ドコモ

ドコモ「ギガライト」は本当におトク?料金プラン・サービス内容を徹底紹介

投稿日:

2019年4月15日、NTTドコモから新料金プランが発表されました。その中で注目を浴びている料金プランが「ギガホ」、「ギガライト」の2つ。ギガホについては条件さえマッチしていれば既存ドコモユーザーもおトクになる、と以前当メディアでも紹介しましたが、ギガライトについては正直パッと見ておトクに感じることはありません。

そこで本記事では、ドコモ新料金プラン「ギガライト」は本当におトクなのかを徹底検証。料金プランやサービス内容をしっかり把握し、料金シミュレーションをした上で今よりおトクになるかどうか判断してもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

ドコモ「ギガライト」とはどんな料金プラン?

ギガライトとは、月額料金がステップ制のパケットパックで、毎月1〜7GBまでの高速データ通信が可能なプランです。ステップ制というとイメージが湧きにくいかもしれませんが、仕組み自体はいたってシンプル。次のように使ったパケット量で月額料金が変化します。

パケット量 月額料金
0〜1GB 2,980円
1〜3GB 3,980円
3〜5GB 4,980円
5〜7GB 5,980円

上記のように、ステップ式で使ったパケット量に応じて月額料金が上がっていきます。ギガライトは上限が7GBまでとなるため、毎月大量のパケットを消費する人にとってはあまり恩恵がないプラン。しかし、毎月1〜5GB程度しか使わない人であれば、そこそこ料金を抑えられると思います。

その辺りは、料金シミュレーションを交えながらおトクかどうか紹介します。

ドコモ:ギガライトのメリット

ギガライトには、今までにない次のようなメリットがあります。

  • 通話とデータ通信が一緒になっている
  • パケットを使わない月は月額料金が安くなる
  • セット割引が複数適用できる

通話もデータ通信も一緒の料金プラン

今回発表された新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」では、通話部分とデータ通信のプラン、およびインターネット接続サービスが全て一緒になっての料金になります。そのため今までのように、カケホやカケホーダイとパケットパックの組み合わせを悩む必要がなくなり、非常にシンプルになりました。

通話に関しては、従来の「シンプルプラン」と同様で、30秒ごとに20円の通話料金が発生してしまいますが、もっと電話をしたい人に次の通話オプションも用意されています。

  • 5分通話無料オプション:700円 / 月
  • かけ放題オプション:1,700円 / 月

なお、ギガライトは家族間の通話であれば無料で使うことができるので、オプション加入せず家族以外に電話をする際はLINE通話を利用して節約してみても良いかと思います。

データ通信控えめな月は料金を抑えられる

みんなドコモ割適用時(3回線以上)の月額料金

ギガライトはステップ制のパケットパックであるため、データ通信しない月であれば2,980円から使うことができます。基本的には毎月のデータ通信量が少ない方向けの料金プランで、7GBを超えて通信をする場合は「ギガホ」を選択した方が料金を抑えることが可能です。

もし7GBを超えて通信した場合は最大速度が128kbpsまで下がってしまい、とてもではありませんがまともにインターネットを使うことができなくなります。ギガライトを選択するユーザーは、7GBを超えないこと前提で契約するのが良いと言えます。

ギガライトは、イメージ的にはほぼauの「ピタッとプラン」です。

複数のセット割引で1,980円から使える

個人的に最も大きなメリットだと感じるのが、ギガライトには複数のセット割引を適用できることです。適用できるセット割引は次の2つ。

  1. みんなドコモ割
  2. ドコモ光セット割

どちらも「ファミリー割引」対象のセット割ですが、もし家族全員(3人以上)で使いドコモ光も契約しているのでしたら、毎月1GB未満の料金が1,980円からとなります。

みんなドコモ割の詳細

「ファミリー割引」を適用しているユーザー数によって基本料金が最大で1,000円割引される特典です。

1回線 2回線 3回線以上
割引額 - −500円 -1,000円
割引適用後料金 〜7GB 5,980円 5,480円 4,980円
〜5GB 4,980円 4,480円 3,980円
〜3GB 3,980円 3,480円 2,980円
〜1GB 2,980円 2,480円 1,980円

ドコモ光セット割の詳細

ドコモ光セット割は、ファミリー割引適用グループ内にドコモ光を契約している方がいれば適用されます。その場合、毎月の基本料金から永年最大1,000円割引されます。

ドコモ光セット割 1回線 2回線 3回線以上
割引適用後料金 〜7GB -1,000円 4,980円 4,480円 3,980円
〜5GB -1,000円 3,980円 3,480円 2,980円
〜3GB −500円 3,480円 2,980円 2,480円
〜1GB 0円 2,980円 2,480円 1,980円

今の所、ドコモ光セット割とみんなドコモ割が併用できないとは公式ページの注意事項を見ても書かれていないため、併用は可能です。ただし、ドコモ光セット割は1GB未満のデータ量の場合割引がされないので、そこまで美味しくはありません。

ドコモ:ギガライトの料金をザックリシミュレーション

筆者の料金プランなら従来よりほんの少しおトクになる

今回は、筆者の現在契約している料金プランを例に、本当にギガライトは今までよりも安くなるのかをシミュレーションしてみました。毎月ほとんどデータ通信は行っていないため、次のような料金プランになっています。

基本使用料 シンプルプラン:980円
パケット定額料 Xiベーシックパック〜1GB:2,900円
その他料金 SPモード:300円
dtv:500円
ユニバーサル:2円
割引 ドコモ光セット割:-100円
docomo with:-1,500円
合計 税抜:3,082円
税込:3,328円

機種代金は0円だったので、基本的には月々サポートなどの恩恵は一切受けていません。これを同じ条件でギガライトにした場合、月額料金は次のように変化します。

税抜きで2,980円、税込3,218円となるため、従来の料金プランよりも100円ほど安くなります。ギガライトはドコモセット割が3GB以上からの適用になるため、このシミュレーションでは割引額として反映されませんでした。とは言え、docomo withよりも安いのは間違いないため契約変更を検討しています。

月々サポートの有無で料金を比較

ギガホやギガライトは、月々サポートのような端末割引サポートを受けられません。そのため、月額料金がその分高くなるのではと不安視しているユーザーも多いはずです。実際に月々サポートがある場合、従来の料金プランとギガライトのどちらがおトクになるのかをシミュレーションしてみました。

従来の料金プラン

ギガライト

ギガライト(〜3GB) 4,298円
iPhone XS(64GB) 5,373円
合計 9,671円

同じパケット量で比較した場合、機種代金も含めるとギガライトの方が従来の料金プランより約1,000円高くなってしまいます。これから言えるのは、機種変更を含む契約をした場合、間違いなく従来の料金プランよりも高くなるということです。

逆にスマホを一括0円などで入手できれば、ギガライトの方が端末料金が発生しないので、今度は従来の料金プランより約1,000円基本料金が安くなります。

やはり月々サポートの有無は大きいと言った感じでしょうか。

まとめ:ギガライトはそこまでオススメできない

ここまで、ドコモの新料金プラン「ギガライト」について紹介してきました。様々な料金シミュレーションパターンがあると思いますが、どうしても7GBまでのプランで比較した場合、月々サポートの有無で従来の料金プランの方が安くなる傾向にあります。

ただし、すでに機種代金を払い終えてこれから機種変更する気がない人であれば、端末代金がないぶんギガライトの方が安くなります。まとめると次の通りです。

ポイント

  • 機種変更前提の運用なら従来の料金プランの方が安い
  • 機種変更せず同じスマホを使い続けるユーザーはギガライトがお得

ギガライトは総務省から携帯料金を値下げしろと言われたドコモの対応策でしたが、結果的にいうと基本料金だけ見れば安くなっているのは間違いありません。ですが、機種代金の割引がなくなってしまうため、ユーザーによっては実質値上げであることも事実。

どっちが良いとは一概に言えませんが、新しいスマホ好きにとって今回のギガライトは少々不満が残るかもしれません。

スポンサーリンク

-ドコモ
-ギガライト, ドコモ

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.