iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

「iPhone XS」どのカラーを買う(買いたい)?

View Results

Loading ... Loading ...

ウェブサービス

ClipConverter.ccの危険性や使い方について/ウイルス侵入も注意すれば問題なし

更新日:

本記事では、ClipConverter.ccの危険性や使い方を紹介しています。

以前は優れた動画ダウンロードサイトだったClipConverter.cc。昨今は評判を落としているようです。その理由はサイト内に表示されるとあるものに原因がありました。

スポンサーリンク

ClipConverter.ccとは

ClipConverter.ccはトップページに「一般的なフォーマットに、ほぼすべての音声、動画サイトのURLを変換することができる無料のオンライン変換アプリケーション」と書いてある通り、他の動画変換サイトに比べ対応している動画配信サイトが多いのも特徴の一つです。

日本語表記にも対応している上に変換後のファイル形式は動画ファイルだと5つ、音声ファイルだと3つ選べるという点も、無料で利用できるサービスとはとても思えないパフォーマンスを誇っています。

しかし、全体的なサービスの内容が以前と比べると劣化している点が多々見受けられるので、それらを重視してまとめさせて頂きました。

ClipConverter.ccの危険性

使い方を説明する前に、このサイトの危険性について把握しておく必要があります。

ClipConverter.cc自体に危険性はありません。

数年前までは広告といった広告もなくただただ便利なサイトだったのですが、今では動画URLを貼り付けて変換する際に一定の確率で新しくウィンドウが生成されてしまいます。

そのウインドウの内容は、いかがわしいサイトに飛ばされるようなものだけではありません。

「ウイルスに感染している」だったり「セキュリティシステムが破損しています(警告音付き)」などと言った明らかに悪意のある広告で、更にはJava インストールを謳ったそれらしき広告まで表示されます。

これらは全て嘘偽りで、不安を煽るだけのただの広告です。

サイトそのものに危険性はありませんが、こういった広告を見慣れておらず今の段階で不安になってしまうような方はClipConverter.ccではなく他の動画変換サイトを使うことをおすすめします。

参考Youtube動画mp4ダウンロード方法33選/サイトやソフト別に紹介

広告の危険性/ウイルス侵入について

他にも様々な広告が表示されますが、直接悪影響を及ぼす訳ではありません。

肝に銘じて欲しいのは「悪質な広告に対して指示通りのアクションをとらない」という事です。

例えば「ウイルスに感染しています、今なら無料セキュリティソフトが…」という広告は「スパイウェア」と呼ばれるもので個人情報を抜き取る危険性の高いウイルスです。

「Javaインストール」の広告も、ダウンロードした中身はウイルスでした。インターネットやパソコンに疎い方にとっては非常に悪質な広告と言えます。

海外で運営されているサイトはこのように関連性のない悪質な広告を新しいウィンドウで表示させる事が多い為、関連性が無いものを取捨選択する事に慣れる方が良いでしょう。

アンチウイルスソフト、セキュリティソフトウェアを入れていても、使用者本人が直接ウイルスをダウンロードする行為を(警告があるものの)セキュリティソフトが止めることは出来ません。

その後駆除してくれる事もありますが過信してしまうのも問題です。

検出率が100%だと保証できるものはありませんので、自身の手で誤ってウイルスを侵入させる事の無いよう高いネットリテラシーを持つ事が大事だと言えます。

ClipConverter.ccの使い方

最初に、サイトが日本語化していない場合は左上の言語選択の欄からJapaneseを選びましょう。

今回はYoutubeよりテスト動画を採用します。

まずはサイトの画面中央にあるURLリンクに変換したい動画先のURLを貼り、続行ボタンを押すと画面が下のように切り替わります。

赤枠で囲われた部分は動画の解像度を表しており、上にある選択肢ほど解像度が高いという事になりますので、画質の良いものを求めている場合は極力解像度を高く設定しておきましょう。

今回は音声のみのMP3形式を選択してテストしてみます。動画形式をダウンロードする時もやり方は一緒です。ダウンロードしたいファイル形式をクリックするとその下に変換の設定が出てきます。

オートモードにデフォルトでチェックが入っていますが、ここは基本的に弄る必要はありません。

切り取り開始部分の「元ビデオの先端から」というチェックを外せばこのように時間指定も可能になるので、この動画の途中の音声がほしいといった場合には役立つでしょう。

また、「ID3 v2タグ」というチェックを使うと、このようにファイルをダウンロードする段階でアーティスト名やアルバム名などを入力することが出来るので、本格的なファイル編集が可能となっています。

こだわりがなければ特に利用する必要はありません。また、この機能は音声ファイルのみなのでMP4に続く動画ファイルではこの機能はないのでご注意を。

最後に左下の「開始!」ボタンを押せば設定通りのファイルが変換され始めます。

上記画面になったら、後は画面中央左上のダウンロードボタンを押すだけで設定通りのファイルをダウンロードすることが可能です。

オートモードの設定方法

オートモードのチェックを外した場合は下記画像のようになります。

ダウンロードするファイルの音量が不揃いで、再生するファイルによってその都度音量調節をしなければいけない、という事もここで予め音量を調節してダウンロードすれば解決します。

次に音声ビットレートと言うのは簡潔に言えば音質ですが、元動画のビットレートが低ければダウンロード時に高く設定してもファイルの容量が無駄に大きくなるだけですのでご注意下さい。

また、こちらではステレオ・モノラルを選択出来るようになりますがこちらについては好みとなります。ステレオは左右のイヤホンやスピーカーから異なる音が出るので、自宅で楽しむ際に臨場感のある音楽が楽しめます。

モノラルは左右のイヤホンやスピーカーから同一の音が出るので、お店や施設など広範囲に音を響かせる時におすすめです。ただ昨今では、基本的にステレオタイプの物が多いです。

アドオンとは?拡張機能でお手軽簡単保存

ここまではよくある動画変換サービスですが、Clipconverter.ccにはアドオンという物があり、これを活用するとYoutubeの動画をワンクリックで変換出来るのでわざわざサイトを開いてURLを入力するといった手間を省くことが可能です。

そんな便利なアドオンをどうやって導入するのか見ていきましょう。

まずは公式サイトより赤枠で囲ったブラウザアドオンのタブをクリックして下さい。

するとChrome、Fire fox、Safariの3つのブラウザに対応したアドオン一覧が出てきたかと思います。今回はシェアが最も多いChromeで再現しましょう。

Chromeアドオンをインストールという部分をクリックします。

英文で表示されていますが、上の赤枠で囲われたInstall TamperMonkyをクリックして下さい。

すると直接Chromeのアドオンサイトに飛びますので、画面右上のChromeに追加という部分をクリックし、アドオンをブラウザに追加した後下記のページに戻ります。

次は上の赤枠に囲まれたDownload clipconverter.user.jsという部分をクリックすると別のサイトに飛びます。

赤枠で囲まれたインストールボタンをクリックして下さい、作業自体はこれで終了ですので次はYoutubeを開いてチェックしてみましょう。

Youtubeにこのようなボタンが追加されていれば作業は完了です、後は見ている動画が気に入ったらこのボタンを押すだけで変換する所までのリンクが開かれます。

表示されていない場合はブラウザを再起動すると表示される事があるのでお試しください。

スポンサーリンク

ダウンロード対応ファイル形式一覧

【1】音声形式(音楽)

.MP31番古い形式なのでその分対応機器が多いことが特徴です。特にこだわりがなければこの形式を選ぶと良いでしょう。
.M4AiPhoneでお馴染みのApple社が独自開発したもので、Apple系製品との相性が良いです。
.AACMP3よりも圧縮率が高いので、同じビットレートでも容量が小さくなるという特徴があります。

【2】動画形式

.MP4最新の機器ならほとんど対応しているので、特にこだわりがなければこの形式がおすすめです。
.3GPスマートフォンや携帯など向けの拡張子なので低画質ですがファイルの容量は小さめです。
.AVI昔から使用されている形式です、汎用性は高いですがストリーミング再生に対応していないなど他と比較すると機能的に劣っている面があります。
.MOVMacでお馴染みのAppleで標準動画形式とされているもので、Apple系製品との相性が良いです。
.MKV現状一番多機能を誇っているのですが、他と比べファイルサイズが大きくなりがちですが、Windows10では標準対応になり今後に期待されている拡張子です。

ClipConverter.cc対応動画サイト一覧

YouTube (HQ/HD) 、Google Video、 Sevenload、 MySpace、 Dailymotion (HQ)、 Vimeo (HQ)、 Metacafe、 MyVideo、 YouPorn、 Pornhub、 Veohなど

ダウンロードできない、変換できない原因と対処方法

「ClipConverter is not available for videos containing music. 」とエラーが出てダウンロード出来ない事があります。

このエラー文は「音楽を含む動画ファイルは利用出来ない」という意味です。残念ながら現在のClipConverter.ccでは変換する事が出来ないようですが、一部の動画が何故かダウンロード出来てしまいます。

Youtubeは著作権保護の観点から、公式から公開されている楽曲の動画について一切のダウンロードを禁じています。

ですので、他の動画変換サイトでも基本的にはダウンロードする事が出来ませんが、ClipConverterでは著作権上問題のないフリー楽曲ですらダウンロード出来ない事が多いという点が非常に不便です。

正直に言って、現在のClipConverter.ccは悪意ある広告が表示される事やダウンロード制限の線引きがよくわからない点などを考慮すると他の動画変換サイトを利用することをお勧めします。

参考Youtube動画mp4ダウンロード方法33選/サイトやソフト別に紹介

ClipConverter.ccの危険性や使い方/まとめ

以上が、ClipConverter.ccの危険性や使い方についての紹介でした。

以前と比べて非常に使いにくくなったため、個人的には別サイトを利用することをおすすめしています。

また当記事は、著作権侵害の助長を目的とするものではないという事をここに宣言させて頂きます。

スポンサーリンク

-ウェブサービス
-ClipConverter.cc, 使い方, 危険性

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.