSはサーバーに異常があったり、アプリ自体のバグなどで繋がりにくくなるので、復旧を待ちましょう。このような時は一度公式サイトなどを確認すれば情報が載っています。

5.動画データの破損

この場合は全ての動画ではなく、1つや少数の動画だけ見れない時に多い原因です。動画をアップロードする際に問題が起き、データをうまくアップロードできないとデータが破損し、再生できない時があります。

この場合はもう一度投稿されるのを待つしかありません。逆に自分が投稿した動画再生されない場合も、破損が原因の可能性が高いので投稿し直しましょう。

最後に

以上が、インスタグラム動画を自動再生させない方法の紹介でした。

自動再生を防ぐ手段は現状ありませんが、オプションからデータの使用量を軽減することで多少は通信量を抑えることが出来ます。

  インスタグラムで流行りのおしゃれ加工アプリの紹介!フィルターを使いこなし統一感のあるタイムラインを作ろう
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪