Galaxy S8+のSIMフリー版実機レビュー!技適マークはないので利用時は注意

ドコモ版のGalaxy S8+の予約競争に負けたので、Galaxy S8+のSIMフリー版(グローバル版)を海外からお取り寄せしました。

そこで今回は、Galaxy S8+ SIMフリー版の実機レビューをしていきます。

今回はSIMフリー版の実機レビューとなりますが、ドコモやauで購入できるのでしたら、そちら経由で購入してSIMロックの解除をしてから格安SIMなりを挿して使うことをおすすめします。
スポンサーリンク

Galaxy S8+ SIMフリー版のスペック

名称 Galaxy S8+
プロセッサ Snapdragon 835(MSM8998)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB/128GB
OS Android7.0
アウトカメラ 約1220万画素
インカメラ 約800万画素
サイズ 約73 × 160 × 8.1mm
バッテリー 3500mAh
ディスプレイ 約6.2インチ(2960 x 1440)
SIMサイズ nanoSIM x 2
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac , 2.4 GHz & 5 GHz / NFC
Bluetooth Bluetooth 5.0
その他 防水/防塵/USB Type-C

Galaxy S8+はハイエンド端末に分類され、ベンチマークもかなりの高スコアとなっており、iPhone7、Xperia XZ Premium、Galaxy S8が肩を並べるようなイメージが一番近いかと思います。

液晶は全面ディスプレイとなっており、エッジ部分も曲面、ベゼル部分はかなり小さくなっており、Galaxy S8+に至っては縦に長く感じます。ボディ部分は美しいガラスが使われており、そのガラスに使われている素材が「ゴリラガラス5」となっています。

ゴリラガラス5は非常に耐衝撃性に優れていますので、落としてガラスがバキバキに割れたとしても、中身は無事なケースが多いです。海外のレビュアーがGalaxy S8とiPhone7を落として耐久性テストをしている動画がありますので、Galaxy S8+の耐久性が気になる方はチェックしてみてください。

今回購入したGalaxy S8+のSIMフリー版はDSDS(デュアルスタンバイ)に対応しているスマホですが、市場にシングルSIMモデルのGalaxy S8+も存在しています。また、1つはmicroSDカードスロットも併用するため、microSDカードを装着する場合は実質シングルSIMモデルとなってしまいます。

Galaxy S8+ SIMフリー版の対応バンド

SIMフリー版で気になるのは、国内で使えるバンド数にマッチしているかどうかです。結論から言ってしまうと、今回購入したGalaxy S8+(SM-G9550)のSIMフリー版は、「ドコモ」「ソフトバンク」回線なら問題なく使える、ということです。

auに関してはLTEエリアには対応していますが、3Gエリアには対応していないのでUQmobileだとちょっと厳しいかなと感じました。

Galaxy S8+の対応周波数帯については下記のとおりとなります。

  • LTEバンド:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/38/39/40/41
  • 3Gバンド(W-CDMA):850/900/1700/1900/2100
  • 2Gバンド:850/900/1800/1900

とりあえずBand1に対応しているのは嬉しいポイント。これが対応してなかったら使い物になりません。ただし気をつけたいのは、山間部で使う場合です。山間部で使う場合、一般的にはLTEはBand19、3GはBand6に対応してるのが普通。

しかし、SIMフリー版のGalaxy S8+はドコモのBand6に対応していないので、日本でも使うことができない場所も存在します。一応ソフトバンク回線だと、今回のバンド数に全て対応しているので使うことができますので、ワイモバイルなどと組み合わせると良いかもしれません。

対応バンドについてはコチラの記事で詳しく解説しています。

参考Galaxy S8の対応バンド(周波数)まとめ!ドコモ/au/SIMフリー版の決定的な違いとは

 

3大キャリア、au・ドコモ・ソフトバンクの対応周波数帯については下記表を参考にしてください。

周波数帯(バンド)DocomoauUQソフトバンクワイモバイル
2100MHz(Band1)W-CDMA
LTE
CDMA2000
LTE
W-CDMA
LTE
1800MHz(Band3)LTELTE
800MHz(Band6)W-CDMA
900MHz(Band8)W-CDMA
LTE(プラチナ)
W-CDMA
LTE
1700MHz(Band9)W-CDMA
1500MHz(Band11)LTEW-CDMA
800MHz(Band18)CDMA2000
LTE(プラチナ)
800MHz(Band19)W-CDMA
LTE(プラチナ)
1500MHz(Band21)LTE
800MHz(Band26)LTE
700MHz(Band28)LTELTE
2.5GHz(Band41)TD-LTELTE
3.5GHz(Band42)LTELTELTE

Galaxy S8+のベンチマーク

Galaxy S8+のベンチマークを「GeekBench4」「Antutu Benchmark」の2つを使って測定してみました。

GeekBench4

Antutu Benchmark

2つのアプリを使ったベンチマークの測定結果ですが、どちらもかなりのハイスコアを記録することができました。

Antutu BenchmarkではiPhone7 Plusに次ぐスコア値を記録。正直文句のつけようがありません。3Dのベンチマークも良好ですし、CPUに関しても太鼓判を押せるくらいのスコアを記録することができました。

Galaxy S8+ SIMフリー版の外観レビュー

Galaxy S8+の簡単なスペックを紹介したところで、早速SIMフリー版の外観レビューをしていきたいと思います。SIMフリー版なので内部ストレージが128GBのものを購入しました。

まずは外箱から。今回購入したGalaxy S8+のカラーはミッドナイトブラックです。そのためか、外箱も真っ黒な仕様となっていました。もしかするとカラーによって外箱の色も違うかもしれませんね。

付属品はこんな感じ。カナル型イヤホン、microUSB-Type-c変換器、ACアダプタ、USB Type-cケーブル、USB-microUSB変換器、取扱説明書などが本体以外に入っています。

Galaxy S8+の表面と裏面になります。ゴリラガラスが背面と側面に使われているので、非常にツヤのある外観。ミッドナイトブラックを選んで正解だったかもしれない。

右側面にボリュームボタン、そして反対側には音量コントロールボタンとBixbyボタンの2つが物理ボタンとしてついています。

上部と下部もチェック。上部にはSIMカードやmicroSDを挿し込みSIMスロットが備わっています。そして下部にはスピーカー、Type-C端子、イヤホンジャックの3つがついていました。もう少し薄くなると今度はイヤホンジャックが無くなるかもしれませんね。

実際に電源を入れてディスプレイの色彩や解像度などを確認。ひと目見た瞬間「めっちゃキレイだな」というのが正直な感想。ディスプレイは本当にキレイなので、高画質の動画を見るには持って来いだと思います。

そして、本当に曲面ディスプレイのエッジ部分も映像が映るのかを確認。いい感じにエッジ部分にも映像がクッキリと残っているのがわかります。

スマホの裏面をチェック。今回は裏面に指紋認証ボタンがついていますので、指紋認証する際は右手か左手の人差し指で登録するのがいいかもしれません。しかし、Galaxy S8+ではその他にも顔認証や虹彩認証などもありますので、そちらをメインに使っても良いかも。私は顔認証が非常に気に入ってます。かなり精度が高いです。

最後にiPhone7とのサイズ比較。やっぱりGalaxy S8は縦に長い感じがしますね。横幅に関してはiPhone7よりほんの少し大きかったです。横から重ねてみても、だいぶ縦の長さが異なることがわかります。

Galaxy S8+の外観レビューについては以上となります。

Galaxy S8+は全面ガラスなだけあって見た目も非常に良く、高級感があります。ちょっと縦長すぎるかなと感じましたが、スマホを片手で操作する場合、これ以上横幅が大きいと操作がしにくいので、縦に長くしたのは良い戦略だったかもしれません。

外観については文句なしです。非常に満足度が高いスマホになりました。

Galaxy S8+のカメラ性能

Galaxy S8+のカメラ性能を簡単に見ていきたいと思います。Galaxy S8およびS8+のカメラには撮影時にかけるエフェクトた多数用意されており、雰囲気や場面に合わせた写真を撮影することが可能です。

その他にも写真や動画モードが用意されており、食事に最適なモードやパノラマ写真、細かい調整ができるプロモードなど様々なカメラ機能が備わっております。

実際にiPhone7とGalaxy S8+で写真を撮影してみました。モードは何もかけておらず、どちらもデフォルト状態での写真となります。

クッキリと鮮やかに写真撮影ができているのがGalaxy S8+のほうです。ちょっと明るすぎる気もしますがなんとなく見栄えは良いです。

その他、手持ちのスマホでの写真と比べてみましたが、やはりGalaxy S8+はカメラが非常にキレイ。今のところ文句のつけようがない感じに。ちなみにGalaxy S8+では4K動画撮影も可能になっています。

Galaxy S8のカメラ性能をiPhone7と徹底比較した記事が下記となりますので、ぜひチェックを!

参考Galaxy S8/S8+とiPhone7のカメラ性能を徹底比較!カメラ起動方法も併せて紹介

Galaxy S8/S8+ SIMフリー版の技適マークについて

技適マークを探してみましたが、Galaxy S8/S8+のSIMフリー版は日本では技適を通していない可能性が高いです。

ですので、Galaxy S8/S8+のSIMフリー版(グローバル版)を日本で長期間使うのは本来なら違法となりますので注意してください。とは言っても中華端末なども含め、技適の通っていないスマホを使っている人はゴロゴロいたりするわけですが…。

SIMフリー版を購入して使う場合は注意しましょう。

Galaxy S8/S8+のSIMフリー版購入方法

Amazonでもグローバル版のGalaxy S8/S8+は販売されています。結構売れているみたいなので、残りの在庫に注意しましょう。

最後に

以上が、Galaxy S8+ SIMフリー版の実機レビューでした。

SIMフリー版も技適に通してくれたらいいのになと思いますが仕方がありません。冒頭でも書きましたように、個人的にはドコモやauで購入して、SIMロックを解除するのが無難かと思います。

※ 当記事は技適を受けていないスマホの利用を推奨している記事ではありませんのでご理解お願いします。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪