iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

ドコモ

dTVチャンネルのメリット・デメリット・特徴を徹底解説

投稿日:

2018年1月30日からドコモの新サービス「dTVチャンネル」が開始されます。

dTVチャンネルは30以上の専門チャンネルが月額一定料金で見放題となるサービスで、ドコモユーザーであれば安く契約することが可能です。

そこで本記事では、dTVチャンネルのメリット/デメリット/特徴など解説していきます。

スポンサーリンク

dTVチャンネルとは

dTVチャンネルとは、株式会社ドコモが2018年1月30日から提供し始めた新サービスで、ドラマやアニメ、映画などの専門チャンネルが見放題となるサービスです。ドコモユーザーならば月額780円まで割引され利用可能です。

専門の機器は特に必要なくスマートフォンやタブレットを持っているならば、専用のアプリを通して視聴することが可能です。視聴できるチャンネルの例として、「dアニマックス」や「TBSオンデマンドチャンネル」、その他ジャンルとして「海外ドラマ・映画」「アニメ・キッズ」「エンターテイメント」「韓流」「音楽」「趣味」「ドキュメンタリー」「ニュース」など様々なチャンネルを視聴可能です。

一部番組は見逃し視聴にも対応しています。

dTVチャンネルのサービス概要

dTVチャンネルのサービス概要を説明します。

【1】月額料金

dTVチャンネル利用料金は、ドコモユーザーとそれ以外のユーザーで異なります。また、セット割引等も用意されています。

月額料金ドコモ回線利用中の方ドコモ回線以外の方
dTVチャンネルのみ780円1,280円
dTVお得パック980円1,480円
dTVお得パック+DAZN for docomo1,760円3,030円

dTVお得パックの詳細ですが、「dTVチャンネル」と「dTV」のセットになったパックとなります。dTV自体の月額料金が500円となっているので、dTVチャンネルと組み合わせた場合通常ならば1,280円ですが、お得パックならば200円安い月額利用料で使用することが可能です。

さらに、お得パックに「DAZN for docomo」をセットで使っている場合、本来の月額料金は2,260円となりますが、約500円安い料金で使用できるようになります。

dTVやDAZN for docomoには31日間の無料期間が存在します。その間は割引が適用されないので注意してください。

【2】対応機器

dTVチャンネルに対応した機器は下記のとおりです。

  • Android 4.4以上のスマートフォン/タブレット
  • iOS9.0以上のiPhone/iPad
  • ドコモテレビターミナル
  • Google Chromecast

テレビの大画面で視聴するならば、当サービスの開始と同時に発売された「ドコモテレビターミナル」か「Google Chromecast」のどちらかを利用するしかありません。スマホやタブレットからミラーリングするという方法もありますが、それならば安価なGoogle Chromecastを購入したほうが良いでしょう。

現状Amazon Fire TVに対応していないのは残念ですが、dTVアプリがFire TV(Stick)に対応しているのでいずれは対応機器に含まれるのではないかと思っています。

【3】サービスの特長

dTVチャンネルの特徴を改めてまとめました。

  1. 映画やドラマ、ディズニー、アニメ、趣味、韓流など30種類以上の専門チャンネルをスマホやタブレット、テレビから視聴できる
  2. テレビの大画面で楽しめるように、ドコモテレビターミナルが同時に発売された
  3. 一部の専門チャンネルは見逃し視聴に対応
  4. ドコモユーザーは月額780円から利用可能

また上記以外にも、dTVとdTVチャンネルのセットとなったdTVお得パックを契約した場合、dポイントを1000ポイント進呈する期間限定のキャンペーンを開催しています。

dTVチャンネル/メリット・デメリット

メリット

dTVチャンネルのメリットは、色々な番組を見られると言う点もありますが、最大の特徴はセットで契約すると月額料金がかなり割引される点です。

特にDAZN for docomoとdTVをセットで利用している人は非常にお得なプランです。現在それらを1,280円で利用しているドコモユーザーならば500円プラスするだけでdTVチャンネルを利用することができてしまいます。

ドコモユーザーならば徹底的にお得になっているサービス。ドコモ回線を使っている人にとってはメリットが大きいでしょう。

デメリット

dTVチャンネルはリアルタイムでの放送なので、時間が合わなければ見たいチャンネルを見逃してしまいます。一部のチャンネルは見逃し視聴に対応していますが、全部ではありません。その点がデメリットとなってくるでしょう。

また、ドコモユーザー以外がdTVチャンネルに加入する大きなメリットはありません。月額料金も割高なので、それでしたらAbemaTVなどを使ったほうが良いとも言えます。

スポンサーリンク

dTVとdTVチャンネルの違い

dTVとdTVチャンネルの違いは、リアルタイムでの放送かどうかになります。

dTVはすでに世の中に出回っている映画やアニメを視聴できるサービスとなっているため、基本的に何時どこで視聴したとしても内容は変わりありません。

しかし、dTVチャンネルはあくまでも「放送」という体系なので、時間によって放送している内容が変わります。言ってしまえばテレビのような感覚です。

この2つがセットとなった料金プランもあり、ドコモユーザーならば月額980円で利用可能です。一度2つを使ってみて違いを体感してみるのも良いでしょう。

視聴できるチャンネル

現在視聴できるチャンネルは次のとおりです。

ジャンルチャンネル名
 海外ドラマ・映画ソニー・チャンネル
映画ザンマイ!
アニメ・キッズディズニージュニア ライト
dアニマックス
Boomerang
ニコロデオン
プリプリ☆キッズステーション
エンターテインメントプチフジ
TBSオンデマンドチャンネル
エンタメ~テレ☆
バラエティ SELECT
MEN'S NECO
ファミ劇Neo
ひかりTVチャンネル+
Kawaiian for ひかりTV
音楽iBEYA
MTV MIX
& MUSIC
韓流KBS World
あじどらはん
~韓流・華流・エンタメTV~
Kchan!韓流TV
趣味囲碁プラス
将棋プラス
ダンスチャンネル by エンタメ~テレ
MONDO麻雀TV
タビテレ
釣りビジョンPlus
ドキュメンタリーナショナル ジオグラフィック
ヒストリー
Discovery TURBO
ニュースTBSニュースバードEverywhere
euronews

執筆時点では上記専門チャンネルが対象となっていますが、サービスが開始され時間が経つに連れ番組も増えていく可能性があります。

dTVチャンネル徹底解説/まとめ

以上、dTVチャンネルについての解説でした。

正直なところどの層に需要があるサービスなのか不明ですが、ドコモユーザー限定のセット割引は非常に安くなっているため試しに使うのも悪くはないかなと感じました。

スポンサーリンク

-ドコモ
-dTVチャンネル, デメリット, メリット

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.