iCloudとは何か?基本的な使い方とメリットデメリットを解説

Appleのデバイスを使うと必ず「Apple ID」を発行しなければなりません。そしてApple IDを発行すると、iCloud、iTunes、AppStore、iMessage、Apple MusicなどをAppleのすべてのサービスが使えるようになります。

今回はその中でもほとんどの人が使っていると思われる「iCloud」とはどんなサービスなのか、また基本的な使い方とメリットデメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

iCloudとは

新しいiPhoneやiPadなどを購入したときにApple IDを作ってサインインすると、自動的に設定されるiCloud。iCloudとはMacまたはiOSデバイスを持っている人はほとんど使っているサービスで、Appleが提供しているオンラインストレージみたいなものです。

iCloudにサインインすると、端末内の写真やビデオ、書類などをApple IDで管理して、WindowsパソコンやMacなど、iPhoneやiPad以外の端末からもアクセスすることが可能になります。iCloudは5GBまで無料で利用することが出来、最大2TBまで有料でストレージ容量を増やすことが可能です。料金表はコチラ

  • 5GB:無料
  • 50GB:¥130/月
  • 200GB:¥400/月
  • 1TB:¥1300/月
  • 2TB:¥2500/月

このストレージ容量を増やすメリットは、例えばiPhone自体のストレージが写真や動画などでいっぱいになったときに、全てiCloudに移しておけば、端末内の写真などを消したとしても、iCloud上には残ります。ですので、端末のストレージ容量がもうない!という事態になっても慌てずに対処することが可能となるのです。

別にiCloudでなくても、OneDriveやDropboxでも良いのですが、せっかくiPhoneやiPadを購入してApple IDを作ったのでしたら、何もしなくても使えるiCloudを使った方が何かと便利です。それに、無料で5GB使えるだけでなく、たった月額130円払うだけで、iCloudのストレージ容量が50GBまで増えるのは非常に魅力的です。

iCloudのサービス内容と使い方

iCloudフォトライブラリで写真&ビデオの管理

まずは基本的な機能であるデータの保存機能ですね。iCloudフォトライブラリを利用することで、自分が撮った写真やビデオなどを自動的にiCloud上にアップロードすることが可能になります。この機能はデフォルトではオフとなっているので自分でオンにしてあげる必要があります。

オンにする手順は【設定アプリ > iCloud > 写真 】からiCloudフォトライブラリをオンにすればOKです。これでiPhoneで撮った写真などは自動的にアップロードされ、他のデバイスからもアクセスすることが可能になります。

このとき同時にやっておきたいのが、「iCloud写真共有」の設定です。これをオンにしていると、他の人と共有するアルバムを作成したり、他の人の共有アルバムに参加することが出来ます。気を付けていれば問題ありませんが、万が一変な写真などを共有フォルダにアップロードしたくない場合はこの機能はオフにしておくことを推奨します。そもそも自分一人だけでiCloudを使うのでしたら、この機能をオンにしておくメリットはあまりないです。

バックアップ機能

iCloudのデフォルト機能であるバックアップ機能は、毎日自動で端末内のデータをバックアップしてくれます。ただし自動でバックアップしてくれるのはWi-Fi接続しているときだけです。写真や動画だけでなく、ChromeやLINEなどのバックアップもとってくれます。

一部の国では購入した音楽のバックアップは利用できないとされていますが、日本では利用することは可能です。

今までバックアップはiTunesを使って行うのが主流でしたが、最近はiCloudで端末のバックアップをとれるようになったので、そちらを利用している人も多いようです。iCloudのバックアップをする際の注意点は、iCloudのストレージに十分な空き容量があるかどうかは必ず確認してください。バックアップに失敗してしまいます。

そういった場合は、古いバックアップデータを削除するか、iCloudのストレージ容量を増やしたりして対処しましょう。

失くしたiPhoneを探す

失くしたAppleデバイスをiCloudで探すことが可能です。「iPhoneを探す」アプリを使うか、iCloud.comにサインインすることで今どこにデバイスがあるのかを地図上で表示してくれます。iCloudでは、過去24時間にどこにあったのかを記録してくれるのです。

さらに、探すだけではなく、iCloudから画面をロックしたり、メッセージを表示したりしてiPhoneを拾った人にヘルプを求めることもできます。もう一つ忘れていけないのが、悪意のある人にiPhoneが拾われた時の対処です。もし不安なときはiCloud.comでサインインするかアプリを起動して、リモートワイプを利用して端末を工場出荷時の設定に戻しましょう。

iCloudを利用しているだけでiPhoneを落としてもリモート操作できるのはかなり大きなメリットです。iPhoneを探す機能を利用する目的でiCloudを使うのも良いと思います。それでしたら5GBの無料プランのみで十分ですからね。

iCloudの設定は簡単

ここまでiCloudの便利な機能と簡単なメリットを説明してきました。冒頭でどのデバイスからもアクセスできると書きましたとおり、iOSデバイスだけでなく、WindowsパソコンやMacからiCloudにアクセスすることが可能です。

設定するのも非常に簡単で、アプリをインストールしてサインインするだけで完了です。あとはiCloud Driveと写真アプリケーションを有効にすれば自動的にパソコンにダウンロードされます。パソコンから写真や動画もアップロード可能で、もちろんiOSデバイスからアクセスすることが可能です。

iOSデバイスでiCloudを利用するならば、パソコンからも使えるようにしておくことをおすすめします。

最後に

以上が、iCloudの基本的な説明と使い方の紹介でした。

デメリットとなる部分は特に存在せず、iOSデバイスを利用しているならばiCloudを使わないのは損です。ぜひ利用してみて下さい。

  iPhoneで「iCloudストレージの保存容量がもう少しで上限に達します」となったときの対処方法
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪