Facebook

Facebookの動画を保存する2つの手順【2019年最新版】

投稿日:

Facebook(フェイスブック)上に投稿された動画を保存する方法は主に2つ存在します。

  1. Facebookの機能を使って動画を保存(ブックマーク)する
  2. 外部ツール/アプリを使ってローカルに保存する

本記事では、Facebookの動画を保存する2つの方法を徹底解説。ご参考になりましたら幸いです。

Facebookの機能を使って動画保存が可能

Facebookには予め動画を保存する機能が備わっています。

しかしユーザーのイメージとは少し異なり、この動画保存方法はFacebook上にブックマークすることを意味し、ローカル上にダウンロードすることができません。Facebook上だけで繰り返し動画を見たい人であれば問題ありませんが、ローカルに保存して何かしらの加工などを行いたい場合には使えない手法となります。

動画保存(ブックマーク)手順

ここではパソコンを例に紹介していますが、スマホ(iPhone/Android)でも手順は全く同じです。

1. タイムライン上に流れてきた動画つきの投稿右上の「・・・」をクリック。

2. 「動画を保存」をクリック。

Facebook上に保存した動画を見る方法

パソコンから見る

左メニューから「保存済み」を開くと、今まで保存した動画を見ることができます。なお、「保存済み」の項目が隠れていることもあるので、その時は「もっと見る」を開いてください。

スマホアプリから見る

フッター右下のメニューを開き、「保存済み」をタップすると今まで保存した動画を見ることができます。

外部ソフト/アプリを使って動画を保存する方法

もしも、Facebook上ではなくローカルに動画を保存したい場合は、サードパーティ製アプリやウェブサービスを使ってダウンロードすることをおすすめします。

ここでは、パソコン、iPhone(iOS)、Androidの3つに分けてそれぞれのおすすめサービスをご紹介します。

パソコンでの保存は「Facebook Video Downloader」がおすすめ

Facebook Video Downloaderは、Facebook上に投稿された動画をmp4形式でダウンロードできるツールです。使い方もシンプルで、Facebookの動画URLをコピーし、それを貼り付けてダウンロードボタンを押すだけで保存ができます。

保存される画質は、HD画質、標準の2つ。音声だけを抜き出すMP3変換も用意されています。また、ダウンロードページにあるQRコードを読み込むことで、スマホやタブレットのカメラロールに直接保存することもできます。

Google Chromeの拡張機能もウェブストアに用意されているので、頻繁に動画を保存する人はプラグインをインストールしてもいいかもしれません。

iPhoneでの保存は「Clipbox+」がおすすめ

Clipbox+」は、本来ウェブブラウザとしてApp Storeに登録されていますが、ページ内の動画を保存する機能もこっそり備わっています。一度Clipbox+内に動画が保存されますが、アプリからカメラロールに動画を移動させることも可能です。

また、Dropboxとの連携機能も存在するので、Clipbox+経由ではなく直接保存したい方はDropboxのアカウントも作成しておくといいかもしれません。Facebookだけでなく、YouTubeにも対応しています。

Androidでの保存は「Video Downloader for Facebook」がおすすめ

Video Downloader for Facebook」はFacebook上の動画をダウンロードできるAndroidアプリです。Clipbox+同様に、ブラウザの代わりとして扱われ、このアプリ上からFacebookにアクセスすることでタイムラインなどの動画を保存できます。

Androidであれば、最もシンプルで使いやすいアプリだと思います。

Facebookのダウンロードは相手にバレない

「動画を保存したら相手にバレるかも?」

このような不安が一瞬頭をよぎるかもしれませんがご安心ください。例え動画を保存したとしても、相手に通知も届かずバレることは決してありません。

これは、Facebook上での動画保存、ローカルへのダウンロード共に同じです。

非公開グループ動画の保存方法

ここまでは、全体公開されている動画のダウンロード方法について紹介してきました。もしかすると、公開されている動画ではなく、非公開グループに投稿されている動画を保存したい方もいるかもしれません。

プライベート動画に関しては、外部サービスの「Facebookのプライベートビデオダウンローダ」を使うことで保存することができます。詳しい手順は、リンク先のページを見てください。なお、基本的にPCからのみとなっています。

スポンサーリンク

-Facebook
-

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.