インスタグラムで位置情報を設定して投稿する方法を解説

このページでは、インスタグラムで位置情報を設定して投稿する方法を解説しています。

位置情報を設定することで、店舗経営をしている方はお店の情報を常に発信できるようになるので宣伝効果も見込めます。ただし、それ以外で位置情報を設定する場合は「悪手」となってしまう場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

インスタグラムでの位置情報追加方法

インスタグラムの位置情報の設定方法を解説していきます。位置情報は、投稿するときに写真やタグと一緒に設定します。

まず、投稿画面を開いて写真を選んだあと、「位置情報を追加」をタップします。

次に虫眼鏡マークの検索窓に、位置情報をつけたい場所を入力します(原宿駅、など)。すると、お店や駅などの場所の場合、候補がいくつか出てくるので、当てはまるものを選びます。

最後に写真を投稿すると、ユーザーIDと写真の間に場所名やお店の名前が設定されているので確認してみてください。位置情報を設定したあとはいつもと同じように、タグなどを入力してから投稿するだけです。

きちんと位置情報が設定されているか不安なときは、設定した位置情報で検索をかけてみましょう。検索してみて自分の写真があれば、位置情報はきちんと反映されているので大丈夫です。

位置情報を設定するメリット

位置情報を設定するというと、「自分がどこにいるかが発信されてしまうので怖い」という人もいるかもしれません。そもそも写真に位置情報を設定するメリットはあるのでしょうか。

一般的に、位置情報を設定するメリットは、「いいねが増えること」と言われています。特に、カフェやパンケーキ屋さんなど、何かしらの店舗を経営している場合に投稿に位置情報をつけるとに、宣伝効果をより実感するでしょう。

実際に気になる飲食店に行く前に、「どんなメニューがあるのか」「実際食べた人の写真で確認したいな」と思う方も多いのではないでしょうか。

店の位置情報で検索すると、実際にお店に行ったユーザーのリアルな写真を見ることができます。お店のアカウントで見るごはんの写真よりも、より分かりやすいと感じるユーザーが多いようです。また、お店が投稿する写真よりもクオリティは落ちるかもしれませんが、より本物に近いメニューの写真が分かり、お店選びの失敗が減ります。

このように、より確実なお店の情報を見るために位置情報で飲食店の写真を調べるユーザーは多いです。そのため、位置情報をつけて飲食店の写真を投稿すると、タグのみの投稿よりも人目につきやすく、結果的にいいねが増えるようです。

位置情報の活用術!気になるお店をスポットとして登録

位置情報を、気になるお店の一覧表として活用してみましょう。気になるお店を位置情報でメモしておくことで、実際に行くときに地図とお店の情報が一緒に見れてとても便利です。

また、位置情報でスポット登録しておくと、実際にお店に行ったときにすぐに写真を投稿することができます。

ただし、インスタグラムの位置情報はFacebookが元となって作成されています。そのため、FacebookのアカウントとFacebookでお店の位置情報などが登録されていることが条件となります。

もしも、Facebookでお店が登録されていないとしても問題ありません。Facebookを使ってすぐにお店の位置情報を登録することができます。

Facebookで位置情報を登録する方法

まずは、Facebookを開くと出てくる「チェックイン」をタップします。次に「検索」という部分に自分の登録したいスポット名を登録します。このとき位置情報サービスが、オンになっていない場合は設定しておきましょう。

最後にカテゴリなどの細かい情報を入力して、作成を押すと完成です。

インスタグラムはFacebookに買収されています。そのため位置情報はFacebookと連動させられており、Facebookで登録されていないとインスタグラムでも位置情報が表示されないお店が出てくるようです。

位置情報を使って行きたいお店を登録しておくと、実際に行って写真を投稿するときにスムーズにできて便利です。

位置情報が追加できないときの対処法

位置情報が追加できない原因ですが、まずはスマホの設定画面の確認をしましょう。iPhoneの場合ですが、設定画面のプライバシーという項目で、位置情報の設定ができます。

位置情報サービス全体をオンにすると、位置情報を受信してインスタグラムなど、すべてのアプリで反映させることができます。もしiPhone全体の位置情報をオンにしたくなければ、各アプリのみ位置情報をオンにすることもできます。

インスタグラムだけ位置情報をオンにして、他はオフのままにしておくと自分がいまどこにいるかということが筒抜けにならず、インスタグラムだけで発信することができます。

位置情報を設定するときの注意点

インスタグラムで位置情報を設定した写真を投稿するときは注意点もあります。

それは、自分がいまどこにいるのか筒抜けになってしまうことです。全世界に発信されているため、どんな人でもあなたがどこにいるのか知れてしまいます。また、位置情報をオンにしていると、iPhoneは充電の減りも早くなってしまいます。

ですので、位置情報をつけて写真を投稿するときは以下のことに気をつけましょう。

  • お店を出てから写真は投稿する
  • 写真は次の日など、日をずらして投稿する

これらのことに気をつければ安心でしょう。店舗経営されている方が発信する場合は、なるべく店舗内で宣伝用スマホなどを用意しておくと私的に使っているスマホと混ざらないので管理がしやすくなります。

最後に

以上が、インスタグラムで位置情報を設定して投稿する方法の紹介でした。

位置情報を追加することによって、宣伝効果を見込める場合もありますが、位置情報によって自分の現在地が他の人に知られてしまうこともあるので、使う際は注意して使いましょう。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。