iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

ドコモ

データ移行はどうする?ドコモオンラインショップで機種変更した時のデータバックアップについて

投稿日:

ドコモ(docomo)の公式オンライショップ、ドコモオンラインショップでは頭金や事務手数料なしで新しいスマートフォン・タブレットに機種変更できます。しかし、機種変更の際に必要なデータ移行は自分でやらなければならないデメリットがあります。

そこで本記事では、ドコモオンラインショップでの機種変更時に、古いスマホから新しいスマホにデータを移行する方法を解説していきます。

スポンサーリンク

注意!データ移行は自分でやらなければならない

繰り返しになりますが、ドコモオンラインショップで新しいスマホ・タブレットを購入した場合、機種変更する際のデータ移行は自分で行う事になります。

受け取り方法をドコモショップに指定すれば店員と一緒に開通作業を行えますが、ドコモショップが混雑している場合は時間がかかってしまいます。

そのため、多くの人が宅配便やコンビニ受け取りを選択して、自分でデータ移行を行っています。ただし、失敗した場合は自己責任となるため、データ移行をする前に必ず「バックアップ作業」をやることを推奨します。

データ移行前にバックアップを必ず取ること

データ移行を実行する前にスマホ内のデータをバックアップしておくのは重要です。

クラウド、micro SDなどの外部ストレージ、パソコンなどにデータを移動させておけば失敗したとしてもやり直す事が出来ます。今回のように機種変更をする為だけでなく、常日頃からバックアップをする癖を身に着けておけば、いざという時にすぐに対応できます。

バックアップの方法として、端末に最初から組み込まれているアプリや、Googleストアから専用のバックアップアプリをダウンロードする事も出来ます。

今回はその中でも簡単にバックアップできるアプリ、「JSバックアップ」をご紹介します。「JSバックアップ」とは、クラウドやSDカードにデータを自動でバックアップしてくれるアプリです。

アプリをインストールして開くと、何個か項目が並んでいるので、一番上の「バックアップ&復元」をタップします。バックアップ先を選択したら、あとは「バックアップスタート」をタップするだけです。

スマホのバックアップが完了したら、次はいよいよデータ移行作業になります。

データ移行でコピーできるデータは何?

一口にデータを移行すると言っても、スマホの中にあるデータは様々です。また、その方法によっては移行できるデータと移行できないデータがあります。スマホ内部にあるデータを全て移行させるとしたら、複数の方法を行う必要があります。

スマホ内にあるデータを大まかに分けると、

  • 電話帳
  • メッセージ
  • スケジュール/メモ
  • 画像/動画
  • 音楽
  • メール
  • 電子マネー
  • ブックマーク
  • 自分でインストールしたアプリ
  • その他

となります。

この中の「電話帳」・「メッセージ」・「スケジュール/メモ」・「画像/動画」・「音楽」はドコモ端末に搭載されているドコモデータコピーアプリを使えば簡単に移行できます。

しかし、それ以外のデータは別の方法を必要とします。

スポンサーリンク

「ドコモデータコピーアプリ」を使うとデータ移行がスムーズに

「ドコモデータコピーアプリ」は、新しいスマホと同時に操作する事で簡単にデータ移行が出来るアプリです。

大容量のデータを移動させる事になっても通信量を気にせずに行えるという特徴があります。また、データ以降だけでなくバックアップと復元の機能もあるため、大事なデータを何時でも保存できます。

ただし、「ドコモデータコピーアプリ」で移行できるデータは、「電話帳」・「メッセージ」・「スケジュール/メモ」・「画像/動画」・「音楽」のみとなっています。

また、コピー元とコピー先の端末に最新の「ドコモデータコピーアプリ」がインストールされていないと駄目です。Android端末なら4.4以上、iOS端末なら9.1以上でご利用できます。

「ドコモデータコピーアプリ」の使い方

コピー元とコピー先のスマホを起動させて、「ドコモデータコピーアプリ」を起動します。

この時、アプリが最新のバージョンでないとデータ移行は出来ません。新しいスマホ・タブレットがインターネットに接続できているか確認しましょう。

古いスマホ、新しいスマホの両方でアプリを起動したら、データ移行をタップします。画面の指示に従い、どちらがコピー元で、どちらがコピー先なのか選択します。

コピー先のスマホにQRコードが表示されるので、コピー元のスマホで読み込みます。あとは移行したいデータの選択をするだけで、データ移行が実行されます。

「ドコモデータコピーアプリ」だと、面倒なバックアップや時間を必要とせずにデータ移行が完了するのです。ですが、これだけだと全部のデータを移行したとは言えません。

次に、「Googleサービス」のデータ移行を行いましょう。

Googleサービスのデータ移行で出来る事

Android端末では、既定ブラウザにchromeやメールソフトとしてGmailなどを使用しています。

これらのデータはGoogleアカウントと紐づけされており、定期的に同期しています。新しいスマホ・タブレットを購入した時に、同じGoogleアカウントを使用していれば、Googleサービスで利用しているコンテンツはそのままデータ移動ができます。

同期しているコンテンツの確認方法

Android端末のバージョンによってやり方が違うかもしれないのでご注意下さい。

今回はXperia XZ Premium SO-4J/Android 8.0の環境で実施しています。

まず、設定を開き「ユーザーとアカウント」をタップします。ユーザー名と、それに紐づけされているアカウントが一覧となっています。その中の、Googleの項目をタップします。

アカウントの同期をタップすると、どの項目のデータを同期して何時同期したのか一目で分かるようになっています。もしすぐに同期をしたいのなら、右上のメニューボタンをタップして「今すぐ同期」を行いましょう。

同期が完了したら、コピー先のスマホで、同じアカウントでログインして同期をすればデータ移行が完了します。

この2つの方法で「電話帳」・「メッセージ」・「スケジュール/メモ」・「画像/動画」・「音楽」・「メール」・「ブックマーク」まではデータ移行できました。

残ったデータを移行するには、専用のアプリを使う必要があります。

データ移行もできる「JSバックアップ」

今回紹介した「JSバックアップ」はバックアップだけでなくデータ移行も可能です。特にAndroid端末だとインストールしたアプリやショートメッセージなどをそのまま移行できるため便利です。

ただし、「ドコモデータコピーアプリ」と違い、データを一度クラウドに預けるため大容量のデータ移行だと時間がかかり、写真や動画などを圧縮してしまいます。

アプリを始めからインストールし直すのが面倒だと思う方が、アプリのデータ移行のためだけに利用するのがオススメです。

データ移行時の注意点

ここまで3つのデータ移行の方法を紹介しましたが、共通の注意点があります。

データコピー中の操作に注意する

まずデータを移行している際は電源を切ったり、別の画面に切り替えたり、ネットワークの回線を切断されないように注意しましょう。

データ移行が中断すると、不完全なゴミデータがコピー先に残ってしまい容量を圧迫します。コピー先の容量が足りない場合は、データの整理をしてからやり直しましょう。

アプリやサービス毎の移行手続きも必要

他にはトルカやツイッター、LINEなどのアプリでは専用のデータ移行手続きがあります。

特に、電子マネー関係のアプリはそれぞれのアプリ事でやり方が違うため注意が必要です。

データ移動によるのデータの劣化に注意

データをコピーした事で、データ自体が劣化、あるいは正しく認識できない場合があります。データ移行が終わったからといって、元のスマホを完全に消去したり、バックアップファイルを消去せずにきちんと行えたか確認をしましょう。

ドコモオンラインショップで機種変更後のデータ移行まとめ

以上、ドコモオンラインショップで機種変更した際の必須作業、古いスマホから新しいスマホへのデータ移行方法の紹介でした。

新しいスマホ・タブレットを購入すると、早く使いたいという気持ちになります。ですが、データ移行に失敗するとこれまで大事にしてきたデータなどが無くなってしまう恐れがあります。

そのような事態にならないよう、今回紹介した情報を基に安全/確実にデータを移動させましょう。

ドコモオンラインショップへ

スポンサーリンク

-ドコモ
-データ移行, ドコモ, ドコモオンラインショップ

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.