Android

Androidスマホの初期化方法と準備/データ復元時の注意点とは

更新日:

Androidスマホの初期化をする際に、「初期化手順がよくわからない」、「バックアップや端末データはどうすればいいのか」などで悩んでいないでしょうか。そこで本記事では、Androidスマホを簡単に初期化する方法や、初期化前にやっておきたい準備などを紹介。

初期化の前準備をしっかり行っていないと、データの復元ができなくなったり、Googleアカウントにログインできなくなってしまいますので注意してください。

Android初期化前に準備すること

初期化すると、基本的にはすべてのデータが削除されてしまいます。そこで、初期化に備えてデータをどこか別の場所に移しておき、初期化後、別の場所に移したデータをAndroidスマホに戻すことで、普段使っているデータやアプリを使い続けることができます。

まずは、Android初期化前に準備することを順番に見ていきましょう。

バックアップするものを確認する

Androidを初期化すると本体内のデータが削除されます。具体的には、以下のデータが削除されると考えてください。

  • アカウントの設定
  • インストールしたアプリ
  • アプリのデータと設定
  • 音楽や写真などのストレージ内のデータ

Googleアカウント、Twitter、Facebook、OneDriveなどの設定が全て解除されるため、初期化後にログインをしなければなりません。なので、必ずIDとパスワードをメモ帳に保存しておくなどしておきましょう。

また、AndroidはiPhoneと違い、Googleアカウントでログインしたとしてもアプリが勝手に修復されません。ただし、Googleアカウントの設定を変更するとアプリデータやWi-Fiパスワードを保存しておくことも可能です。詳しくはこの記事の「アプリのデータと設定をバックアップする」を参照してください。

アカウント情報はメモしておく

Googleアカウント、Twitter、Facebook、OneDriveなど、Androidの「アカウント」画面に表示される情報が削除されます。まず、お使いの端末の「アカウント」画面を確認してみましょう。

設定アプリを開き、アカウントをタップします。すると、Androidに設定してあるアカウントが一覧として表示されます。

「Google」、「OneDrive」、「Twitter」が表示されていますので、Androidを初期化すると、この3つの情報が削除されることがわかります。順番にタップして、アカウントをメモしておきましょう。

また、アカウントごとにパスワードが設定されており、初期化後に復元するにはパスワードが必要です。パスワードを忘れてしまった場合は、復元後にパスワードを再設定できるはずですが、何が起きるかわかりませんので、今ここでアカウントごとにパスワードを再設定しておきましょう。

アプリのバックアップは必要なし

初期化の大きな目的の1つは、すでにインストールしてしまった不必要なアプリを削除して、二度とインストールしないことだと思います。一括でバックアップして一気に復元してしまうと、不必要なアプリも復元されてしまいます。

そこで、アプリはよく使用するアプリの名前をメモしておくだけに留め、初期化後にGoogle Playストアから改めてインストールしましょう。なお、Androidに登録するGoogleアカウントを変更しなければ、有料アプリも無料で再インストールできます。

アプリのデータと設定をバックアップする

Playストアからインストールしたアプリのデータと設定は、Googleサーバーにバックアップできます。設定アプリを開き、詳細設定をタップ。

詳細画面に遷移したら、「バックアップとリセット」をタップ。

「データのバックアップ」がオフになっているので、オンにしてください。

オンにしたら元の画面に戻りましょう。元の画面に戻ると、「自動復元」がオンになっていることが確認できます。

これで、「バックアップアカウント」に表示されているGoogleアカウントを、新しい端末に登録するとバックアップしたデータを復元できます。

音楽/写真の端末内データはSDカードかオンラインストレージへ退避

音楽、写真、画像、その他のデータをSDカードやオンラインストレージにバックアップしてください。その他、連絡先も退避しておくことをおすすめします。ここでは、Googleフォトを使用して、写真や画像をバックアップする方法を解説。バックアップ先はGoogleフォトのオンラインストレージ(Googleドライブ)です。

まずはフォトアプリを起動し、トップメニュー検索バー左にあるメニューを開きます。

設定をタップし、「バックアップと同期」まで進みます。

「バックアップと同期」をオンにします。この時、Googleアカウントの選択画面が表示されたときは、写真や画像をバックアップする先のGoogleアカウントをタップします。

「端末のフォルダのバックアップ」をタップします。オンラインストレージにバックアップするフォルダをタップして、オンにします。

オンにしたら「バックアップと同期」画面まで戻ります。次に「アップロードサイズ」をタップします。ここでは、Googleフォトにアップロードする画像のファイルサイズを決めます。

「元のサイズ」をタップします。「高画質(無料、容量無制限)」をタップすると、画質を保ちながらファイルサイズが削減されます。画質は保たれますが、完全に一致するわけではありません。注意しましょう。

アップロードサイズが決まったらバックアップが終了するまでしばらく待ちます。

右上にクラウドのマークが表示されたらバックアップの完了となります。

その他アカウントについて

LINEアカウントやゲームのアカウント、おサイフケータイの情報など、初期化前に操作が必要なものもあります。引き続き使用するアプリがある場合は、アプリごとに、操作を確認してください。特にLINEアカウントは復旧が難しくなるので、必ずログインIDやパスワードは控えるようにしましょう。

おサイフケータイを利用している場合は、それぞれでの電子マネー会社によってデータの移行手順が異なりますので、詳しくは公式ホームページをご確認ください。

Androidスマホの初期化方法

設定アプリを開き、詳細設定をタップ。

「バックアップとリセット → データの初期化」の順番にタップ。

「内部ストレージの消去」をタップしてチェックし、「リセット」をタップ。画面ロックを解除するパターンやパスワードを入力し、最後にリセットをタップ。

これでAndroidスマホの初期化が始まります。初期化前にデータのバックアップやアカウント情報のメモは忘れずに行ってください。

Androidの初期化が完了したらデータの復元を

無事にAndroidが初期化されたら、バックアップしたアカウントを復元したり、アプリを再インストールしたりしましょう。アプリのデータと設定は、自動的に復元されるものもあると思います。復元されなかった場合は、手動で設定してください。

音楽、写真、画像、その他のデータについても、例えばGoogleフォトのように自動的に復元できるアプリもありますが、連絡先などアプリによっては手動で復元する必要があります。Googleフォトなど、オンラインストレージを利用できるアプリは非常に便利です。これを機会にオンラインストレージの利用をおすすめします。

Androidスマホの初期化方法/まとめ

以上が、Androidスマホの初期化方法と準備の解説でした。

この記事のまとめ

  • 初期化前にバックアップを行うこと
  • 初期化自体は時間もかからずサクッと終わる

スマホの初期化をすることで、動作が軽くなるというメリットもあります。ただし、頻繁に行いすぎるのはバックアップの手間もあるのでおすすめしません。

スポンサーリンク

-Android
-,

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.