インスタグラムの二段階認証のやり方と認証できない時の対処方法

インスタグラムには不正アクセスを防ぐための対策として「二段階認証」というセキュリティ機能があります。この機能はiPhoneなどを使っている人にとっては馴染みがある機能かと思いますが、その使い方を実はよくわかっていないという人も多いはず。

そこでこの記事では、インスタグラムの二段階認証のやり方と認証が上手くできない時の対処方法を紹介しています。

スポンサーリンク

インスタグラムのニ段階認証とは

二段階認証とは、インスタグラムにログインする際に「ID」と「パスワード」に加えて、SMS経由で送信される「認証コード」などを追加入力してログインする設定のことです。

昨今では、インスタグラムや各種SNSでアカウントをハッキングされ乗っ取られてしまう事例が何件も出ています。そんな時に、自分のアカウントを簡単にセキュリティ強化できるのが二段階認証です。

二段階認証に加えて、今まで使用していたパスワードも一新することで、インスタグラムを安心して使用することができるでしょう。特にアカウントを非公開に設定している人は、万が一、アカウントが乗っ取られて写真などが流出しないように二段階認証することをおすすめします。

二段階認証の登録のやり方

インスタグラムのタイムライン上から自分のアカウントをタップします。アカウントページ右上の設定をタップしてオプション画面に移ります。

オプション画面内の「アカウント」メニューの中に「二段階認証」がありますので、こちらをタップします。「セキュリティコードをオンにする」のスイッチをスライドさせます。

電話番号を求められますので、「電話番号を追加」をタップします。電話番号は090、080などの始めの「0」を抜かして入力します。電話番号が入力できたら「次へ」をタップします。電話番号宛てにSMSで認証コードが送られてきますので、その数字を入力して「次へ」をタップします。

登録が完了すると「バックアップコード」の説明画面に切り替わります。バックアップコードがあれば、万が一スマホを落としてしまったりした時などに、このコードを使って二段階認証にパスできるようになります。

バックアップコードは二段階認証に使用しているスマホではなくクラウド上のアプリなど、他のデバイスでも見れるようなサービスに保存しておきましょう。

全ての作業が完了すると二段階認証の「セキュリティコードをオンにする」のスイッチが切り替わったことが確認できました。

これで登録作業は完了です。

二段階認証の解除方法

二段階認証の登録の時と同じように「アカウントページ」→「設定」と進みオプション画面が表示されたら「二段階認証」をタップします。二段階認証の画面で「セキュリティコードをオンにする」のスイッチをタップします。

確認画面が表示され「オフにしますか?」と聞かれるので「オフにする」をタップします。「セキュリティコードをオンにする」のスイッチが切り替わり二段階認証がオフになりました。

これで登録解除の設定は完了です。

二段階認証ができない時の対処方法

インスタグラム側のバグ、もしくは自分のスマホの設定が悪くて二段階認証が設定できないという報告がユーザー間でもあります。そういった場合の対処方法として、まずやってもらいたいのが次の3点。

  1. 二段階認証が既に設定されている場合一度解除して再度二段階認証を設定する
  2. インスタグラムアプリを最新バージョンにアップデートする
  3. iPhone/Androidを一度再起動する

この3つを上から順番に試してみてください。二段階認証できない時は大抵これらが原因で上手くいっていない場合が多いです。

それでも直らなかった場合、一度インスタグラムのアプリを削除して再度インストールするのも良いでしょう。

最後に

インスタグラムのアカウントが悪質なハッカーなどに盗まれてしまうと、そのアカウントで繋がっている友人なども情報を盗まれてしまったりする可能性が出てきます。

単純なパスワードでSNSを使用するのは、やはり危険ですので二段階認証をすると同時にパスワードも一新しましょう。尚、誕生日などのパーソナルな情報ではなく、自身に関係のない文字列のパスワードを作成するようにしたほうが良いです。

そして、二段階認証は実装も解除も簡単なので面倒臭がらずに設定しておくことをオススメします。

  インスタグラム動画は何秒の長さまで投稿可能?動画機能について徹底解説!
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪