Galaxy S8/S8+とiPhone7のカメラ性能を徹底比較!カメラ起動方法も併せて紹介

Galaxy S8およびGalaxy S8+には多彩なエフェクトやモードによるカメラでの撮影が可能となっており、カメラ性能に関しては決して悪くはないという評価です。

では実際にどの程度のカメラ性能なのかを確かめるべく、このページではGalaxy S8/S8+とiPhone7のカメラ性能を比較してみました。お互い様々なエフェクトを使い写真撮影して見たので、端末ご購入の参考にして頂けたらと思います。

スポンサーリンク

Galaxy S8のカメラの画素数

Galaxy S8およびGalaxy S8+にはメインカメラとインカメラと2つのカメラが備わっており、それぞれの画素数は次のようになっています。

  • メインカメラ:約1220万画素
  • インカメラ:約800万画素

今回のGalaxy S8ではGalaxyでは初めて、インカメラにもオートフォーカス(AF)機能を搭載しています。このオートフォーカス機能が搭載されたことによって、自撮りをする際にピントが合いやすくなり撮影が楽&キレイな写真が取れるようになりました。

さらにGalaxy S8/S8+ではメインカメラ・インカメラ共にF値1.7の明るいレンズを使っているため、暗い場所での撮影もブラックノイズが少ない綺麗な写真をとることが可能になりました。

F値(絞り)とはレンズに取り込む光の量を数値化したもので、この値が小さければ小さいほど多くの光を取り込めるようになります。

Galaxy S8のカメラ性能

早速Galaxy S8のカメラ性能を確かめていきたいと思います。

まずはGalaxy S8にはどんなフィルター(エフェクト)があるのか、そしてフィルターを使った撮影写真はどのように変化するのかを紹介していきます。

Galaxy S8のフィルター加工(エフェクト)

それぞれのフィルターをデフォルトの状態で撮影した写真と比較して並べました。

クリーム・ディープ

森林・クラシック

安らぎ・思い出

メープル・花

そよ風・新鮮

サンシャイン・グレースケール

クッキークリーム・ノスタルジア

ミステリー

以上がGalaxy S8およびGalaxy S8+に用意されているフィルターの紹介でした。フィルターの種類はiPhone7と比べると2倍くらい多くなっています。

それぞれのフィルターを使って、場面に合わせた写真撮影をすることが可能になっていますので、写真を撮る際はぜひフィルターを活用してみてください。いつもとは少し違う写真をインスタグラムにアップロードできるようになりますよ。

スタンプやリアルタイムフェイスフィルターも

Galaxy S8/S8+には写真撮影時のフィルターとして、スタンプやリアルタイムフェイスフィルターも用意されています。

スタンプ

下にスクロールしていくとたくさんのスタンプが用意されているので、使えそうなスタンプがありましたら利用してみるのもいいでしょう。

リアルタイムフェイスフィルター

リアルタイムフェイスフィルターとは一言で言うとSNOWアプリのようなものです。このフィルター機能は顔認証システムと連携しているので、人間の顔以外にはフィルターが反映されません。素晴らしい技術。

メインカメラとインカメラ両方で使えるフィルターです。自撮り写真のちょっとしたアレンジにピッタリのフィルターになっています。

プロモードでカメラ機能を最大限に活かす

Galaxy S8/S8+にはプロモードと呼ばれる機能があります。この機能は、ISO、シャッタースピード、露出、色調、マニュアルフォーカス、ホワイトバランスの6種類の設定ができるようになり、自分の思った通りの写真を撮影する際の調整機能として使えます。

軽くホワイトバランスの調整をしてみると、上記画像のように雰囲気が全く別物の写真となります。プロモードを使いこなせるようになると、Galaxy S8での写真撮影がより楽しくなると思います。

その他便利なカメラ機能

これまでプロモードやフィルター加工についてご紹介してきましたが、Galaxy S8にはその他にも便利なカメラ機能が備わっています。

食べ物の撮影にピッタリな食事モードや、動く写真のバーチャルショット、オートフォーカスを使わずに自分でフォーカスを調整できる選択フォーカスなど、便利なカメラ機能が満載です。

特におすすめな機能が選択フォーカスです。ピントをしっかりと合わせた美しい写真を撮るにはもってこいの機能ですので活用してみてください。

以上が、Galaxy S8/S8+のカメラ性能の紹介でした。次にiPhone7のカメラ性能を見ていきたいと思います。

iPhone7のカメラ性能

まずはiPhone7とGalaxy S8+のデフォルト状態で撮影した写真を見比べてみましょう。

どちらかと言うと、Galaxy S8+のほうが明るい写真になっているかと思います。色合いが濃いとでも言うのでしょうか。iPhone7のF値は1.8、Galaxy S8のF値は1.7なのでこのような明るさの違いで出たのかもしれません。

iPhone7のフィルター

iPhone7のフィルターは全部で8種類存在します。Galaxy S8では15個だったので、約2倍くらいの差があります。それではiPhone7のフィルターを簡単に紹介していきます。

モノ・トーナル・ノアール

フェード・クローム

プロセス・トランスファー・インスタント

似たようなフィルターもありますが、フィルター加工をすることでかなり写真の雰囲気が変わります。

iPhone7のカメラはシンプル

iPhone7のカメラ機能は非常にシンプルで、フィルター以外には選択フォーカスなどの機能くらいしか備わっていません。

ただし、iPhone7 Plusになると話は変わってきます。

iPhone7 Plusの場合はデュアルレンズが搭載されているため、ピントを合わせた対象以外の背景はボケを入れるという「ポートレート」という機能があります。

ですので、本来Galaxy S8と比較すべきはiPhone7 Plusなのかもしれません。

Galaxy S8 カメラの起動方法

Galaxy S8のカメラを起動する方法は大きく分けて3種類あります。

  • Galaxy S8のロックを解除してアプリを起動
  • ロック画面のカメラアイコンをタップして認証解除して起動
  • 電源ボタンを素早く2回押してカメラアプリをクイック起動

クイック起動が特に楽に感じます。この機能はGalaxy製のスマートフォンならほとんど使える機能です。ただし、Galaxy S8/S8+以外に関しては電源ボタンではなくホームボタンを2回押して起動となります。Galaxy S8からは物理ホームボタンがなくなったのでこのような代替案がされたようです。

クイック起動を解除/設定するには、設定アプリの「高度な機能」からおこなうことが出来ます。

最後に

以上が、Galaxy S8とiPhone7のカメラ性能の比較と、Galaxy S8のカメラ起動方法の紹介でした。

個人的にはGalaxy S8のカメラのほうが全体的に明るくて色合いも濃いので好みです。

フィルター加工や撮影モードもたくさんあるので、カメラ撮影がより一層楽しくなるのではないでしょうか。

Galaxy S8+のSIMフリー版実機レビュー!技適マークはないので利用時は注意

2017.06.13
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。