DigitalNews365

iPhone/Android/ガジェットレビューを始め、スマホアプリの使い方などITニュースを365日お届け

マクドナルド フリーWi-Fiへの繋ぎ方/ログイン方法や制限時間なども

マクドナルド フリーWi-Fiへの繋ぎ方/ログイン方法や制限時間なども

全国にチェーン展開しているマクドナルドではの各店舗では、フリーのWi-Fiを用意しており、店内で軽めの仕事をしたり、友人同士と集まってゲームをする際に多く利用されています。

しかしながら、ボタン一つタップで繋げられるわけでもなく、ログインや会員登録などの手順を踏まないと使うことができません。

そこで本記事では、マクドナルドの無料Wi-Fiへの繋ぎ方について、会員登録(ログイン)から順番に解説していきます。

スポンサーリンク

マクドナルド フリーWi-Fi対応店舗の探し方

マクドナルドでは無料で使えるWi-Fiスポットを提供していますが、すべての店舗で対応しているわけではありません。ですので、自分が良く行くマクドナルドでフリーWi-Fiが使えないと困ってしまいます。

そこで、近隣の店舗がフリーWi-Fiスポットになっているかをまずは確認しましょう。対応しているか確認するには、マクドナルド公式サイトの無料Wi-Fiスポット対応店舗検索を使います。

リンクマクドナルド フリーWi-Fiスポット対応店舗検索

アクセスすると、位置情報をオンにしている場合、近隣周辺のマクドナルドが表示され、無料Wi-Fiスポットに対応しているかを確認できます。

そして、マクドナルドのアイコンをタップもしくはクリックすると、ポップアップが表示されます。そのポップアップの中にWi-Fiアイコンがあれば、その店舗はフリーWi-Fi対応していることになります。

マクドナルド フリーWi-Fiへの繋ぎ方

次は実際にマクドナルドへ赴き、フリーWi-Fiへと繋ぎましょう。

マックのSSID

マクドナルドのSSIDは、「00_MCD-FREE-WIFI」となります。マクドナルドへ行くと、0000docomoやSoftBankなどのSSIDもありますが、そちらはまた別の繋ぎ方になるので今回は省略させていただきます。

「00_MCD-FREE-WIFI」への繋ぎ方

今回はiPhoneでの使い方を紹介しますが、AndroidスマホでもSSIDや繋ぎ方はほぼ同じ手順となります。

まずはiPhoneのホーム画面から設定アプリを開きます。Wi-Fi をタップし、「00_MCD-FREE-WIFI」をタップします。

タップすると、少し間を置いてからフリーWi-Fiへのログイン画面に飛びます。今回は新規登録を例にし、「会員登録」をタップします。

もし、既にマクドナルドのフリーWi-Fiに会員登録している場合、ログインからIDとパスワードを打ち込んでWi-Fiを利用して下さい。

会員登録とログイン手順

「会員登録」をタップすると入力フォームが表示されます。上から順番にメールアドレス、パスワード等を入力してください。入力し終わったら会員登録するをタップします。

なお、マクドナルドフリーWi-Fiへのアカウント登録は、FacebookやTwitter連携での会員登録も可能です。この会員登録方法は、今後のログインでメールアドレスなどを打ち込む必要がないため、次回利用する時に楽ではあります。

最後に、マクドナルドフリーWi-Fiの利用規約に同意した上で、接続するをタップすると会員登録とログインが完了となります。

なお、次回ログインする際は再度Wi-Fiの設定画面から「00_MCD-FREE-WIFI」をタップしログイン画面を開きます。ログインボタンをタップ後、メールアドレスとパスワードを入力してログインできます。

マクドナルド フリーWi-Fiの通信速度計測結果

ゲームなどをする場合、通信が途切れないか、十分な速度は出ているのかが心配です。そこで、マクドナルドのフリーWi-Fiは、午後21時台にどの程度の通信速度がでるのかを計測しました。

今回計測に利用したアプリは「SpeedTest.net」となります。サイトの他に、iPhone/Androidアプリ共に存在します。

21時台
下り速度 上り速度
1回目 7.45Mbps 4.12Mbps
2回目 6.28Mbps 4.87Mbps
3回目 7.71Mbps 3.59Mbps
平均速度 7.14Mpbs 4.19Mbps

爆速とまでは行きませんが、無料で使えるWi-Fiと考えるとそれなりの通信速度がでていると感じました。体感速度も遅いと感じず、ストレスなくWi-Fiを利用することが出来ています。

もしかすると、マクドナルドの無料Wi-Fiスポットの存在を知らない人が多く、接続している人が少ないからこその通信速度なのかも知れません。

マクドナルド フリーWi-Fiに繋がらない時の原因と対処法

主にフリーWi-Fiに繋がらない原因として挙げられるのが次の通りです。

  1. 1時間の利用時間が過ぎている
  2. Wi-Fiに繋がりにくい座席、階にいる
  3. 利用手続きが完了していない

特に多いのが、利用手続きが完了しておらず接続できたと勘違いして使っている事です。利用手続した後、端末のWi-Fi設定画面で接続状態になっているかを確認してみましょう。

もし接続できていない場合は、会員登録が中途半端な状態になっているので、最初からやり直すか、途中から再開して利用手続きを済ませましょう。

その他に、フリーWi-Fiの利用時間制限や、Wi-Fiから遠い座席に座っていて繋がらない事もあります。それらについては次章で詳しく解説していきます。

マクドナルド フリーWi-Fiを使う際の注意点

マクドナルドの無料Wi-Fiスポットを利用する際の注意点をいくつかご紹介します。

【1】1回60分の利用制限がある

マクドナルドのフリーWi-Fiは、1時間の利用制限があります。1時間経過すると自動的にWi-Fiの接続が切れてしまいます。

しかし、再度「00_MCD-FREE-WIFI」にログインすると、同日でもまた1時間使うことが可能です。

【2】座席や階数で通信速度が変わる

マクドナルドは店舗によって大きさがかなり異なります。2階席の店舗だったり、横に広い店舗だったりと様々です。

そこで問題となってくるのが、広すぎるためにフリーWi-Fi設置店舗でも座席の場所や階数によって大きく通信速度が変わることがあります。

その店舗がどの場所にWi-Fiルーターを設置しているか不明なため、自分の足で繋がりやすい座席や階を探し出す必要があります。

場合によっては、端と端の席で最大通信速度が10Mbps以上違ってくることも。

【3】マクドナルドのフリーWi-Fiは暗号化されていない

iPhoneなどからWi-Fiの設定画面を開くと、マックのフリーWi-FiであるSSID「00_MCD-FREE-WIFI」があるはずです。その画面で注目してもらいたいのが、Wi-Fiマークの横にある「鍵アイコン」です。

鍵なしアイコンの場合、その通信は暗号化されていないという意味になるので、多少の危険性は発生します。

例えば実際にあった例だと、暗号化されていない無料Wi-Fiスポットを使ってしまい、その時に口座番号やクレジットカードの番号を取得され悪用されたという報告もあります。

しかし、今回はマクドナルドのフリーWi-Fiであるため、そのような盗み見の心配はそこまでありません。危険なのは、見たことないSSIDの暗号化されていない無料Wi-Fiスポットです。

第3者が情報収集目的のために仕掛けた罠、という可能性もあるので注意しましょう。マクドナルドのSSIDは「00_MCD-FREE-WIFI」ですので、間違わないようにしてください。

マクドナルド フリーWi-Fiならではの特典も

マクドナルドの無料Wi-Fiを使うことで、限定コンテンツを楽しむことが可能です。

例えば、AWAアプリ限定で聞けるマクドナルドが作ったプレイリスト。以前はNetflixのキャンペーンなども行っていました。

そこまで大きな特典ではないですが、ささやかなコンテンツとして認識してもらえればと思います。時期によってはクーポンなどの配布もあるかもしれません。

Return Top