Instagram

3分でできる!InstagramとFacebookを連携するシンプルな方法

投稿日:

Instagramの投稿を、全く一緒の形でFacebookにシェアしたいと考えたことはないでしょうか。

本記事では、InstagramとFacebookを連携する方法を詳しく解説しています。手順自体は非常にシンプルで、3分もあればできる内容になっています。ぜひ参考に取り組んでみてください。

スポンサーリンク

InstagramとFacebookの連携方法

InstagramとFacebookページの連携は、Instagramアプリから簡単に行うことができます。具体的な連携手順を、画像つきで詳しく解説していきます。

1.Instagramアプリを開き、フッターの「人型アイコン」をタップしてプロフィールページを開く。

2.横にスワイプし、「設定」をタップ。

3.「アカウント」→「リンク済みのアカウント」の順番でタップ。

すると、Instagramと連携ができるSNS一覧が表示されます。今回はこの中から「Facebook」を選んで連携していきます。

4.リンク済みのアカウントから「Facebook」をタップし、「続ける」を選択。

すると、Facebookのログイン画面が開きます。

5.「Facebookアプリでログイン」もしくは「電話番号またはメールアドレスでログイン」をタップし、Facebookにログインします。

6.ログインに成功すると、InstagramのFacebookアカウントへの「アクセスを許可」してください。

7.Instagramのリンク済みのアカウント画面に戻ります。

Facebookのアイコンが青色に変わっていたら完了です。

シェア範囲の設定

InstagramとFacebookを連携したら、次はどこまで投稿をFacebookに反映させるかを決めましょう。

「リンク済みのアカウント」からFacebookをタップ。

すると、初期状態では全てがオフになっていると思います。この状態だとInstagramの投稿がシェアされないので、どこまで連携させるかを決めましょう。

ストーリーズを連携したい場合は、「Facebookでストーリーズをシェア」をオンに。Instagramの投稿を連携したい場合は、「Facebookで投稿をシェア」をオンにしてください。

投稿のシェア方法

Instagramの連携範囲を決めたらシェアは簡単です。

  1. Instagramでストーリーズを投稿する
  2. Instagramで通常の投稿を行う

連携設定をオンにしている場合、上記の投稿をするだけでFacebookにシェアされます。Instagramの投稿がFacebookに反映されていない場合は、一度シェア範囲と本当にアカウントが連携できているかをチェックしてください。

InstagramとFacebookを連携するメリット/デメリット

メリット

InstagramとFacebookを連携することで、以下のメリットを得られます。

  1. Instagramの投稿をFacebookにもシェアできる
  2. SNSアカウント運用の手間が一つ減る
  3. 味気ないFacebookの投稿も、Instagramの写真によって一気に映える
  4. 情報が2つになるので単純な拡散力が上がる

最大のメリットは、アカウント運用の手間が少し減ることです。連携できない時は、Instagramの投稿をわざわざFacebookページ用に直して投稿していました。それがなくなるだけでも負担はグッと少なくなるはずです。

また、Instagramには拡散するためのシェア機能がありません。そのため、アプローチできるユーザーがFacebookよりも多くはないのがデメリット。しかし、Facebook連携することで多くの人に投稿を公開できるようになるので、拡散力はアップします。

デメリット

メリットとは逆に、InstagramとFacebookの連携によるデメリットもあります。

  1. FacebookとInstagramで内容の「雰囲気」が違うと宣伝にならない
  2. 投稿数が無駄に増えてしまう可能性もある

Facebookでの集客も考えているならば、ターゲット層をInstagramと同じにしなければなりません。

ですが、今までFacebookに投稿していた内容は非常に硬い内容だったにも関わらず、Instagramと連携してからは軽い雰囲気の内容になっていたら宣伝は逆効果。今までのFacebookページにイイネしてくれたユーザーが離れていってしまう可能性があります。連携する際は「雰囲気」をInstagramとFacebookで同じにしましょう。

InstagramとFacebookを連携する時の注意点

2つのSNSを連携した時に注意したいのが、「投稿するFacebookページの間違い」です。

例えば、Facebookアカウントにプライベート用のページと、ビジネス用のページを用意していたとします。Instagramの投稿は基本的にプライベートなので、シェアするのはプライベート用のFacebookページなはずです。

その時間違ってビジネス用のFacebookページに投稿してしまうと、「あれ?いつもと雰囲気が違う…。」とフォロワーから思われてしまうでしょう。Facebookページを複数作っている人は、投稿するページを間違わないようにしてください。

まとめ

ここまで、InstagramとFacebookページの連携方法を徹底解説してきました。最後に、この記事のまとめとなります。

  • Instagramアプリから簡単にFacebook連携ができる
  • 連携はメリットのほうが多い
  • 連携後のFacebookページの投稿間違いだけは必ず気をつけること

ご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

-Instagram
-Facebook, インスタグラム

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.