Twitter

ひすったーでブロック確認!フォロワー管理が楽になる使い方解説

更新日:

ひすったーはTwitterアカウントのフォロワー増減や、フォロワーの関係性などが確認できるツールです。

アカウント傾向を確認できるため、Twitter運用にとても役立ちます。

またひすったーには、Twitter運営を手助けしてくれる他の機能がいっぱいです。

無料でどれだけの機能が使えるのか、ひすったーの使い方やできることについて紹介していきます。

ひすったーとは?

ひすったーでできる情報

ひすったーとは、Twitterのフォロー・被フォローの整理や管理を便利にする機能を提供しているツールです。

Twitterホームでは確認しきれない内容を随時確認できるので、様々なアカウントの管理が楽になります。

もしかしてブロックされた?というような情報も得られるので、フォローした相手の反応がわかります。

管理したいTwitterアカウントと連携するだけで簡単に使えるので、多くのTwitterユーザーに人気です。無料で安全性が高いのに、使える機能が豊富なのが人気の秘密です。

ひすったーで履歴管理できる内容

ひすったーと連携すると、初回ログイン時にアカウントのデータが記録されます。

その後、前回のログインから変動したデータを履歴として残してくれます。

  • フォロー解除した
  • フォロー解除された
  • フォローした
  • フォローされた
  • ブロックした
  • ブロック解除した
  • ブロックされた可能性

履歴管理できる内容はこの7項目です。ログインやデータの再取得を行うと、前回のログインから上記の項目に当てはまる変動数が表示されます。

履歴ページでは、各項目に当てはまるアカウントをアイコンで表示、スクリーンネームや表示名も確認できます。

ひすったーはログインや再取得を行った時だけデータが更新される仕様です。そのため、ログイン頻度が高いほど履歴の精度が上がります。

Twitter運営をする際に、ひすったーにもログインする癖をつけるといいでしょう。

ひすったーで一覧確認できるアカウント内容

ひすったーで確認できるアカウントの一覧

ひすったーは履歴管理以外にも、様々な項目が確認できます。どのような内容が確認できるのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

相互フォローのアカウント確認

ひすったーの「相互フォロー一覧」のページに入れば、相互フォローされているアカウントが一覧で確認できます。どういうアカウントがフォロバしてくれているのか知りたい時に便利です。

片思いのアカウント確認

「片思い一覧」のページでは、こちらだけが一方的にフォローしている人を確認できます。フォローを返してもらえないアカウントが一目でわかるので、興味を持ってもらえないアカウントを分析できます。

直接ひすったーからフォロー外しはできませんが、フォローを外してもいいアカウントがわかるでしょう。

片思われのアカウント確認

片思いの反対、一方的にフォローしてくれているアカウントを確認できます。フォローを返し忘れている人を確認できるので、フォロバ忘れを回避できるでしょう。

相互フォロー希望などのアカウントでなければ、自分に興味を持ってくれるアカウントも把握できます。

ブロック済みのアカウント確認

「ブロック済みアカウント一覧」では、既に自分がブロックしているアカウントだけを確認できます。危険ユーザーが一目でわかるので、間違って関わってしまう心配がありません。

ブロックされた可能性のあるアカウント確認

ブロックされた相手を確実に特定することはできませんが、ブロックした可能性のあるアカウントは見つけられます。

「ブロックされた可能性」の箇所に出てきたアカウントからは、ブロックされている可能性があります。

ただし、ひすったーは同時期にお互いがフォロー解除する現象をブロックとみなしているため、必ずしもブロックされているとは限りません。

確実にブロックされたかどうか確認するには、実際にTwitterで相手のアカウントに入る必要があります。

ひすったーは「やりとり」も簡単に調べられる

ひすったーでやりとりを検索している

ひすったーではアカウントの管理ができるだけではなく、特定の相手とのやりとりも検索できます。

自分がやりとりした相手との内容は勿論、特定のアカウントを調べたい時に役立つ機能です。

〇〇との過去のやりとりを検索

特定のアカウントと自分とのやりとりを検索したい時におすすめの機能です。リプライ・メンション・引用RTが対象となるので、そのアカウントとの関わりを全て確認できます。

フォロワーが多くて人を特定するのに時間がかかる場合も、これを使えばすぐに自分との関係性を確かめられるでしょう。

〇〇が誰かに送信したリプライ検索

気になるアカウントが普段どんなリプライを送っているのか、どういう人とやりとりしているか調べられます。

調べたいアカウントのスクリーンネームを入力すれば一覧で表示されるので、すぐに確認できます。

相手の交友関係や興味のある人がわかるので、ビジネス面でのアプローチ時に役立つでしょう。また、変なやり取りをしている人ではないか確認できるので、アカウントの性質がわかります。

〇〇に飛んでいるリプライを検索

気になるアカウントに飛んでいるリプライを検索できます。普段どんな反応をもらっている人なのか、対象のアカウントに対するリプライを一覧で確認できます。

ひすったーを使えばTwitter運営が楽になる

これまで見てきたように、ひすったーでは様々なことができます。ひすったーを上手く活用すれば、アカウントの運営が楽になるでしょう。

どのような使い方ができるのか、具体的に見ていきましょう。

ツイートに対する影響がわかる

ひすったーでツイートの影響力を確認している

ひすったーは分析結果から、どのようなツイートが好まれるのか、周りに反響を呼ぶのかチェックするのに役立ちます。

また、ツイートがどんな層にヒットしているのかも分析できるので、ターゲットとのズレを確認できるでしょう。

フォロー解除した人、フォローされた人を期間内で確認できるので、ツイートによる人数の変動が調べられます。

どれだけフォロバされたかわかる

Twitter運営をしていると、興味を持ってほしい人、ターゲットとしているアカウントをフォローする作業は必須です。

しかし、フォローしただけで結果を見ていなければ、好まれるアカウント傾向はわかりません。

ひすったーでアカウントの履歴を確認すれば、フォローした後どれくらいの期間でどれだけの人がフォロバしてくれたかが一目でわかります。

フォロバしてくれたアカウントに何か傾向はあるのか、分析もできるでしょう。

アカウント凍結リスクが下がる

Twitterでは、短期間の大量フォロー、アンフォローを繰り返すとモラルに反するアカウントと判断されます。一時的にアカウントを止められる時もあれば、ひどい場合は凍結の恐れもあります。

凍結されてしまっては、今まで積み上げてきた信用を失うことになるでしょう。ひすったーでアカウントの管理を行えば、戦略を考えてフォロワー獲得に向けた行動ができます。

やみくもに動くことがなくなり、凍結の危険を回避できるでしょう。

ひすったーの連携方法

ひすったーと連携

ひすったーのツールは、Twitterと連携するだけですぐに使えます。

  1. ひすったー公式ページにアクセス
  2. 「Twitterアカウントで認証する」を押す
  3. 利用許可の画面を確認しログインする
  4. 認証が完了すると、ひすったーのマイページに自動移行

たったのこれだけで、の連携が完了します。連携出来次第、ひすったーの機能が使えるようになります。

ひすったーではできない内容

ひすったーはTwitter運営する上で便利なツールですが、残念ながら対応していない機能もあります。

ここでは、使ってから勘違いしてしまいがちな「ひすったー」では使えない機能を紹介します。

メールやDMを使った通知

ひすったーはログインや再取得を行わなければ、最新データは更新されません。そのため、アカウントに何か動きが起きても、直接通知はされません。

マイページにログインする以外、ひすったーの履歴を確認する方法はないので気を付けましょう。

ブロック状況を調べる

ひすったーでは「ブロックされた可能性」としてアカウントの確認はできます。しかし、現在ブロックされているアカウントを一覧確認したり、ブロックされている人数を調べたりはできません。

ひすったーだけではなく、ブロック状況を正確に調べられるツールは今のところありません。

アカウントを確認すればすぐにわかることですが、あえてブロックを伝える必要はないと考えられているのでしょう。

ひすったーは安全に使える?

ひすったーがパソコンのセキュリティーを守っている

Twitterと外部ツールやアプリを連携させたのが原因で、乗っ取られてしまったり、個人情報を盗まれたりする事例が多発しています。

そのことにより、昔よりもツールを入れるのに抵抗を感じる人は多いでしょう。

結論からいうと「ひすったー」は安全です。ネット上でもひすったーが原因で問題が起きた人はいません。

安全性は認証画面で確認できる

連携を許可してもいいのかどうか心配になった時、認証画面を確認すれば安全性がわかります。

認証画面に何が書かれているのか、普段気にせずに認証してしまう人がほとんどでしょう。実は、認証画面には連携先のツールが「アカウントに対してできること」が書かれています。

ひすったーならば「タイムラインのツイートを見る」「フォローしている人を見る」この2つの許可が求められます。

同時にできないことも確認でき、ひすったーでは「新しくフォローする」「プロフィールの更新」「ツイートする」この3つは行われません。つまり連携を許可しても、勝手にアカウントが動かされる心配はないということです。

他のツールと連携する際も、認証画面を確認するようにしましょう。

認証画面で乗っ取り系アプリを判別できる

認証画面のできることの項目で安全性が確認できると前述しましたが、乗っ取られる内容かどうかも確認できます。

乗っ取り系アプリには、アカウントに対してできる内容に「新しくフォローする」「ツイートする」などの項目が書かれています。

ツールと連携しただけで、自分の知らないところで誰かをフォローしていたり、勝手にツイートしたりするということです。

認証画面でこれらの項目を見逃して連携してしまうと、自分のアカウントが奪われるだけではなく、他ユーザーにも影響を与える可能性があります。

ひすったーの偽物に注意

ひすったーの偽物に騙された女性

ひすったーは多くのTwitterユーザーが利用しているため、本物のフリをした偽物ツールが存在します。

偽物は基本的に認証画面で様々な要求をしてくるので、内容を確認すれば未然に防げるでしょう。

代表的な偽ひすったーツールを紹介します。

ブロックされてるか調べようったー

このツールは、リダイレクト先をひすったーにして、あたかもひすったーと関連性があるように見せかけています。ひすったーとはなんの関係もないので注意してください。

連携を認証すると、ツイートの許可をしてしまうため、知らないうちに悪質なツイートがつぶやかれます。

「意外な人からブロックされていた」「あなたをブロックしている人を知りたいならこちら」というように、興味を引くような内容を送り、ツイートを見た人も連携させる作戦です。

ツイート内容は一定時間を過ぎると消され、乗っ取られた本人に気付かれないようにしています。そのため、頻繁に自分のアカウントを確認するか、フォロワーに教えてもらわない限り気付きにくいのがやっかいなところです。

ブロックCHECK!

こちらも同じように、ツイートの権限を許可してしまうツールです。「ブロックされるか調べようったー」と同じく、興味のあるツイートで連携させようとします。

「一瞬で20万貰えた!」などの派手な広告ツイートを送るので、フォロワーからの信用も失う可能性があります。連携を解除しない限り、定期的にツイートされてしまうので気を付けましょう。

ひすったーと間違えて悪質ツールと連携した場合

ひすったーと間違えて悪質ツールと連携してしまった

ひすったーの偽物など、悪質ツールと連携したことに気付いたら、すぐに連携を解除しましょう

連携解除はTwitterホームから簡単にできます。Twitterの「設定とプライバシー」を押し、一番上の「アカウント」に進みます。

「アプリとセッション」を押すと、連携しているアプリが一覧で表示されます。連携を解除したいアプリをタップすると、一番下に「アクセス権を取り消す」ボタンで連携を解除できます。

ひすったーは他ツールとの併用で更に便利に!

ひすったーだけではなく、他ツールとも併用すると更にアカウントの運用が楽になります。

ひすったーと併用しやすいツールを見ていきましょう。

片思いったー

「片思いったー」はその名前の通り、片思い中のアカウントを一覧表示してくれるツールです。フォローバックされていないアカウントを確認できるだけではなく、フォロー解除もツール上で行えます。

他にも、片思いったーを使い続けると、リフォロー率(フォローバックしてくれる確率)が高いアカウントを一覧表示。

どういうアカウントに興味を持ってもらえるかが一目で確認できるので、フォローするターゲットの絞り込みに役立ちます。

えごったー

ひすったーと併用で使いやすいえごったー

「えごったー」は、フォロワーの減少や、ブロック時にお知らせしてくれるツールです。ひすったーとは異なり、DMで通知してくれるのが嬉しいところです。

リアルタイムでアカウントの変動を知りたい人は、「えごったー」と併用使いしましょう。

他にも片思いチェックや、アクティブに動いていないユーザー検索など様々な機能があります。アクティブユーザーだけを残すのに役立つでしょう。

ひすったーに関するQ&A

ひすったーに関する質問を書く女性

ひすったーに関するよくある質問をまとめました。より内容を詳しく知りたい方や、まだ使うかどうか悩んでいる人は確認してみてください。

Q1.FF外のブロックの履歴が残っていません

ひすったーに出てくる「ブロックかも」の情報は、フォロー・フォロワー内の情報しか出てきません。

FF外、つまりフォローしてもされてもいない人からブロックされた場合は、ひすったーでは確認できません。

Q2.フォロー解除された日付はわかりますか?

ひすったーは前回ログインした時からの変化しか調べられません。毎日ログインしていれば日付を特定しやすいですが、基本的に明確な日にちは表示されません

〇日~〇日という形で、一定期間内での表示となります。

Q3.ブロックされているかどうか確実にわかりますか?

ひすったーの「ブロックかも」は、同時期にフォローを解除し合っている状態から確認しています。そのため、実際はブロックされていない時にも表示される場合があります。

フォロー解除された時に通知されるツールはありますが、ブロック時に通知してくれるツールは他にもありません。

確実にブロックを確認するには、実際にTwitterで相手のアカウントを開けるしかないでしょう。

Q4.ひすったーを利用すると勝手にツイートされますか?

ひすったーにはツイート権限はないので、知らないうちにツイートされる心配はありません。読み込み専用の機能しか許可されないので、仕様上勝手にツイートできません。安全に使えるでしょう。

Q5.フォロワーが7万以上の場合は使えないって本当ですか?

条件次第で対応できる場合もあるので、一概にできないとは言えません。ただ、基本的には利用できないと考えておきましょう。気になる方はひすったーの公式に問い合わせてみてください。

Q6.必要なくなった時、連携解除できますか?

連携解除はいつでもできます。ひすったー上に情報が残ってしまうので、連携解除する時は先にひすったーマイページから「ひすったーの利用停止処理」をして、データを消去しましょう。

その後は他のツールの連携を解除する時と同じやり方でできます。

ひすったーを有効に使ってアカウントを育てよう!

ひすったーを上手く活用すれば、フォロワーを増やすのも楽になります。

自分のツイートがどんな影響を与えているのか、どれだけの人に興味を持ってもらえているのか、まずは確認してみましょう。

ひすったーだけじゃよくわかない人は、他の便利ツールと併用すると効果倍増です。ひすったーを活用して、Twitter運営を楽にしよう!

-Twitter
-Twitter

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.