ドコモ

ドコモのMNP予約番号の取得手順/有効期限の確認方法を徹底解説

投稿日:

長年ドコモを使ってきたが、最近は格安スマホなども浸透してきており、どうせなら月額料金が安いMVNOやMNOに乗り換えをしようと考えたことはないでしょうか。

そして、電話番号そのままで他社への転出(MNP)をしようとした時必要になってくるのが「MNP予約番号」です。

そこで本記事では、ドコモのMNP予約番号の取得手順や有効期限の確認方法などを徹底解説しています。ドコモでの予約番号取得は初めてという方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

ドコモのMNP予約番号取得方法は3つ

ドコモでは、MNP予約番号の取得方法が3つ用意されており、下記の方法で入手することが出来ます。

  1. ドコモショップで直接番号を取得する
  2. ドコモインフォメーションセンターに電話する
  3. My docomoを使ってWEB上から取得する

ドコモショップで直接番号を取得するのは面倒

ドコモショップで直接番号を取得するのも簡単ではありますが、誰しもがすぐにドコモショップに行けるわけではありません。また、ドコモショップは休日に混み合う事が多いので、待ち時間も計算に入れてお出かけしなければならないデメリットがあります。

ドコモショップの店員さんに手続きをしてもらえるので確実にMNP予約番号を取得できますが、正直面倒、時間がもったいないという人も多いと思います。

電話は繋がりにくく、受付時間も決まっている

次の候補として、ドコモインフォメーションセンターに電話をしてMNP予約番号を取得する方法です。電話をして番号を発行して貰う場合、次の番号に電話を掛けることになります。

  • ドコモの携帯電話からの場合:151
  • その他電話からの場合:0120-800-000(携帯/PHS可)

一見電話もすぐに終わりそうなイメージを持たれるかもしれませんが、ドコモのインフォメーションセンターは非常に込み合っており、電話が中々つながらずストレスを溜めてしまいます。

しかも、5分かけ放題などを使っていたとしても、中々繋がらないためその分の電話料金が加算されてしまうというデメリットもあります。

更に言うと、受付時間が「9:00 ~ 20:00」と決まっています。この時間帯に電話を掛けられない人にとってはアウトですね。

WEB上からの番号取得が最も手軽で簡単!

以上の理由から、3つの取得方法がありましたが、最もおすすめなのは、My docomoからMNP予約番号を取得する方法です。

WEB上からの番号発行ならば24時間受け付けており、5分程度あれば転出手続きが終わってしまいます。

それでは実際に次章から、WEB上でドコモのMNP予約番号を取得する手順について解説していきます。

WEB上からMNP予約番号を取得する手順

今回は例としてパソコンからの手順を紹介していますが、iPhoneやAndroidスマホでも同様の操作でMNP予約番号を取得することができます。画面は若干異なるかもしれませんが、手順は同じなのでスマホユーザーの方も安心して番号を取得可能です。

なお、My docomo経由でMNP予約番号を取得する際はdアカウントが必要となるので注意して下さい。

1.My docomoを開き、ドコモオンライン手続きへ

まずは「My docomo」を開きます。My docomoは下記リンクから飛ぶことが出来ます。

外部My docomo

My docomoを開くと下記のような画面が表示されますので、まずはログインを行います。

ログイン後、画面下にスクロールをしていき、「その他のお手続きはこちらから」というボタンをクリックします。

すると、「ドコモオンライン手続き」の画面に移動します。この画面の下の方にMNP転出に関する項目があるので、「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をクリックしてください。

2.MNP転出の注意事項を読み進める

次からようやくMNP予約番号の取得画面となります。

長々とMNP転出をするとこんなに損をするよ、と書かれていますがそれを無視して一番下までスクロールして下さい。すると「解約お手続き」というボタンがあるのでクリックします。

1つ目の注意事項の画面に移ります。dポイントに関する注意事項を確認したら、「上記注意事項を確認しました。」にチェックを入れて「次へ」をクリックして下さい。

2つ目の注意事項の画面に移ります。機種分割支払い金・途中解約金に関する注意事項を確認したら、「上記注意事項を確認しました。」にチェックを入れて「次へ」をクリックして下さい。

最後の注意事項の画面に移ります。MNP予約番号に関する注意事項を確認したら、「上記注意事項を確認しました。」にチェックを入れて「次へ」をクリックして下さい。

お手続き内容の選択画面に移るので、「携帯電話番号ポータビリティを予約する」にチェックを必ず入れて下さい。そして受付確認メールの送信は、自分が認知しやすいものにチェックを入れて「次へ」をクリックします。

次に手続内容の確認ページへ移動します。転出に関する内容について問題がなかったら、画面一番下の「手続きを完了する」をクリックして下さい。

これでMNP転出手続きは完了となります。完了画面にはMNP予約番号が表示されているので、必ずメモを取っておいて下さい。

以上で、MNP予約番号の取得手順の紹介は完了となります。次からは、MNP取得番号の確認方法や有効期限、注意点などをまとめています。

MNP予約番号を確認する方法

取得したMNP予約番号を忘れてしまった、書いた紙を失くしてしまった場合でも安心してください。再発行する必要はなく、My docomoからMNP予約番号を確認することが出来ます。

My docomoへログインし、「その他のお手続きはこちらから」をクリックして、ドコモオンライン手続きページに移動します。

移動後下煮スクロールしていくと、その他という項目があります。この中の「お申込履歴の確認」をクリックして下さい。

MNP予約番号などの申込み履歴が表示されますので、該当してそうな項目を見つけたら「詳細」をクリックします。

すると、お申込履歴の詳細が確認でき、MNP予約番号も詳細の中に表示されています。再びメモを取るなりして保管しておきましょう。

スポンサーリンク

MNP予約番号の有効期限について

MNP予約番号の有効期限は、先程紹介したお申込履歴詳細から確認することができます。操作手順も同様です。

なお、MNP予約番号の有効期限は予約日を含めた15日間となっています。15日間がすぎると有効期限切れとなり、MNP予約番号を再発行しないと使うことができないので注意して下さい。

転出する際の注意点まとめ

【1】dポイントクラブを継続しないとポイント破棄

MNP転出が完了する前に、dアカウントを取得してdポイントクラブ会員を継続しない場合、今まで貯めたポイントがすべて無効になってしまうので注意して下さい。

これは期間限定ポイント、それ以外のポイント全てで共通となります。

【2】解約金や転出事務手数料について

2年契約途中でのMNP転出を行う場合、途中解約金が「10,260円(税込)」発生します。

さらに機種代金を分割して契約している場合、その残金は一括で支払わなければならなくなるので注意が必要となります。

また、2年契約問わず、MNP転出事務手数料として「2,160円(税込)」でドコモに支払わなければなりません。そして他会社へMNP転入するときに、新規契約事務手数料が「3,240円(税込)」発生する事は念頭に置いておきましょう。

もし機種代金なし、2年途中でのMNP転出の場合、次のような料金がMNP転入時にかかります。

  • 機種分割お支払い金額の残金:0円(税込)
  • 途中解約金:10,260円(税込)
  • MNP転出事務手数料:2,160円(税込)
  • 新規契約事務手数料:3,240円(税込)

上3つがドコモに支払う金額、新規契約事務手数料のみMNP転入先への支払いとなります。合計すると、「15,660円(税込)」の手数料がかかってしまいますので注意して下さい。

【3】MNP転出手続き = 解約完了ではない

ドコモでMNP予約番号を取得したからといって、契約が解除されるわけではありません。そのまま有効期限が切れると番号が無効になるだけで、ドコモの契約は続いた状態になります。

ドコモとの契約が切れるのは、他社へのMNP転入が完了した段階となります。

最後に

以上、ドコモのMNP予約番号の取得手順の紹介でした。

  • MNP予約番号の取得はWEB上から行うのが最もお手軽
  • 予約番号と有効期限ははMy docomoから確認可能
  • 「MNP転出手続き = 解約完了」ではない
  • 途中解約金は結構高いので注意

今回の記事をまとめると以上のようになります。3つの手続き方法がありましたが、筆者がおすすめするのは「WEB上での取得」になります。時間のないサラリーマンでもこの方法なら手軽に予約番号を取得できるので、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

-ドコモ
-docomo, mnp, 予約番号

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.