ドコモにSIMフリー端末を持ち込み機種変更・新規契約する方法

ドコモではSIMフリー端末を持ち込みして、ドコモの回線を新規契約・機種変更することが可能になっています。

SIMロック解除の緩和もされてきて、今の時代にキャリア縛りのある端末を使う人も少なくなってきた傾向もあるため、色々なスマホを自由に使いたいと言う方にSIMフリー端末の持ち込みは人気があります。

私も実際にドコモにSIMフリー端末を持ち込んで新規契約した一人です。そこでこのページでは、ドコモにSIMフリー端末を持ち込みして新規契約や機種変更する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ドコモにSIMフリー端末を持ち込みする時に必要なもの

それでは早速ドコモにSIMフリー端末を持ち込みして契約したり、機種変更する方法を紹介していきます。その時に必要なものをそれぞれ紹介しますので参考にしてみてください。

1.ドコモ回線を新規契約(MNP)する人

新しく他社からドコモ回線へMNPする人や、ドコモを新規契約する場合に必要となってくるものは次のとおりです。

  • SIMロック解除済端末 or SIMフリー端末
  • MNP予約番号(乗り換え時のみ)

新規契約する場合はSIMフリー端末の持ち込みだけで良いです。乗り換え時は必ずMNP予約番号が必要となってきますので、ドコモショップに来訪する前に必ずソフトバンクやauなどからMNP予約番号を取得しておきましょう。

MNP予約番号の取得方法は下記記事にて紹介していますのでご参考までに。

MNP予約番号の取得方法!有効期限切れに注意を【ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイル】

2016.11.06

2.既にドコモ回線加入済みで機種変更をしたい人

既にドコモと契約している人が持ち込むものは、「SIMロック解除済み端末 or SIMフリー端末」だけで大丈夫です。

一つ注意してもらいたいのは、もし持ち込みした端末が現在の端末に使っているSIMカードとサイズが違う場合、再度SIMカードを発行しなければならないため、SIMカード発行手数料が発生します。

と言ってもSIMカード発行手数料は2,000円ですのでそこまで大きな買い物ではありません。

ドコモで持ち込み機種に変える手順

必要なものを羅列しましたので、後はドコモショップにSIMフリー端末を持ち込んで機種を変更するだけです。

ドコモショップにSIMフリー端末を持ち込み、受付のタッチパネルか店員の人に、機種の持ち込みで機種変更or新規契約orMNPをしたいと伝えましょう。ドコモショップは結構混んでいることがあるので、座ってアンケート用紙を書きつつお茶でも飲んで待っていてください。

あとはドコモショップの店員さんに「SIMカードのサイズ」「機種」などを聞かれるので予めメモなどしてから持ち込みしてください。あまり持ち込みをして機種変更などをする人はいないので、少し手続きに時間はかかるかと思いますがそこは我慢しましょう。

そして、持ち込みの際に1点だけ絶対に気をつけておきたいのは「技適マークのついたSIMフリー端末を持ち込むこと」です。いわゆる技適マークというものがついていないスマホは一般的には電波法違反となります。しかし、それを隠してSIMフリー端末を使っているのも当然ながらいますが、もしドコモショップに持ち込む場合は、隠していたことがバレてしまう可能性もあります。

なので、もしドコモに持ち込みをして機種変更する場合は、技適マークに対応してあるSIMフリー端末やSIMロック解除端末を持ち込むようにしましょう。

持ち込みしなくてもSIMフリー端末なら自分で機種変更可能

技適マークのないSIMフリー端末をドコモショップなどに持ち込みするのは危険とお話しました。しかしながら、ドコモと契約しつつ色んなSIMフリー端末を使いたい人も多いはず。

その方は、持ち込みをせずに自分でSIMカードを差し替えて機種変更しましょう。実はSIMフリー端末もドコモ回線に対応しているものさえあれば、持ち込みをしなくても自分で回線を使えるように設定することが可能です。

自分の場合はドコモで新規契約した際に、適当なスマホを購入しました。そしてSIMフリー端末を使いたいのでSIMカードは差さなくて大丈夫ですと答えて、SIMカードを現物そのままでもらいました。

あとはこれをSIMフリー端末のSIMスロットに入れて差し込むだけで終わりです。

SIMフリー端末を使う場合はAPN設定をおこなうのが普通なのですが、今回私が使っているGalaxy S8+のSIMフリー端末に関してはドコモのSIMカードを差し込んだだけで回線が自動的に使えるようになりました。

機種によってはAPN設定をしなければいけないので注意して下さい。大抵の端末はSIMカードを差し込むだけで使えるようになると思います。

こんな感じで、SIMフリー端末を使う場合は自分でSIMカードを差し替えて使うことも出来るので、ドコモショップに行くのが面倒だったり、海外のスマホを使っている人は自分でやってみるのもいいでしょう。

ただし、SIMフリー端末をドコモSIMで使う場合や持ち込みする際の注意点がありますのでチェックしてみてください。

ドコモに持ち込みする前に確認しておきたい注意事項

1.SIMロック解除端末でも使えない端末がある

まず、持ち込みをする人の多くは、auやソフトバンクの端末をドコモでも使いたいというニーズがほとんどだと思います。

ですが、この2つでSIMロック解除した端末がドコモでも正常に使うことができるのかと言われると「NO」です。いわゆる対応周波数帯がキャリアごとに端末が最適化されているため、他のキャリアで使おうとすると電波が弱かったり、繋がらなかったりします。

実際にSIMロックを解除してみないとわからないことが多かったり、テザリング機能が使えなかったりと、SIMロック解除端末の持ち込みは少し機能に制限がかかってしまうことを頭に入れておきましょう。

ただしこれはAndroidのお話で、iPhoneに関しては3キャリア間で違いはないため、SIMロックさえ解除してしまえば問題なく利用することが可能です。

2.SIMフリー端末は対応バンドに注意

SIMフリー端末を使う場合はドコモの対応バンドに注意してください。ドコモなどの対応バンドについては下記表の通りとなります。

周波数帯(バンド)DocomoauUQソフトバンクワイモバイル
2100MHz(Band1)W-CDMA
LTE
CDMA2000
LTE
W-CDMA
LTE
1800MHz(Band3)LTELTE
800MHz(Band6)W-CDMA
900MHz(Band8)W-CDMA
LTE(プラチナ)
W-CDMA
LTE
1700MHz(Band9)W-CDMA
1500MHz(Band11)LTEW-CDMA
800MHz(Band18)CDMA2000
LTE(プラチナ)
800MHz(Band19)W-CDMA
LTE(プラチナ)
1500MHz(Band21)LTE
800MHz(Band26)LTE
700MHz(Band28)LTELTE
2.5GHz(Band41)TD-LTELTE
3.5GHz(Band42)LTELTELTE

ドコモの対応バンドで注目してもらいたいのが800MHz(Band19)です。もしこれに対応していないSIMフリー端末の場合は、通信エリアが極端に狭くなってしまいますので注意してください。

田舎や山間部ではBand19とBand6が使われているため、これらに対応していないと日本全国で使えないということになります。SIMフリー端末を使う場合は、この点だけ必ずチェックしてください。

最後に

以上が、ドコモにSIMフリー端末を持ち込み機種変更や新規契約を行う方法についての紹介でした。

もしSIMフリー端末をつかうのでしたらドコモショップに持ち込みをするのではなく、自分でSIMカードを差し替えて使ってもいいでしょう。特にdocomo withを使っている人に関しては、毎月1500円割引されながらドコモ回線を使えるので非常に利点が大きいです。

docomo withとSIMフリー端末を使い月額料金を大幅に抑える方法

2017.08.22
  2017年ドコモ学割情報まとめ!条件はU25歳以下で家族割適用はなさそうです
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。