iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

「iPhone XS」どのカラーを買う(買いたい)?

View Results

Loading ... Loading ...

Android

Androidスマホが重い・動作が遅い原因と対処法/メモリ不足が主な要因

更新日:

Androidスマホを使っている時に「動作が重いな」と感じた事はないでしょうか。アプリの起動が遅かったり、写真の切り替えがもたついたりと、一つ一つの動作がもっさりするのは意外とストレスに感じます。

そこで本記事では、Androidスマホの動作が重い/遅い時の原因から解決法までを、実例を元に解説しています。今回使用するAndroidスマホは「XperiaSO-4J」です。

スポンサーリンク

Androidスマホの動作が重い/遅い主な原因

なぜAndroidスマホが重くなるのかというと、メモリが不足している事が真っ先に原因として挙げられます。メモリとはスマホを動かすための作業領域だと思って下さい。

アプリを一つ起動するごとに、作業領域にアプリの名前を書いていきます。終わったら作業領域から名前は消えますが、ここできちんと終わらせないと作業領域に名前が残ってしまいます。

そうやってメモリにアプリの名前が沢山書かれてしまうと、新しい名前を書く空白がなくなってしまいます。

この、空きが少なくなる状態を「メモリ不足」といいます。つまり、スマホの動作を改善するにはメモリに十分な空白を作る事が必要です。

メモリ不足を改善する方法

パソコンだったらメモリを増設するという方法もありますが、残念ながらスマホではできません。最大容量を増やせない以上、不必要なデータを小まめに消去する必要があります。

【1】実行中のアプリを終了する

スマホのアプリは画面を切り替えたとしても終了しません。なぜなら、アプリがバックグラウンドで起動したままになっているからです。これがメモリを圧迫する原因になります。

ですので、まずはバックグラウンドで実行中のアプリを終了する手順についてご紹介します。

1.ホームボタン横にあるボタンで、起動中のアプリが確認できます。必要ないアプリをスワイプ、あるいは「×」を押して終了します。

【2】キャッシュのクリア

キャッシュとは、ブラウザを開いた時に表示される画像などを一時的に保存して置くことを指します。そうしておくと、次に同じページを開いた場合、すぐに開けるようになります。

このキャッシュもメモリに保存されるため、メモリを圧迫する原因になります。キャッシュをクリアする手順は以下のとおりです。

1.まずは設定アプリを開きます。次に「ストレージ」の項目を開き、内部共有ストレージをタップします。

するとスマホ内のデータがカテゴリ別に分類されているのがわかります。その中から目的のアプリを探して、キャッシュを削除をします。

【3】ウィジェットやライブ壁紙を停止する

ウィジェットとは、ホーム画面状にあるミニアプリの事を差します。下記画像では、時計やGoogleの検索バーがウィジェットにあたります。

これらを起動して放置しているのも、実はメモリを圧迫してしまうため、メモリ不足を感じたら終了するのがお勧めです。ウィジェットを消してもアプリ自体は消えませんので安心してください。

消したいウィジェットを長押しするとホーム画面からの削除という表示が出ます。そこにウィジェットを運べば消去されます。

また、動きのある演出が特徴のライブ壁紙もメモリを圧迫します。

「設定」→「外観」→「壁紙」を開き、動かない壁紙を選択すれば変更完了です。

【4】使っていないアプリのアンインストール

アプリは起動していなくてもメモリをある程度圧迫します。

どうしても重い現象が改善されないという時は、アプリをインストールしたしすぎた可能性があります。不要なアプリをアンインストールしてみましょう。

【5】アプリのアップデート

アプリのアップデートには、アプリ自体の動作を改善する場合もあります。

ですので、アプリは小まめにアップデートする事をおすすめします。。Googleプレイからインストールしたアプリは、Googleプレイストアで一括アップデートが出来ます。手順は以下のとおりです。

1.Googleプレイを起動し、マイアプリ&ゲームをタップ。

保留中のアプリを「全て更新」をタップしてアップデート完了です。この時注意するのは、WiFi接続をしていないとデータ通信を多く使ってしまうことです。

なるべくWiFi環境でアプリのアップデートを行いましょう。

【6】端末の再起動/初期化

とりあえずAndroidスマホが重いと感じたら、一度再起動してみることをおすすめします。再起動すると、バックグラウンドで実行されていたアプリが全て終了されますし、困ったら端末の再起動は鉄板の行動です。

スマホを工場出荷状態に戻す「初期化」作業は最終手段として残しておきましょう。再起動やキャッシュクリアでも動作が重い/遅いが直らない場合に、バックアップをしっかりとってから実行して下さい。

初期化はバックアップ等が面倒なので、筆者はあまりおすすめしていません。

【7】スマホのスペック不足

もし、何をやっても重いのが解消されない場合は、そもそもAndroidスマホのスペックが低い可能性があります。

特にスペック不足を顕著に感じるのが、スマホでゲームをするときです。プレイしているゲームアプリの動作推奨環境ギリギリのスペックですと、最低限動くレベルなので動作が重く感じてしまうでしょう。

スペック不足は、メモリが足りない他に、CPU性能なども原因として挙げられます。スマホは増設やカスタマイズが不可能なので、買い替えをするしかありません。

メモリ解放アプリを使い重い原因を解消

メモリ不足を解消する方法を説明して来ましたが、これらを一々確かめながら作業するのは正直面倒だなと思う方も居るかもしれません。そんな方にオススメなのがアプリを使ってメモリを解放する方法です。

メモリ解放系アプリをインストールすると一つの画面だけでメモリの状態からCPUの温度、ストレージの残量が分かります。

今回は「Power Clean - 最適化クリーナー」を例にして解説します。

インストールして起動すると下記画面が表示されます。右下のRAMがメモリ使用量です。そこそこメモリを使っているのが一目で分かります。その下にある緑色の箒がキャッシュクリアの操作ボタンです。

開くと、このようにキャッシュだけでなくジャンクファイルなども自動で拾い集め消去のリストに入れてくれます。右のチェックマークで残すのかどうかを決められるので、消したくない物は残しておくことが出来ます。

キャッシュクリア以外にも様々な機能が搭載されています。また、メモリ解放系のアプリはこれ以外にも多くあるため、自分にあった物を探すのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

ウイルスが原因で重くなることはほぼない

Androidの動作が重くなる原因として、ウイルス感染したからと言われる方も稀にいますが、その可能性は低いです。

ウイルスはどちらかと言うと、スマホ内に入っているデータのクラッシュや、電話帳やメールアドレス、パスワードなどの個人情報を抜き取るのが目的です。

ですので、Androidの動作が遅いのはウイルスではなく、今回主な要因として挙げたメモリ不足がほとんどです。

Androidスマホが重い原因と対処方法/まとめ

以上、Androidスマホが重い/遅い原因と、対処方法の紹介でした。

スマホは生活の必需品となりました。毎日使うだけに、重たくなったり動作が悪くなるのはストレスになりやすいです。今回紹介した方法を試して、快適なスマホ生活を送ってください。

スポンサーリンク

-Android
-Android, スマホ, 遅い, 重い

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.